【やがて恋するヴィヴィ・レイン 3】 犬村 小六/ 岩崎美奈子 ガガガ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ウルキオラ暴動から三年。神聖リヴァノヴァ帝国においてルカはジェミニらと共に帝国最強の独立混成連隊として勇名を馳せていた。ルカの編み出した新戦術は三次に及ぶ「ドル・ドラム戦役」においてその威力を発揮し、帝国軍総司令官ヴラドレン皇太子はルカに作戦会議への参加を特例で許可する。だが一方で、皇帝の血を引くジェミニは皇太子を排除すべく暗躍を開始、ルカは皇位継承を巡る闘争へと巻き込まれることになってしまった…。魅力的なキャラクターたちが織りなす一大軍事戦記。さらにさらに加速する恋と会戦の物語!!

2巻を読んでから1年以上積んでしまった。内容についてはちゃんと覚えていたのだけれど、二巻を読んで自分がどんな感想書いたのかは覚えていなかったので、改めて見直してみたらルカがどれほど献身的な性格をしているのか、という点についてよく書いていてなるほどなあ、とこの三巻を振り返ってみたら、確かに彼って尽くす性格なんですよね、この三巻でもそのあたり滲み出てる。
一方で自分自身についてはあまり省みることは少ないようで、絶体絶命になっても人事は尽くすのだけれど、それでダメだったら「ああダメだったなあ」とわりとサッパリしているところがあるんですよね。自分についてそこまで執着がない、という感じで。だからなのかわからないけれど、自分が何を望んでいるか、という点についても深いところまで考えていなくて、最後のあのシーン、説得のために自分の目的や思いというのを打ち明けていく過程で、ああ自分ってこんな事を望んでいたのかー、とどこか暢気に気づいているくらいでしたものねえ。
皇太子が淫行淫行とはしゃいでいたのも、いや待て待てと言いながらも何気に怒ったりはしてないんですよねえ、ルカって。フェニアのこと好きで、彼女のために色々頑張っている一方で彼女に対する独占欲、みたいなものがいまいち感じられないところがある。まあこれは彼女に限らないのだろう。ミズキに対しても、アステルに対しても本当に大切にしているのだけれど、彼女たちに対して自分が自分が、という執着めいたものは殆ど見せたことがない。アステルが微妙に不満そうにしてるのって、ちゃんと構ってくれないという点を突き詰めてのそうした執着を見せてくれないところにあるんじゃないかな、なんて思ったり。

……こうしてみると、中身空っぽで全然何にも大切にしなくて利害が拗れたらすぐに切り捨てるくせに、凄く執着するのがジェミニなのかもしれない。少なくとも、ルカに対しては幼少の頃に何にも言わずに居なくなったことずっと根に持ってるし、母親に対しても根に持って執着していた部分があったわけで。
ルカってジェミニの人間性について深く理解していたけれど、考えてみると自分がどれだけ執着されているか、というところに関しては無頓着なように思える。これも、ルカの自身の省みなさが強く作用しているのか。ジェミニの悪しき部分をあれだけわかっていながら、フェニアのこととか自分の目的とか平気でペラペラとジェミニに喋ってるし、いざ決別したときもその点に関して危機感を全く抱いているようすがなかった。これも、ジェミニが自分に拘っている、という観点が一切なかったと考えればよくわかるんですよねえ。もちろん、これからどうなろうとジェミニが悪し、なんですがルカはあれだねえ、せっせと種まいて耕して去っていった感じである。

しかし、ジェミニもジェミニで凄いですよ。あのルカの尽くす性格をして、「あ、こいつさすがにあかんわ、ついていけん!」と思わせてしまったくらいですもんねえ。ルカがよっぽどのことがなければずっとついていくつもりだったのは、一度はジェミニが間違えた道を歩いてっても一緒に間違えてやる、とまで言ってのけたことからもわかりますしねえ。ルカをして突き放した人物は、ジェミニが史上初でしょう。それでも突き放しきれずに、別れ際にお説教なんかしちゃってジェミニの行く末を心配してるんだから、ルカってばほんと筋金入りなのではないでしょうか。
だからこそ、ミズキやアステルだけじゃなく、他にもついてくる人が増えてきたのでしょう。まあ、この場合、比較対象がジェミニだった、というところがアレだった可能性もありますけどw

そう言えば、はっきり言ってノーマークだったミズキもその身の上に何らかの秘密がある可能性が出てきたんですね。あの義妹と一緒だったワイバーンとの再会シーンでのミズキの登場、意味深だったのにこの巻では結局その後一切触れられず。同じ巻で回収されないということは、これはよっぽどの伏線なのか。
フェニアの方もだいぶ頭押さえつけられてへこたれてるみたいだし、動向があちらもこちらも目まぐるしい。まだ三巻なんですよねえ、このシリーズ。密度が凄いなあ。

シリーズ感想