【我が驍勇にふるえよ天地 8 ~アレクシス帝国興隆記~】 あわむら赤光/卵の黄身 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

アドモフ帝国、陥落! 遂にレオナートは一国を担う為政者となった。
その驚くべき報せは諸国へと轟き、パリディーダ帝国へと出征中だった"冷血皇子"キルクスの耳にも届く。
「今だ。俺の帝国を獲りにいく」

一方、レオ台頭の報せに揺れる首都クラーケンの混乱は、ありえざる客――南方帝国ガビロンの侵略軍を招き入れてしまう。
その四太子にして武の麒麟児、兵にも慕われるカトルシヴァが陽気に親征を開始する!

レオ、キルクス、カトルシヴァ、それぞれの想いを胸にした、三つ巴の戦いの行方や如何に――!?
魔法がなくても熱く燃え上がる痛快戦記ファンタジー、第8弾!!
仇敵アドモフ帝国を獲って、ひとまず次の戦い、本国クロード帝国の旧弊たる貴族たちとの決戦、国取りに向けた前哨戦か準備回かと思いきや、いや実際にほぼその通りだったんだけれど準備回というには激動すぎる巻でした。ここまで動くとはなあ。
アドモフ帝国の方はほぼそのままの形で併呑、という感じで。これほどの規模の軍組織、統治機構をほぼ損壊なく丸呑み出来た、というのは望外のことなのでしょう。普通、敵国に進行して降伏占領というプロセスをたどったなら、国土は荒廃して軍や統治機構はボロボロになってるもので、その復興にどれだけの時間と資金が必要になるか。王子とは言え、一地方領主に過ぎなかったレオナートにとって、滅びた一国そのものを丸抱えして復興させるには体力がいくら何でも足りなさすぎたでしょうし。
それを思うと、ウィラン皇帝との決戦へと至る電撃侵攻短期決戦は理想的な形で終わりましたし、非常に協力的な味方としてアドモフの大半が手に入った、というか麾下にはいったというのは凄い戦果だなあ、と。足引っ張りそうな要素は何気にウィラン皇帝が上手いこと事前に排除してくれてたわけですしねえ。
それにしても、メリジェーヌとレオナートの相性がこれほどよいとは思わなかった。ってか、レオくん、かなり満更じゃないのかこれ!? 実は熟女趣味だったのか! 亡き叔母上を敬愛し慕っていた影響が変なところで出まくっている。男嫌いでならしていたメリジェーヌも、レオナート相手だと打てば響くような噛み合う感じになってるんですよね。元々彼女の男嫌いって、生理的に男性がダメ、というよりも男尊女卑の概念に基づく男の傲慢さに対するもののようで、実直で勤勉な軍人たち相手には毛嫌いの様子は一切見せませんでしたし、政敵となった弟のウィランに対しても愛情は確かなものでしたし、ある意味堅物の塊みたいなレオナートは男らしくも変な男臭さは一切ない男なので相性いいのかもなあ。前巻のアランの企みを見た時はこれ空回りになるんじゃないか、とも思ったのですが意外とこれ行ってしまうのかしら。
いわゆる正ヒロインであるところのシェーラの反応が怖いところだったのですけれど、彼女も意外と言えば意外にも、でも考えてみれば当然なのか個人としての愛情と公人としての立場はくっきり分けているようで、むしろメリジェーヌとの婚姻に賛成にまわるとは。いや、賛成はすると思ったのですけれど、こんなサッパリ気負いも嫉妬もなくいいんじゃないですかー、的な軽い感じで受け入れるとは思わなかったんで。
ある意味強かですよねえ。この方面に関してはジュカの方がすごく不器用に乙女してるようなw
ただ、アリスティアはこの場合どうなるんだろう。ちょっとポディションというかどういう立ち位置になるのかわからなさすぎて、興味深い。

しかし、本国クロード帝国。腐敗しているとはわかっていたけれど、いくら何でもグダグダすぎやしないだろうか。ここまで酷いレベルの貴族の集まりだったとは。これ、普通にレオナートが反旗翻して戦っても、グズグズの豆腐を貫くくらいあっさりと倒せたような気がします。後が混沌として大変かもしれませんが。
現皇帝、レオの父親である傀儡帝についてはまさかこういう形の結末になってしまうとは。彼のレオナートには伝わらない本心については、色々と垣間見えるシーンがあったので驚きはなかったのですが、どういう形にしろレオナートに直接突きつける形で明らかになると思ってたので、まさかレオナートのまったくかかわらないところでこうなってしまうというのは……。
皇帝であった父の想いを、果たして息子が知ることがあるのでしょうか。国璽とも言える宝刀を託していることで伝わればいいのですが、知られることがなかったらそれはそれで悲しい。

結局、表紙にもあるように兄皇子キルクスと南方帝国との三つ巴の戦いになってきましたが、ラスボスって一体誰なんだろう。キルクス皇子は今の所勢力としてレオナートよりも小さいだけに対抗馬としてどうなんでしょうねえ。北方の遊牧騎馬民族を従えるような形になってますし、彼自身そういう気質でクロード帝国内を蹂躙してってますけれど、人材の質量ともにアドモフ取り込んだレオナートが圧倒的すぎて、むしろキルクスの方が挑戦者的な立ち位置に見えるんですよねえ。
ガビロンの方はさすがに手強そう。攻めてきた軍勢の指揮官であるカトルシヴァはレオナートやキルクスに比肩する形で歴史に残る、みたいな書き方をされているのだけれど、本国での立場を見ても彼自身の資質を見ても、先手大将であり個人的武勇の持ち主であってそれ以上ではないんですよね。
スケール的には後に控えている第三王子の方が凄そうなんだけれど。
でも、なんか島津四兄弟的な雰囲気ありますよね、ガビロンの四王子って。つおそう。
ラストの展開については、なんか妙にスポットあたってるから微妙に違和感はあったんですよね。ただ、そうと確信させるようなあからさまはなく、あくまで自然な様子を描いていたんで嫌な予感とまでは行ってなかったんで、なんかこうやられた感あります。バランスというか、埋め込み方が上手いというか。

シリーズ感想