【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 15】 海空 りく/をん  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「愛しているよ。ステラ」全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた―。寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、しかしまさかの“黒騎士”アイリスの裏切りにより、再び混迷に陥ってしまう。逃走を図る“傀儡王”オル=ゴールと追撃する“紅蓮の皇女”ステラ。弟を助けんとする“黒騎士”アイリス、立ちはだかる“落第騎士”黒鉄一輝。その熾烈な戦いが最終局面を迎えるとき、赤髪の少女の咆哮が戦場に響き渡る!ヴァーミリオン戦役ついに決着!別れと絆の第15巻!!
考えてみると、アイリスの裏切りこそがオル=ゴールに対してのトドメになってしまっているですよね。
あのままでは、オル=ゴールは敗北して死んだとしても自己弁護で自分を正当化し続けていた彼は、自分の死に際しても決して反省も後悔もせず、理不尽に殺された自分は被害者だとしか思わなかったでしょう。それは果たして彼がこれまで行ってきた虐殺に対しての報いとなったでしょうか。彼がこれまで無残に殺してきた被害者たちが、彼なりの価値観によって出ざるを得なかった意味ある犠牲などではなく、ただただ犯罪者に殺された一方的な犠牲者であったのだと、手をかけた本人であるオル=ゴールに思い知らせることが出来たのか。
その意味でも、オル=ゴールに完全にある敗北、彼のこれまでの生き方、彼が自己弁護してきた価値観を全否定するために、アイリスの弟への無償の愛、世界を敵に回しても貫かなければならなかった愛こそが、必要だったのではないだろうか。
何よりも、アイリスの愛こそがオル=ゴールの生き様を無価値へと叩き落とし、彼の断末魔を絶望に塗れさせたと思えば、皮肉ではあるが彼女は弟を守ると同時に故郷の人々の敵を討つという相矛盾する結末を得ることが出来たのかもしれない。
そのアイリスとの対決を制した一輝は相変わらずというか玄人好みの戦い方なんですよね。技巧を尽くす剣腕もさることながら、彼の特徴はその戦略性なのでしょう。魔力が極小という弱点から技を極める形に方向を定めたスタイルなんだけれど、それ以上に僅かなリソースをどう勝利に繋げていくかの筋道を練り上げていくのが本当に練達なんですよね。
この戦いを機に剣神の名を頂くことになる一輝ですけれど、彼の場合剣術家というよりも古式ゆかしい兵法家という方が似合うのかもしれない。
こうしてみると、ただの学生だった頃は「伐刀者」として一括りにされていた彼らだけれど、このレベルまで来るとそれぞれに特徴をさらに特化させて、ただの「伐刀者」や「騎士」やと呼ばれていた頃とはもう別物みたいになってるんですよね。最初期に西京先生と理事長先生の昔の回想バトルが完全に別の漫画やん!と言ってたのもあながち間違いじゃなく、ステージがもう別の作品かというくらい上がらないと、このレベルは話にならないわけだ。
その意味では、珠雫も見事にA級に相応しい特化を見せていて、あれもう完全に魔法使いの領域ですよね。彼女こそ、別の漫画じゃないか、みたいなことになってますし。ステラに至っては怪獣モドキだったのがほぼ怪獣、というところまで人間やめてしまいましたし。ステラさん、人間辞めすぎである。とうとう能力的に人間辞めているところから、見た目まで人間辞めだしたし。
そんなステラさんですが、一輝とのラブラブっぷりが安定した分、なんでかその情熱的な部分がかなり今回タタラの方へと向かっていたような。まあ、この娘も同性の友達とか少なかった分、友達になるとベッタベタになってしまう傾向はあっただけに、あのタタラへの懐きっぷりもわからなくはないのだけれど……そのブサイクな泣き方は辞めなさいてw ヒロインどころか女の子としてやっちゃいけない泣き方だぞw そりゃクールに去るぜを地で行こうとしていたタタラですらツッコまざるを得ないわい。まあこの娘も裏稼業の冷酷な暗殺者を気取っているわりに、情が厚いわ世話好きだわ、とかなりどうしようもない部分があるステラに対しての親和性がありすぎる面もあったので、そりゃ泣いてるステラを捨ててはいけんかったんだろうなあ。色々とご愁傷様であった。
その手の傾向はどうやら珠雫にもあるもので、しっかりしている女性ほどステラは放っておけないところがあるんでしょうなあ。ステラと一輝との仲が完全に収まった時点でそれまでステラに噛み付いていた珠雫、逆にステラの味方して兄に苦言を呈するようになってきている。今回も妹としてというよりも、義姉であるステラの側に立ってめっちゃ怒ってましたもんね。小煩い小姑になるかと思いきや、なかなか頼もしい義妹になってるなあ、と。
さて、ヴァーミリオン編もこれで終結。というところで、舞台は再び日本へ。しばらく出番の無かった面々が次回から出張ってくるみたいなので、かなり楽しみにしてますよ。

シリーズ感想