【若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!2】  森田 季節/ 47AgDragon  ダッシュエックス文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

超ホワイトな黒魔法の会社で働いています! 今日もフランツはネクログラント黒魔法社で楽しく働いている。 使い魔であるサキュバス・セルリアがお見合いをすることに!? 望まぬお見合いを阻止するために休暇を使って魔界に乗り込んで大騒ぎ! 男爵としてもらった領地は限界集落だった!! フランツは領主として町の過疎化を食い止め、新しい産業を興せるか!? 黒魔法業界のヘンテコ研修で新たなチョロイン登場!? 帰省した地元で女子社員全員とバカンスしたり、フランツの社会人生活はゆるく楽しく進行中。犬耳社長も頼れる先輩も、妹系悪魔っ娘もサキュバス使い魔も、沼トロールも研修仲間もみんな笑顔の超カイテキ☆お仕事ファンタジー、話題沸騰の第2巻!!

親父殿の心の叫びが苦笑いを誘ってくる。そりゃあねえ、都会に行って就職した息子が突然たくさんの可愛い女の子とお近づきになってリア充化してたら、なんかもう心の内から吹き出すものがあるよねえ。長年、堅物として自分に蓋をし続けていたのならなおさらに。
でも、親父殿、ちゃんと息子がいるように奥さん貰って家族養って社会的にも真っ当に生きてきたんだから十分じゃないか、とも思うんだけれどそれはそれとして、息子羨ましい! となるのはまあわかる。わかるけど、お母ちゃんの前で実際に叫んじゃダメだから。熟年離婚一直線だから!
社会の闇ともいうべきブラック企業については、昨今どの界隈でも泡を飛ばして語られるのだけれど、逆にホワイト企業なんてものは奇跡の逸話として語られるばかりでなかなかそれを題材にした作品というのは見かけないのだけれど、こうしてホワイト企業努め、聖人のような社長のもとで働き、存分に休み! 女性関係も次々に華やいだ関係を結び、仕事内容も充実したやりがいのある業務に終始し、とまあ夢物語もここまで来ると癒やしのように感じるものです。
この天国みたいな環境で図に乗らず、ひたむきに頑張り誠実に人と接し自分の得た幸福を他人に配ることに躊躇を抱かなない主人公のフランツくんは、文句なしにいいヤツなのでその境遇は羨ましくはあっても妬ましくはないんですよね。
良き頑張りが正しく報われる世界こそ、幸福な世界というやつじゃないんでしょうか。
まあこの青年、草食系の大人しい男の見えて据え膳は断らずにまめに全部食べてしまう、ある意味お行儀の良い肉食系なんですよね。日和ったりヘタレたりしないのは、ラブコメ主人公の範疇に収まらない並々ならぬ逸材なのではないでしょうか。黒魔法の才能よりもそっちの才能の方が驚異的すぎる。
でも、自分からガツガツ行かないので、その意味では安全な男でもあるのですけれど。ただ、困ってたり本当にピンチになってたりすると、ひたむきに助けてくれるので頼り甲斐も並々ならぬのである。……まあモテるよね。
ただ、性的なハードルが低いサキュバスやそのへん気軽な社員さんたちはともかくとして、あの田舎出身の黒魔法使いの女の子は、あれは単にちょろいだけだと思うぞ、うん。

それにしても、ケルケル社長はなんなんだろう。天使? ケルベロスだけど、天使? 能力もあり人格的にもまともで善人にも関わらず、社会で上手く行かずに路頭に迷いそうになっている人の前に忽然と現れて、うちで働きませんかと勧誘してくれるこの社長さまはなんなんでしょう。女神?
黒魔法使う人限定ではなかった、というのが今回発覚して、なんかさらに神聖度がアップしちゃったんですが。
ってか、社長入社した人にはみんな儀式やってるんですか?w

シリーズ感想