【ラストエンブリオ 6.激闘!! アトランティス大陸】 竜ノ湖 太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

"人類の敵"、殺人種の王を一時的に退けた「問題児たち」。黒ウサギや御門釈天とも合流した一同は、消耗した逆廻十六夜を無理やり休ませつつ、アトランティス大陸の謎解きを進める。
そして舞台は地下迷宮へと移り、最下層へ先行する春日部耀と石碑を探す残りの面々の二手に別れて探索を開始する一同だったのだが、突然の大噴火にて事態は一変し――
「人類を"世界の敵"にしてしまった罪を、かつて拳を振り上げられなかった者の義務を、今此処で果たそう」
地上に異変が起きた最中、最下層にて耀が遭遇したモノとは――。
竜ノ湖太郎が送る大人気シリーズ、禍乱が巻き起こる第6巻!!
あの十六夜くんをどついて気絶させて休ませるとか、すげえことするなあ耀。たくましくなった、というレベルの話じゃないですよ。いくら弱っているからって十六夜くんにそんなことが出来る人が神仏含めて幾人いるか。
耀って、問題児三人組の中でも一番リーダーとかそういう立場に似合わなそうだったのに、今ノーネームのボスになってる彼女を見ると、むしろ彼女がリーダーとしての立場を活かせる人間だったのか、と思えてならない。飛鳥も別のコミュニティ作っているとはいえ、飛鳥も十六夜も人並み以上に人の上に立つことは得意かもしれないけれど、同時にその立場に絡め取られて自由に動けなくなる、柵にとらわれるタイプであるようにも見えるんですよね。その点、耀はその立場を逆に利用して好き勝手出来るタイプというか。帝釈天を口八町で乗せてうまいこと権限を掻っ攫っていったのなんか見ても、彼女の自由人としての個性がイイ方に作用しているなあ、と。

これまで慎重に、というか無理やり飛鳥のことを避けまくってた彩鳥。ここまで徹底的に逃げ回っていたのだから、最後まで引っ張って逃げまくるのかと思ったら、簡単にとっ捕まって自爆したぞ、この女! 別に飛鳥の方から追求しているわけでもなかったのに! しかも、前世の記憶はありません、なんてどうしようもない嘘をついて。凄まじいポンコツっぷりである。
これがあのフェイスレスと同一人物? 全然キャラ違うんですけど、別人としか思えない、とのたまってる飛鳥さんの感想に完全同意である。生まれ変わって緩んだ、とかなんとか言われてたけれど、これ緩んだ鈍ったどころじゃないですよね。キャラが変わった、としか言いようがなく。本人にそれほど変わった意識がないあたりが惨劇を助長しているきらいもあるのでは。あくまで鈍ってる、と思ってる風なのがなあ。
あっさりここらで神域の技量を回復させているあたり、メンタルに左右されすぎじゃね? とも思わないでもない。どれほど強さを取り戻しても、フェイスレスの頃のような頼もしさが全然感じられないあたり、ポンコツという業の深さを感じてしまうのでありました。その分、尋常でなく可愛くなってしまった、というのもまた深い業じゃないですか。

しかし、ここに来てもウロボロスの暗躍が不気味すぎるなあ。ガイアの末子など、人類と明確に敵対する存在が湧き出しているけれど、それもこれも含めて「ウロボロスの掌の上」という言葉が深刻に響く。せめて、ジンがなにかウロボロスの思惑を超える形でアヴァターラを率いていたらいいのだけれど。特にジェームスなる男の胡散臭さと邪悪さが半端ないんですよね。だいたいジェームスって名前なんだよ。あまりにも特徴がなさすぎて、名前的に遡るしかないんじゃなかろうか、これ。ジェームス、ジェイコブ、ジャック、ヤコブ。あの懐かしきジャック・オー・ランタンと同じ名前というのも気に入らないし、ちょうど表の世界でローマ法王やキリスト教の話が出てたのも因縁を感じるし、ラストの十六夜くんの久々の痛快登場シーンのように、スカッと問題児たちがウロボロスの暗躍に対してやらかしてくれるのを期待しつつも、次がアトランティス編の最後か。

シリーズ感想