【ゴブリンスレイヤー 6】 蝸牛くも/神奈月 昇 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「ゴブリンを退治したい、それ以外はしたくない、と言っていて……」
「一党は?」
「ないみたいです」
「馬鹿げている」
新たな冒険者希望者の集まる春。ゴブリン退治だけを希望する魔術師の少年が受付嬢を困らせていた。
一方、辺境の街から少し離れた場所に、冒険者訓練場が建設中。そこには、かつて村があったことを、ゴブリンスレイヤーは知っていた――。
「ゴブリンをぶっ殺すんだ! 」
少年魔術師らと一党を組むことになったゴブリンスレイヤーたちはゴブリンの跋扈する陵墓へと向かう。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第6弾!
ゴブスレさんが男連中と飲みに行くなんて時代が来るとはなあ。あのゴブリンゴブリンしか口にしないしそれ以外何も考えていない、考えられない破綻者だった男が。そう思うと、感慨深いなんてものじゃないですよ。
槍使いと重戦士の二人もまあ、ゴブスレさんを飲みに誘うとかいい連中なんですよね。なんというか、タイミングが素晴らしいというべきか、誘うべき時を弁えていたというべきか。男同士、腹割って自分の苦い部分や遠くなった夢を打ち明け合うとか、渋い飲み方じゃあないですか。ゴブスレさんんなんか、一緒に呑む相手としちゃあ面白くも何ともない人間だと思うんですけれど、こういう風に分かち合う呑み方は「戦友」というものを感じさせてくれて、噛みしめるものがありました。
鉱人道士や蜥蜴僧侶も粋な男たちだけれど、辺境のトップ冒険者たちはみんなこう粋で気持ちの良い連中なのがいいよなあ。
冒険者訓練所なんか、あれ引退した冒険者が指導のメインを努めているようだけれど、現役連中も積極的に手伝ってるんですよね。普通ならそんなん知らんわー、なんだけれど。槍使いの兄ちゃんは訓練所できる以前から初心者連中によくかまってましたし、その意味でも面倒見いい人達多いんだよなあ。
それだけ、周りを見ることが出来て周りに手を差し伸べることの出来る余裕のある人だけが、生き残ってトッププレイヤーになれるのだ、と言えるのかもしれませんけれど。
その意味では、ゴブスレさんもゴブリンだけではなく自分を支えてくれる人たちを認識できるようになり、その上でゴブリンを殺すだけではなく自分もまた誰かを支えられる人間であるというのを無意識ではなく、ちゃんと意識して考えられるようになった、という時点で本当の意味で銀級に至ったのではないでしょうか。以前から言葉足らずとは言え、周りに気遣う優しい人であったのは間違いなく、だからこそ受付嬢はじめあれだけおかしくなっていたゴブスレさんを見守っていたのではありますけれど、意図して女神官のリーダーデビューを手伝ったり、自分と同じゴブリンを殺すだけの人生を突き進もうとしていた少年を、違う道へと導いたりなど積極的に人と関わり合いになりだしたのは、まさにこの一年の女神官たちをはじめとする仲間たちと冒険……「冒険」をするようになってからの変化であったのでしょう。
そうなんですよねえ。ゴブスレさんもちゃんと「冒険者」になれたんですねえ。
自分の代わりに夢を追う旅に出た少年を見送るゴブスレが、声を上げて笑ったシーンは、なんか胸が震えるものがありました。
しかし、若い連中もなんというか……若いなあ、というか青春してるなあ、というか。新人は新人らしく拙いながらも懸命に頑張っている姿が、なんとも尊いです。
ってか、カップル率が凄いな、新人ども! まあ、ゴブスレさんにもあいつの嫁かと聞かれて即答で「そうだよ」とか言っちゃう幼馴染がいる時点でアレなんですけどね。アレなんですけどね!

シリーズ感想