【ピンポンラバー】 谷山 走太/みっつばー ガガガ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。
そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。
だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる厳しい洗礼を受けることになる。
一年生最強の女子・白鳳院瑠璃に、怪我をしていた膝の弱点を見抜かれ、あっけなく敗北してしまう。敗北しうなだれる翔星に、瑠璃は「あなた、私のパートナーになりなさい」と告げる。彼女の目的は、才能のある彼とダブルスを組み、これまで一度も勝てたことのない相手、姉の紅亜を負かすことにあった。そして、その紅亜こそが、翔星が捜し求めていた、あの日の少女だったのだ。
学園最強女子・紅亜という共通の敵を倒すため、翔星と瑠璃は共闘関係を結ぶことになるのだが……。
その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

イラスト担当の絵師であるみっつばーさん。【転生したらスライムだった件】でもイラスト担当している人だけれど、この人の最大の特徴ってキャラの「つり目」なんですよね。ヒロインも主人公もみんなかなりキツイつり目揃いなのである。おかげで、登場人物全員揃った集合絵の眼力の強さがえらいことになってて、強キャラ揃いのやべえ奴らだ!な感じになっちゃってるわけですよ。やべえ奴らが集った卓球野郎どもの巣窟!みたいな。
まあ実際の所、国内の天才卓球少年少女たちを集めた卓球専門のエリート校のわりに人材の密度は極めて薄い気がするんですけどね。これ、各学年の一位二位くらいしか全国レベルいないんじゃないの?というくらい。その一位二位だけが図抜けて強いのですけれど、それ以下との差がちょっと酷いことになっていて、ほんと全校生徒全員卓球やっているにも関わらず上澄みを掬い取った僅かな人数しか強くなっていないとなると、これ教育方針間違ってるんじゃないの?
中学時代を棒に振るほどの大怪我を負った主人公の翔星が復帰して卓球を再開してまだ半年、しかも怪我も完治とまではいっていなくてサポーターでガチガチに固めている状態で大いにハンデあり、という状態で殆ど敵なしで勝ってしまうのだから、看板に偽りありだわなあ。
そんな無双状態で駆け上がる翔星が、格上に当たると手も足も出ないでこてんぱんにやられてしまう、というなんていうんだろう、強さの強弱の差が激しすぎるというか拮抗した状態がないというか。弱い相手にはひたすら強く、強い相手にはひたすら弱いという感じで、このあたりの強さの並べ方というか見せ方にいささか工夫が足りないと言うか映えがないというか。
そもそも、必殺技めいた得意技をそれぞれが持っているのですけれど、あんまりイメージ湧かないんですよね。技の説明は多分にシてくれているのですけれど、その解説があんまり動作となって浮かび上がってこない。瑠璃も結局強いんだか弱いんだか。彼女の必殺技もなんか中途半端でしたしねえ。

かつての幼馴染の約束を固く守って、もう一度彼女と再会するために辛く苦しいリハビリ生活を耐え抜いて、今一度戦場へと舞い戻った翼折れし【音速鳥】。という、スポ根らしい熱い復活劇と、ラブコメと青春劇を合わせたようなあの約束をもう一度、という展開は筋書きとしては十分なものがあると思うんだけれど、やはり実際の試合の場面でギラギラと映える描写があまり見られないと盛り上がりきらないところはどうしても出てきてしまうかなあ。
次回以降、もう少し手に汗握るものがあったり、キャラの存在感が出てきてくれればいいのだけれど。