ーインフィニット・デンドログラム- 8.遺された希望】 海道左近 / タイキ HJ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

【聖騎士】のジョブもカンストし、次のジョブを探していたレイのもとに、失われていたジョブが再発見されたという報が入る。それは、つい最近、遺跡で発見されたジョブ【煌騎兵】。
転職条件を満たしていたレイは、ジョブにつくために遺跡があるアルター王国とドライフ皇国の国境付近にあるカルチェラタン伯爵領へと向かう。
道中出会った仮面の女剣士・アズライトと共に赴いた遺跡では、発掘物をめぐって各国の思惑が渦巻いており――
激熱VRMMOファンタジー第8巻!
ジョブって案外すぐにカンストしちゃうんだ。いやそれよりもですよ!? レイくんレイくん、女性の裸で一切興奮しなくなってるってそれって普通に「ED」じゃないですか!? 裸で興奮しないのに、あとなにで興奮するんだよ!? シチュエーション? 雰囲気? もしかして自力で頑張れって立派に出来るの!?
異性に感心がないまで枯れてしまっているわけではないようなのでその点については安心したけれど、若い男の子として色々と心配になってしまいますよ。レイのお姉ちゃんのおかげでレイもまともな人間、というにはちょっとハズレちゃってるかな、という部分がチラホラと垣間見えていましたけれど、なんかそれどころじゃなく深刻な被害を与えてるんじゃないのか、お姉ちゃんw
まあこれまでその辺が浮き彫りにならなかったのは、ネメシスを除くとヒロインらしいヒロインが登場していなかった、というのもあるんですよね。これまで女性キャラはたくさん出てきましたけれど、ヒロインかと言われると「ヒロイン?」と真剣に首を傾げてしまうような人たちばかりだったんですよね。可能性のありそうな人は勝手にフェードアウトしてあんまり出てこなくなったり、別の人にフラグ立ててたり、レイくん主人公のくせにヒロインに全然縁がなかったじゃないかー。
それだけ、ネメシスが盤石だったとも言えるんですよねえ。
そんなこんなしているところに、ついにまっとうなヒロインらしい振る舞いをしてレイに対しても色々とヒロインらしい反応を示してくれる女性キャラがついに登場ですよ。長かった。おいでませアズライトさん♪
……この人、あの仮面つけて平然と出歩いている時点でわりとレイとセンスかぶってるんじゃないだろうか。あの仮面変だって、どう見てもw
別にレイが自分の暗黒装備に自信満々だったりするのと違って、自分の仮面にドヤ顔して似合うだろうみたいな態度はしていないのだけれど、正体隠すためだけにあの仮面は怪しすぎて当人のセンスしか感じない!
わりと装いも仮面に似合うような格好をコーディネートしているあたり……いや、デザインは挿絵の人のあれかもしれないけれど。
ともあれ、レイの在り方からしてヒロインってやっぱりプレイヤーよりもこっち側の人の方がしっくり来る気もするので、ネメシスとアズライトの二大巨頭の確立という展開は喜ぶべきところかも。
ネメシスもなんかこう刺激してくれる相手がいないと、レイの相棒としてすっかり収まってしまってなかなかそこから動こうという気配もありませんでしたし。色々と考える場面も必要だしなあ。
ドライフ皇国も動き出し、これは実質「戦争」と変わらない規模にまで発展してますし、次回大きく動きそう。ドライフ側の重要人物が思わぬ形で戦場となる場所と関わっているようだし、単純に勝った負けたで話も収まらなさそう。こういう複雑な絡み方をする展開は大好物です。次巻の動向が実に楽しみ。

シリーズ感想