【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 7】  手島史詞/COMTA HJ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

せっかく海に来たということで、海で遊ぶことにしたザガンたち一行。海といえば水着! ということで着替える面々だが、男性陣は女性陣の麗しい姿にタジタジ。
それでも仲睦まじく過ごしていたザガンとネフィだったが、彼らの前に聖騎士長と呼ばれるミヒャエルがその姿を現す。
どうやら敵対するつもりはなさそうな、軽い調子の彼からもたらされた情報によると、<魔王>の一人を撃破した魔術師が次なる標的にザガンを狙っているらしく――。
大人気ラブコメファンタジー絶好調の第7巻!

それが伏線とは気づかんわー! いやさすがにこれは後付だと思うんだけど、うまいこと話に乗っけて膨らませてくるなあと感心させられる。マンガ連載の方はちょうど該当箇所に差し掛かっていたので、
このあたりきっちり描いているみたいですけど、もし漫画がこの場面まで行くとしたらかなりシリーズ続くことになるんだが、あの作品非常にできの良いコミカライズなので、出来たら続いて欲しいものであります。
しかし、師匠に首輪つけられたにも関わらず、命がけで遊びに来る、というか少女たちを愛でに来るゴメリ婆ちゃんがなんかもう色んな意味で輝いてるよ。このお婆ちゃん、確かにラブコメを映えさせ進展させるのに尋常でなく役に立つキャラクターだけに、作者も使いやすいんだろうなというのは強く感じるところであります。なにしろ、放り込んでさえしまえば周りを巻き込んで誰彼構わずラブコメ時空へと突入させてくれるし、いい具合に男性陣も女性陣もバカになりますものねえ。
魔王と最高峰の魔術師たちが集まって、なに「REC」の魔術創作しちゃってるんだこいつらわ。正確には念写寄りみたいですけど。これって脳内妄想も映像化画像化出来かねないので、ゴメリ婆ちゃんが使えるようになると非常に危険である。
それはそれとして、ゴメリ婆ちゃんも愛でられる方にそろそろ回ってもいいと思うんだけどな。キメリエスとの間について突かれたときの反応を見ると、えらい可愛いことになりそうですし。
どうなるかと思われてたシャスティルとバルバロスの件がトントン拍子に進んじゃってるのを見るとねえ……いや、この二人進展早すぎだろう! シャスティルもバルバロスもまさかここまで早く自覚してテレテレになるとは想像してなかった。特にバルバロス! お前純情中学生か、というくらい初々しい反応で。もっと根性ひん曲がって紆余曲折たどるかと思ったのに、案外素直なのな!
初期のザガンとネフィみたい、とか言われてるけれど、自覚がある分二人のときよりもよっぽど甘酸っぱいことになってますよ。
それに比べて前途多難なのが、ネフテロスとリチャードの方でしょうか。ってか、リチャードのがどうしてもぽっと出すぎてキャラが確立してないんですよね。というよりも個性が足りてないというか。いやもう、いいヤツで性格もイケメン、騎士らしい騎士として格好いいですし、個人的には非常に応援しているので、もっと頑張ってネフテロスから意識されるようなキャラかエピソードを持ってきてあげて欲しいものです。なぜか、お義兄ちゃんなザガンがうちの義妹はやらん状態から速攻で密かに応援モードになっていたのには笑ってしまいましたが、気持ちはわかる。ザガン的にも力足りずとはいえこういう一途なタイプは、気にいるでしょうし。
これだけキャラが増えると、いかな主人公でみんなのご主人様である魔王でもあるザガンとは言え、一人ひとりに目配りするのはともかくとして、一人ひとり丁寧に踏み込んで助けて、とはいかなくなるんですよね。いや、出来なくはないのでしょうけれど、人間関係が一方的なものになるより多角的になる方がまたいいわけで、内面的に追い詰められているその人の心に踏み込むのは別に違う人でもいいのであります。家族もいるし、親友同士という関係も居る。そうやって、リリスと黒花の二人でザガンやネフィが介在せずに問題を解決できた、というのはファミリーとして良い形なのではないでしょうか。ちゃんと見守っているあたりが、ザガンとネフィ、みんなのお父さん役お母さん役にちゃんとハマってますし。
さて、ストーリーの進展の方もアザゼルという存在の謎について色々と仕込みが入ってきましたけれど……また他の魔王出てきましたけれど、何気にどの魔王さまも実はまともな人ばかりじゃないですか!? いやまあネフテロスの親たるビフロンスはかなり歪んでましたけれど、彼は彼なりに純朴な愛情を持ち得ている人でもありましたしねえ。
オリアスにしても、ザガンの先代となるマルコシアスにしても、非常に真っ当な部分を有していたわけですし。そうなると、魔王たちが対抗措置を練っている外なるモノ。魔神たちのヤバさが浮き上がってくるわけで。なるほど、仕込みは着々とって感じですわな。

シリーズ感想