【Unnamed Memory II 玉座に無き女王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

呪われし王と、世界最強の魔女――悲劇と衝撃が渦巻く、急展開の第二巻!

「その時は――魔女〈ティナーシャ〉を殺すさ」
契約のもと、一年という限られた時間を共に過ごすオスカーとティナーシャ。だが突如二人の前に、ティナーシャのかつての婚約者・ラナクが姿を現す。古き魔法大国の血を継ぐ彼は、新たに国を興すと大陸全土への侵攻を企てて……。その時、オスカーとティナーシャの選んだ道とは――大陸の完全支配をもくろむ巨大魔法と王剣の剣士の、熾烈なる戦争の火蓋が切られる。


ついにラナク編。これはティナーシャの素性と彼女がどうして魔女になったのか。そして、ティナーシャがどんな因縁を抱え、情念を懐き、これまで魔女の人生を歩んできたのか。いわばティナーシャという魔女の中身をすべて曝け出すような話であって、このシリーズの最初の山場でもあるんですよね。いっそ、クライマックスと言っていいくらい。
まさか、この巻の中盤までに片がつくとは思わなかった!! いや、構成的にもこれ巻の最後まで引っ張って、ティナーシャを再び迎え入れてハッピーエンド、と思うじゃないですか。違うんですよね。ラナクの物語としては、古代魔法王国の女王の物語としてはこれ以上なく一区切りつくところではあるんですけれど、これをオスカーの方の視点から見ると。
バスターゴリラの本気スイッチ入ってしまう! の巻なんですよね、ここ。それまではオスカー、まだ余裕があった、というよりも一年という猶予の間になんだかんだ押し切る自信あったと思うんですよ。
でも、この一件でティナーシャにまつわる事情と彼女の面倒臭さの根源を知ったことで、マジになっちゃった感じなんですよね。いや、本気は最初から本気でしたでしょうし、この女こそ自分のとっての唯一だ、という想いは一貫して持ってたと思うんですけど、なんだかんだのなし崩し、ノリと勢いでティナーシャに頷かせて結婚に漕ぎ着けばいいか、みたいなところが今まではあった気がするんですよ。
でもこの件を経てオスカー、ティナーシャの事、徹底的にもうぐうの音も出ないほど完璧に落とす、と決め込んだようにも見えるんですよね。この女、もうマジ許さんから!てな感じに。
オスカーってさっぱりとして後腐れないような性格に見えますけど、一巻でもティナーシャと誤解されるような真似したアルスにとても怖い笑顔になってたみたいに、あれでかなり独占欲強いところがある感じなんですよね。ティナーシャに惚れてしまったルスト王子に対してもかなり刺々しい対応とってましたし、ラナクに至っては……。
でもだからといって、ティナーシャにベタベタしていかないのがこの若き王様のアレなところで。
というか、ラナクの件が片付いた時、恐ろしいことにティナーシャに対して全くといっていいほどお押してくような対応見せてないんですよね。普段からあれだけ何かあると結婚しようぜ、と気軽に声かけてたのに。
ティナーシャとしては長年の呪いとも言うべき因縁が終わり、魔女として長く生きてきた最大の目的も果たして、もう自分も役割を終えて死んでしまうのも良いだろう、とまで思ってたわけですよ。多少なりとも虚脱に近いものはあったでしょう。また、自分を信じて助けにきてくれたオスカーたちにも大いに思うところがあり、オスカーの元に「帰ってこれた」という喜びと安心感まで多分に感じて噛み締めているわけですよ。ティナーシャの心、大いに緩んでいる瞬間ですよ、ここ。
でも、そんなこの場面でノリと勢いで求婚して、ああまあいいかな、アリかな、みたいな感じでティナーシャの心を手繰り寄せる、みたいな真似をここではオスカー、一切しないのですよ。
対外的には、自分こいつと結婚するから、と堂々と諸外国に向けてまで宣言してるくせに。
そして、ティナーシャを訪ねてきたルスト王子も、妨害せずに二人での対面を許して放置。敢えて、自分以外の男に求婚させて、色々と意識させて、ティナーシャが断るのを泰然として待つ、姿勢である。アンタちょっと前にアルスと噂になっただけでメッチャ殺気立ってたのに、というか直前でルスト王子には直接食らわしかねない剣呑な態度示してたくせに、ですよ。

もう、こっからのオスカーさんと来たら、じっくりコトコトと煮込むように本腰を入れてティナーシャとの関係を推し進めていくんですよね。いや煮込んでいく、というのが一番相応しいような。敢えて急がず、ティナーシャ自身の意識や感情が変化し染め上がっていくのを、火加減を確かめたり時折かき混ぜるような感じで、完成へと導いていくのであります。後半のティナーシャさん、殆ど自覚なしにオスカーとのスキンシップが加速度的に過剰になっていくんですよ、自覚なく! 無意識に! どんどんそれが当たり前になってく感じで!
とはいえ、あの洞窟の一件ではオスカー、自分から仕掛けたくせに自分でテレてしまって泳ぎに行ってしまうの、カワイイ所なんですけどねえ。珍しく年相応の若さを見せてくれたというか。
そんな機微をまったく察しないポンコツ娘さんが相手なんで、オスカーもこう時にグイグイしなくちゃいけなくなっちゃうんですけどね! もう、ここでティナーシャ受け入れてる時点で、どうもこうもないはずなんだけど、この魔女はホントに!
そもそも傍から見てたら恋人同士にしか見えないイチャつきかたですよ? あんな自分から触って触られて、という距離感が普通ありますか。好きに自分の髪を男に触らせて気にしない女性が居ますかしら。オスカーの従者側からだけではなく、新たに加わったティナーシャ個人に忠誠を誓っているパイラみたいな人から見ても、もう完全に恋人モードなんですけどねえ。本人、ほんとに自覚が……。
自覚ないのに、ラナクにかつて自分がされた事を今度はオスカーにやらせるわけですよ。オスカーに傷をつけてもらう、なんてことをするわけですよ。
でもだからこそ、オスカーが呟く、かつてラナクがティナーシャに向けて誓った言葉が、まるで違う重みで聞こえてくるのです。
しかし、後半のエピソードはもうなんか、周りの状況が二人の仲を推し進めるのにワッショイワッショイ神輿担いで練り歩いてるような話が多くて、大丈夫進展してる、進展してるから。これで進展してないとか嘘だからw
最後の書き下ろしでの、寝ぼけて仕事しているオスカーの膝の上に乗っかって抱きついて寝ちゃおうとしちゃうティナーシャのこの甘ったれ感ときたらもう。これでホントにもう鈍感というか無自覚で無頓着なんですから、オスカーの苦労が偲ばれますなあ……。

1巻感想