【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 3】 ざっぽん/やすも  角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

温暖な地域の辺境ゾルタンにも、冬の寒波がやってきた。
「寒い日だからこそ来たくなるような薬でもあればいいのに」
リットのそんな提案から、レッドはかつての冒険で得た知識を駆使し新商品の開発に取りかかる。やがて、ゾルタンでは珍しい雪が降り始め、夜の林で雪を眺める2人は顔を寄せ合い温め合う―
「あなたの身体ってあったかいねぇ」
愛しい人と温もりを分かち合う2人の日常は幸せいっぱい。一方、“勇者の加護”による衝動から解き放たれる為、ルーティは暗殺者ティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かうのだが!?加護により引き離された兄妹、2人の運命が交錯する第3弾!

うげうげさん、なんなのこの子、この蜘蛛。蜘蛛なのに、人の心の機微に聡すぎる。勇者の加護に塗り潰されて殆ど機能を停止してしまっていたルーティの気持ちを察して、ティセとの間を繋ごうとするその聡明さは、もはやこのうげうげさんこそが賢者じゃないの? 賢き者じゃないの? と思えてくる。アレス? 知らないこですね。
一体あれのどこが賢者なのか真剣にわからないんですけど。賢者と書いて愚者と読むのか。賢者の加護って一体どういう方向で作用してるんだろう、かなり謎である。まあその彼も僅かながら良いこともしていて、その最たるものが暗殺者ティセを勧誘して仲間に引き入れたことなのでしょう。自分の手駒として招き入れたのに、ティセの方はアレスのこと全く眼中になかったのは苦笑してしまいましたが。ティセは普通に勇者パーティーの一員として頑張ろうとしているだけの真面目な娘だっただけなのですけど。
しかしこのティセも面白い子で、地の文の彼女の独白は雄弁というかおしゃべりというか結構頭の中では早口にいろいろなことを考えていて意外と落ち着きが無いと言うか浮ついてるところも目立つ娘なのだけれど、あれって地の文だからであって、傍から見るとだいぶ寡黙でおとなしい娘っぽいんですよね。
なので、今の勇者の加護に塗り潰されて人格が機能不全を起こしているルーティとのコンビって実は相当無言で会話のない旅だったんじゃないだろうか。
ルーティが兄であるギデオン=レッドと再会したときの様子を見ると本来のルーティとはかなり様子が違うようになっているみたいなんですけど、兄の述懐からすると元々あんまり喋る方でもなかったみたいで。ただ、感情の起伏は喋らなくてもその態度からよく見える子だったみたいですし、今のルーティの勇者の加護によって感情が押さえつけられ、体感のための様々な機能が停止してしまっている現状は本当に痛ましい。例の悪魔の加護によって勇者の加護がやや効果を落としてようやくこの状態ですからね。
こんな妹を置いていってしまったのですから、兄はもっと反省するべきですよ。勇者の加護への懸念はずっと持っていたのですから。ってか、あのアレスを信用して妹を任すとか、人を見る目がなさすぎじゃあなかろうか。
人助けという衝動から逃れられず、それどころか人を助けるために感情も削ぎ落とされ、身体の機能も改造され、人助けの装置のようになってしまう勇者という存在。ならば、その勇者を助けるのは誰なのか。
勇者ではなく、一人の少女ルーティの想いを、今まで抱えていた苦しみを悲しみを、彼女の助けを求める声を聞いたティセの、勇者を救う……いや、友達を助けるための冒険が今、はじまるのだ。って、なんかティセが主人公っぽくなってきましたよ?

ラブラブの同棲生活に突然現れた妹という小姑。これは修羅場発生か、とも期待?したのですが、その点に関してはルーティ、思ったよりも激烈な反応を示しませんでしたね。レッドが早々にリットを改めて紹介する時に結婚宣言したのも大きかったのでしょうけれど。ってかこれ、ルーティにティセがいなかったら、ルーティ本当に独りになってしまってて結構ヤバかったんじゃなかろうか。レッドくん、そのへんちゃんと考慮してただろうか。
意外と言えば、リットもまたしばらくずいぶんとおとなしかったんですよね。突然現れたルーティにどういう反応を示すのかと思ったら、しばらく距離を置く感じでしたし。ひさびさに会う兄に甘えるルーティに遠慮して、というのもあったんでしょうけれど。むしろ、ルーティの方からリットに踏み込んで自分の胸の内を明かしてきたのは意外でした。逆にリットの方から歩み寄るというか、ルーティと仲良くなろうとするかと思ってただけに。まあ以前勇者なルーティにリットは会ってるし、こてんぱんにやられてたというのもあるので、距離の詰め方に迷ってたのかもしれませんが。
ルーティ、絶対お前なんかお兄ちゃんにはふさわしくない! 的な牽制いれてくると想像していたので、ごめんなさい妹ちゃんちゃんとイイ子でしたわ。
なんとかこの可愛い妹を、加護という呪いから解き放ってやれないものか。とりあえず、本編の目的地はこの妹の解放、ということになるのかな。さすがにもう、この状態に妹を放っておいてリットとイチャイチャなんて出来ないでしょうし。

シリーズ感想