【ラストエンブリオ 5.集結の時、暴走再開!】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

「私は久遠飛鳥。箱庭に召還された異邦人の一人です」
アトランティス大陸の謎に挑んでいた鈴華は、その道中で久遠飛鳥、アルマテイアと出会う。意気投合する3人の前に、今度は「ラミア」と名乗る吸血鬼の少女が現れて!?
一方、十六夜の前には、春日部耀、そして飛鳥達が現れ、遂に「問題児たち」が集結する。しかし、懐かしむ間もなく、クリシュナと更なる怪物が彼らを襲撃し――
「極相の星剣、原典候補者、生命の大樹……そういう事か! 貴様らが、ミリオン・クラウンというわけか!!」
十六夜が親友について語る短編も同時収録。過去と現在が交錯する第5巻!!

ああ、やっぱりこの三人が揃うとイイなあ。十六夜にとって仲間や対等な存在、同格に近い協力者というのは今となってはたくさんいるんだけれど、その中で耀と飛鳥はまたなんか違う、特別なんですよね。なんなんでしょうね、この三人の関係って。まるっとひっくるめて「家族」と囲ってみてもいいのですけれど、家族扱いなら他にもいるでしょうし。同志にして好敵手、兄弟……とはまた違うか。それぞれにまた姉妹・兄弟はいますからね。
男女の仲を越えた本当に何とも表現し難く、しかし揺るがし難い不抜の絆で結ばれた三人。この三人が揃うとやっぱり雰囲気からガラッと変わります。一人でも果てしなく強い十六夜だけれど、でも彼だけだとどこからしくなかった、とも言えるんですよね。ほんとうの意味で背中を預けられる相手が、耀と飛鳥であるのかしら。
どこか燻っていた十六夜と違って、階層支配者としてメキメキと力とリーダーとしての諸々を備え始めている耀に、コミュニティの長としてこちらも成長を遂げていた飛鳥。飛鳥の方は何をしていたんかわからんけれど、あっちこっちでまた途方もない人脈を築いていたようで。なんか帰ってきたら超抜的な武器持ってるんですけど。RPGでいうと宝箱とかイベントでしか入手できない最強武具をどこかでもらってきたみたいな。
決して身体能力が超人化しているというわけではなく、肝心の武具を扱う腕前が他所様から「ぼ、凡庸」と呆れられてしまうのですから、そこらへんは飛鳥さまらしいというかなんというか。ただ、彼女の強みはその直接的な力とかじゃないのは、当初からわかっていたことですから、存分に自分の長所を伸ばしている、とも言えるんですよね。その凡庸な刀術で問題なく試練をくぐり抜けているのですから。
クリシュナの方はその正体を含めて引っ張るのかと思いましたけれど、思いの外早くというか取って返す勢いで再戦が行われて、彼の正体が引き出されることに。
またぞろ、ごっついのが出てきたけれど、逆に言うと正体見たりということで露見してしまえばどうとでも出来るんですよね。未知こそが恐ろしく、ぶん殴れるならなんともでなるとも言える。少なくとも、人類最終試練たるアジ・ダハーカ様のあの絶望感に比べれば。
それはそれとして、彩鳥ですよ。飛鳥の気配察知するやコソコソと逃げちゃって。これがあのフェイスレスだったかと想うとなんとも情けないというか。ラストエンブリオに入ってからいいとこなしだなあ。

印象的だったのは、やはり後半の番外編ふたつ。金糸雀とレティシアの出会いであり、吸血鬼一族が迎えた地獄の顛末の模様であり、十六夜とその親友となったIshiとの出会いと別れ。十六夜が世界の素晴らしさを教えてもらったエピソードである。
そのどちらにも金糸雀が絡んでいる。絶望の閉塞世界を突破して現れたかの少女は、正しく世界の救世主だったのだろう。ディストピアを打ち破った英雄は、その後も絶望する人々に打ち克つ希望を当て続けたのだ、と思えばその偉業には心打たれるものがある。
さらっと語られた斉天大聖孫悟空に生まれながらに与えられた運命と、その運命に異を唱え天に逆らったかの盟友たちの戦争についても、なかなか衝撃的な話でありました。ってか、孫悟空ってそんな破滅の運命背負ってたのか。生まれながらに存在が許されぬが故に監禁した天帝の意図も、決して意味のないものではなかった、というのもわかるんだけれど、それでも悟空……彼女の尊厳を守るために立ち上がった魔王たち、というのがやっぱり格好いいですわ。七天魔王のうち中華系が三人しかいなかった、というのも驚きだけれど。そういえば迦陵ちゃんの迦楼羅ってばインド系になるのか。
しかし、斉天大聖がこれだけキーパーソンだった、となると彼女の沈黙とちらっと登場した時の意味深な発言にもいろいろと思惑が生じてくる。
ともあれ、酔っ払ったとはいえ十六夜の膝枕でだらしなく眠る耀と飛鳥の甘えっぷりにほんわかする一幕でもありました。これ、彼女ら二人肩肘張って十六夜に追いつこうとしている頃だったらこんな風に出来なかったんじゃないかな、と思えばこうやって彼に甘えることができてるというのは二人の成長と自信の現れなんだな、とも考えられるんですよねえ。
次回は、本格的に彼女ら二人の本領発揮を見たいところであります。

シリーズ感想