【天才王子の赤字国家再生術 3 ~ そうだ、売国しよう ~】  鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER
宗教勢力を利用して国の価値を爆上げだ!」

 帝国皇女との結婚話に端を発した騒動を切り抜けたウェイン。そんな彼の下に隣国カバリヌより使者が到着する。大陸西側の一大宗教・レベティア教の主催する『聖霊祭』にウェインを招待したいというのだ。
 絶大な影響力を持つ『選聖候』たちが集うイベントということもあり、ろくでもないことに巻き込まれることはほぼ確定。それでも隣国と友好関係を結ぶため、ウェインは渋々西へと向かうのだが――!?
 クセ者だらけの国際舞台に、天才王子が本格デビュー! 大人気の弱小国家運営譚第三章、ここに開幕!

相変わらずニニムに関することに関しては沸点が低いどころか無いんじゃないか、この王子。神算鬼謀深慮遠謀を地で行くウェインだけど、あの場面のあの行動は絶対策ありき、ではなかったよね!?
ただ、彼が尋常では無いのはその応急対応能力なのだろう。
前回もそうだったけれど、思い通り作戦通り行かなかったあとの立て直しの精度と速さが人間離れしてるんですよね。あの皇女さまも謀略家としてはウェインに伍するレベルにあったけれど、この事前に用意していた作戦も謀略も全部潰れてまっさらどころか窮地に追い詰められた際に、元から全部予想していました、と言っても不思議ではないくらいのレベルで作戦を即座に改めて復旧できる能力がウェイン王子、人外レベルなんですよね。そして、その能力こそ実戦的であり現場的であり戦乱の世に何より対応した能力なのでしょう。
この王子が偉いのは、それだけ場当たり的に深度の深い策を練って実行できるにも関わらず、事前の準備を決して怠らないし、効果があるか定かではない迂遠な策を幾つも展開しているところなんですよね。そして、この王子がエラいのは、それだけ事前にあらゆる対応が出来るように準備していながら、かなりの頻度で予想外の顛末に襲われてしまうところなのでしょう。
普通なら、すでに何回死んでるか、国が滅んじゃってるんだろうか、という段階で。毎回、頭抱えてなんでだー!?と断末魔に近い悲鳴をあげて転がりまくる王子、厄がついてるんじゃなかろうか。
まあその分、死ぬがよい展開を避けきったご褒美で彼が事前に確保していた以上の報酬が国単位で得られてしまうわけですが、お陰様で国は富んで飛躍してもその分王子の仕事が余計に増えてしまうという顛末は、本質的に自堕落に過ごした王子さまとしては地獄案件なんだろうなあ。だからといって放棄してしまわない責任感が、彼の首を絞めているわけですが。

しかし、果たしてどこまで選帝侯の推薦を受ける気があったのか。うーん、わりと本気ではあったと思うしなったらなったでその地位を利用しまくる算段はあったんだろうなあ。他の選帝侯の常軌を逸した人間性と政治力を見ると、この段階で正対するのはかなりキツイものがあった気もするのだけれど。フラム人差別がきつい大陸西部に深入りするということは、差別問題への対応に直面しなきゃいけないわけですし……ニニムに害意持つやつは絶対殺すマンなウェインが首突っ込むにはまだちょっとヤバすぎますよねえ。いやいや、絶対殺すマンなウェインでもマジガチであそこまで絶対殺すマンとは思わなかっただけに、尚更にまだ早いまだ早い。
でも、終わってみればまたえげつない結果なんですよね。結果として殆ど軍を動かさずして、西方を平定してしまった、とすら言えるんじゃないだろうか、これ。ウェイン王子はそんなつもりサラサラなかっただろうけど! 本来ならもっと堅実に物事を進めるつもり、場合によっては後退させるつもりだったのだろうけど!
まだまだウェイン王子の自身の異常性と能力に対する評価が低すぎる、低すぎるというかまっとうに評価しすぎているというか。決して過小評価とか卑下してるわけではなく、冷静冷徹に客観的に見て判断しているつもりなんでしょうけどね。ある意味その客観性こそが目を狂わせてる気がするなあ。
他から見たら、紛れもなく化け物ですよ、この王子は。
そんな化け物がまったく思い通り予定通り作戦通りにいかないシッチャカメッチャカに陥る状況を、なんでこうなったー!?と悲鳴を上げながらさらに改めて打ち立てた神算鬼謀で快刀乱麻に平定していくのは、やっぱりべらぼうに面白いですわ。傑作♪

1巻 2巻感想