【タタの魔法使い 2】 うーぱー/佐藤 ショウジ  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

一つの高校が突如異世界に消失した衝撃の「ハメルンの笛吹事件」から三年後、新たな学校消失事件が発生する。私立折口大学附属高校の1100名を超える生徒たちは、タタの魔法使いの妹カカにより異世界に転移させられる。地下に出現し、巨大なダンジョンと化した校舎で始まる一ヶ月間の異世界生活。「私達の夢は、ここで叶う」「私は、みんなと協力しあいたい」『将来の夢』の力でカリスマ生徒会長となった藤堂瑠奈率いる生徒会執行部と、二年三組の無敵のリーダー・夜木秋の活躍により日本への帰還を目指す生徒たち。生存者数、推定77名。壮絶な異世界サバイバルが再び幕を開ける。

新たに起こった学校消失事件を再びルポルタージュ方式で描いた第二弾。なんだけれど、前回は読感に妙味を感じられたこのルポルタージュ、インタビュー形式の描き方があんまりうまく行っていない印象となってしまいました。一巻の感想の後半にもチラッと書いていたのだけれど、この形式ってルポルタージュの執筆者である記者の視点というか意識が介在しているせいで、物語として読むときどうしても幕一枚、或いは壁一枚隔てられているような感覚が付きまとうのです。当事者の言葉や感情、彼らの語る内容から当時起こっていた出来事、状況が目に映るように伝わるのならこれもまた味のある演出、ということになるのですが、今回はそれがあまり伝わってこなくてインタビューの内容もなんか内向きというか、何かを伝える内容としてあんまり構成されているように見えなくて、そのせいか凄く読んでいるこっちとしては疎外感を感じながら読むことになってしまったんですよね。
それに、当時の状況が一巻のときと比べてあんまり伝わってこなかったのです。登場人物が秋と瑠奈会長以外ほとんど印象に残りにくかった、というのもあるのでしょう。個々があんまり何やっているのか、いや確かに描かれてはいるのだけれど学校の中でずっと生活していたせいもあるのか、それぞれの動きにあんまり特徴が感じられなくて、印象に残らなかった感じなんですねえ。
おまけに、執筆者の情景描写や心理描写が取材した学生たちから得た情報を元に語っている体をとっはいるんだけれど、それよりも執筆者の主観で小説のように描かれているような感覚があって、それが普通の小説ならいいんですけれど、ルポルタージュ形式な分かなり違和感があって内容に入り込めなかったところがありました。
展開についても、どこか纏まりを欠いたままバラバラに終盤に転げ落ちていくような感じで、お話としてもルポルタージュとしてもいささかとっ散らかったまま終わってしまい、わかりにくい部分も多かったように思いますし。
あと、カカの存在にしても要の一角でありながら、最終盤までほとんど存在感を示すことなく、ラストもひっくり返し方としては面白いと思うんですけれど、あっさりしすぎという感じもして、ちょっとうーんと感じる部分が多かったかなあ、今回は。
何気に一連の事件終わっていなくて、3巻に続いているのでこの学校の消失事件の締めはそちらできっちり出来ればいいのだけれど……。

1巻感想