死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱くI (オーバーラップ文庫)

【死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く 1】 彩峰舞人/シエラ オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W

銀の髪をなびかせ、漆黒の瞳を宿した少女は戦場を疾駆する。漆黒の剣を携え、無邪気な笑みを湛えながら数多の敵を屠る少女の名はオリビア。
幅広い知識と戦闘技術を、自らを死神と称する存在に叩き込まれた少女であった。
オリビアが15歳を迎える日、死神は忽然と姿を消す。手掛かりを求め、オリビアは王国軍の志願兵として戦火へと身を投じていくことを決意したのだった。
時は光陰歴九九八年。王国は大陸に覇を唱える帝国に対し、苦戦を余儀なくされていた。
次第に苛烈さを増す戦場で、常識知らずの無垢な少女は王国軍 “最強の駒”として、英雄の道を歩み出す――!

死神に育てられたってタイトル、てっきり「死神」というあだ名で呼ばれるほどの凄腕の人に育てられたとかそんななのかと思ったら、ガチ「死神」だったでよ。
おかげで、オリビアは一般的な人間の常識がまったくわからず、それが奇矯な振る舞いとして彼女の特徴であり魅力となっていくのだけれど……微妙に教育の問題じゃなく単にこの娘の性格の問題なんじゃないか、という気もしないでもない。
ともあれこのオリビア。他の人がどれほど武勇を誇っていても良識の範疇の強さに留まっている中で、リアル一騎当千という文字通り桁違いの力の持ち主なんですね。彼女を放り込めばまず間違いなくその一角を崩壊させることのできる戦闘ユニットとして無敵無双のキャラクターなのである。
こういうのが出てくると、雑に戦争やってしまうのが常なんだけれど、本作に感心させられるのがオリビアをあくまで一つの戦闘ユニットに過ぎない、と軍上層部がちゃんと認識しているところであります。どれほど強力な駒であっても、戦場においてはそれは一つのユニットに過ぎない。これに戦術的、作戦的、或いは戦略的な効果を発揮させるには、ちゃんとそのように効果を発揮できるような動かし方が必要だし、どこにどのタイミングでどのように投入するか、という期の見極めも必要になってくるわけだ。
ぶっちゃけ、このオリビアって鬼子すぎて通常の作戦では非常に扱いづらいし、他の軍勢との共同歩調や連携を取らすことを考えると頭痛いなんてもんじゃないんだけれど、ちゃんと王国軍の上層部の人たち、それを受け入れた上で真剣に考え、彼女を活用することに成功している。どころか、単一の戦闘ユニットとしてだけではなく、彼女を将帥として運用することに成功してるんですよね。もちろん、彼女に単体の武力のみならず将帥としての能力やセンス、知識があってこそなんだけれど、彼女に好き放題させてそれに便乗して動いているのではなく、ちゃんと最初から作戦に組み込んで動かしている、というところはすごいと思うのです。
この手の異端児って、どうしたって排斥されそうなものなんだけれど、王国自体が追い詰められてあとがなかったとは言え、オリビアをちゃんと取り込んで運用できている時点で間違いなく軍は優秀ですし柔軟性にも優れている。
それでどうしてここまで帝国軍にやられてしまっているか、という疑問については軍の方針を決める立場にある王様が、ぶっちゃけあんまりよろしくないから、なんでしょうなあ。軍としては命令された方針の範疇でしか最善を尽くせない。今回の決定打となる一戦にしても、戦略的には無意味だったり時期的に手遅れに至っていて、軍の上層部の人たちはみんなこれあかんやろう、と反対姿勢であったことからも、まあ末期的な様子がうかがえるわけです。
今回に関しては、オリビアという鬼札をこれでもか、とばかりに相手に中枢、急所に投じるために全軍を動かして、なんとかえげつない勝利を獲得しましたけれど、いやもうこれ帝国側の被害が凄まじすぎて、戦術的勝利で戦略的にも激烈なダメージ与えてるありさまになってるんですが、それでもこの勝利を活用できるかどうかは、王様はじめとした王国首脳部の舵取り次第なわけでして、それが適切に行われるかどうかは、オリビアも彼女を取りなした軍上層部の人たちもなかなか手出しは出来ない領域の話でして、うん口は出せるだろうけれど、どこまで影響力を及ぼせるか。現場は大変だねえ、としみじみ思ってしまうところでありました。
まあ、オリビアちゃんは美味しいもの食べて育ての親である死神の行方を探せれば、それで満足、難しいことは気にしてないので、全然頭なんか痛くならないでしょうけれど。
振り回されるのは、常に周りなのです。あと、中間管理職の人w

しかし、珍しいのが軍師役となる人が貴族でも参謀出身でもなく、本当に二等兵からの叩き上げ、というところですねえ。アシュトンくん、軍で教育を受けたわけでもないのだけれど、普段の生活からの知識の蓄積とその聡明さから物事の本質を掴むことで、状況の先読みと作戦の立案めいたものをこなしてしまったわけで、これは才能よなあ。
ただもちろん、これだけでは本当なら軍の参謀とか軍師とかは難しいんですよ。説明の仕方とか聞いていると、論理的かつ簡単に要点をまとめていて非常にわかりやすいんだけれど、ちゃんと参謀教育受けていないと、やっぱり組織を動かすにおいて基礎的な部分で立ち行かなくなっていく。ただ、相手が同じく本能で本質を掴むタイプ(何気に死神さんによって相応の教育受けているっぽいので、実はわりとロジカルだったりするのだけれど)なオリビアちゃんは、アシュトンくんの本来なら使い物にするのに難しくなるファジーな部分をうまいこと汲み取ってくれるし、正規の軍人としての取りまとめは、副官のクラウディアがやってくれるだろうから、何気にこのトリオ偶然にも非常に相性いいんだろう、と思う組み合わせなんですよねえ。
たまたまオリビアと同じ隊に居た、というだけでえらい立場に立たされてしまったアシュトンくん。二等兵からのまさかの出世で、何気にオリビアに負けず劣らずの立身物語の立役者になってるんですよねえ、彼。まあそれにふさわしい活躍をしてますし、なによりオリビアの扱い方がなんだかんだと上手いだけに、彼もまとえて取り立ててしまった将軍さんたち、本当に優秀だわー、と感心しっぱなしだったのでした。

ともあれ、戦記物としてオリビアの扱い方ふくめて読み応えあって面白かったです。オリビアの常識の無さに対して毎回「キィイイ!」といきり立ってる参謀の人いるけれど、オリビアに対してネガティブな感情を抱くのではなく、むしろ逆に叱って叱っているうちにそのうち情が移って親身になりそうな気配がするあたり、こういう人ほんと好きです。