第5次聖杯戦争直前。この時期、まだエルメロイ先生は時計塔の聖杯戦争参加枠を得ようと駆けずり回ってた頃なんですよね。とは言え、当初から本人の必死さとは裏腹にまあ無理だろうね、という空気が漂っていたのですが。

というわけで、第三話はエルメロイ教室の面々をご紹介、という感じのお話で主役は教室の二枚看板、フラットくんとスヴェンくん。ちなみにApocryphaでは聖杯大戦に参加していたカウレスくんもこの世界線ではエルメロイ教室の生徒になっている。聖杯大戦の方でも、戦後にエルメロイ教室に入っているらしいけど。
そして、一人だけピンク色で色彩的に浮きまくっているイヴェット。彼女も魔眼蒐集列車編では中核となって動くキャラなせいか、早めにここで顔見せかー。しかし、予想以上に色合いが派手すぎるw 見た目のインパクトの強烈さは、型月キャラの中でもこれ随一かもしれない。
驚いたのはルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトも、聴講生として参加していたところですか。ロード・エルメロイ鏡い了件簿シリーズでは第一作の【剥離城アドラ】にて初登場。そこでエルメロイ先生をチューターとしてご指名していたので、こうして聴講生やってるのも不思議ではないのですが……。
このシリーズでのルヴィアって、他のシリーズの彼女とはだいぶ雰囲気違ってバリバリの本格派魔術師という感じの冷酷な合理主義者なんですよね。かなり怖い感じで、強かだし頭脳もキレるし、一部の隙も見当たらないという、ほぼプリズマイリヤのルヴィアとは別人か、というくらいの。
でも、アニメでの初登場の彼女はまだ既知のルヴィアに寄せられてるのか、とりあえずその変なポーズはなんだ!?w


贔屓にしている行きつけの喫茶店がトラブルで店を閉めてしまっているために、どうにも調子がでないエルメロイ先生。ある種のルーティーンが確保されていないと、すぐにボロが出てしまうくらい繊細なのか、先生w
電装系のトラブルとなってるけれど、配電盤コードが食いちぎられているとはいえ、あんなバチバチ火花飛ばしたままじゃ危ないんじゃないのかしら。火事になるよ!? 
常連の大学の先生という体で、ネズミの仕業と目される(ただし調べに行った業者が行方不明になってる……ってこの時点で警察沙汰だと思うんですけどね!)原因を調べに行くために地下に潜るエルメロイ先生であった。
時計塔でロードやってる時点でも凄いんだけれど、表の世界的にもあの若さで大学のセンセイをやってると認識されてるの、偉いもんなんじゃないだろうか。
とはいえ、速攻で行方不明になる先生。いやせめてグレイは連れて行きなさいよ、弱いんだから。
案の定、心配したグレイに相談されたフラットくんとスヴェンが三人で先生の後を追うことに。

その前に、カウレスの部屋のポスターがインパクトありすぎるんですけどw フランが主役で、バベッジ卿も登場してるこのロボットアニメ、どういう作品なんだろうw

スヴェンくん、グレイたんにご執心。普段は礼儀正しく理性的なのに、グレイが絡むと途端に頭おかしくなるんですよね。若干ストーカー入っているし、実際近くによると理性が吹っ飛ぶらしい。お蔭で、エルメロイ先生からはグレイに接近禁止命令が出ているし、とうのグレイ本人からは嫌われていると誤解されているw

さて、今回の事件の犯人ともいうべきご相手の登場。典型的な魔術師なんだけれど、頭の中も典型的すぎて時代遅れになってるんですよね、この人。いや、魔術師たるもの過去への回帰こそが本道であって、そのあり方としては間違っていないのだろうけれど、とかく時代にそぐわなくなっている。現代社会との折り合いをつけないといけないのも、俗世と繋がっている時計塔の魔術師としては必須ではあるんでしょうね。その中でも現代魔術科というのは過去ではなく現在に重きをおいているという意味でも魔術師としては異端的であるから、ほかからは軽侮されているのだけれど……。
エルメロイ先生が特に一部から蛇蝎のごとく嫌われているのは、秘匿こそが根幹にある魔術に関する情報を、この人ったら傍から見ただけで分析して詳細に暴き出しちゃうからなんですよね。魔術大系そのものを殺す魔術師、というと大げさなんだろうけれど。

あれ、グルドア卿への告発状なのか逮捕状なのか。先生の突き出した紙面にあるサインにゴルドルフ氏のサインがあるらしい。連行されていく際に確かにゴルドルフ氏の若かりし頃の横顔が映っているので、マジなのか。あの人、以前は法政科に居たと言ってたけど仕事してたのか。

解決の際に、決め台詞じゃないけれど、先生が征服王の台詞を持ち出すの、なんかいいなあ。


さて、Cパートでは事件が解決して店を再会した喫茶店にて、解決のお祝いとそれに合わせてルヴィアとライネスがお話に。
ってか、イギリスでご飯が美味しい店ってそれは確かに貴重ですし、無いと困りますよねえ。
そして、ルヴィアから知らされる、聖杯戦争の協会参加枠の2つがすでに締め切られたとのご報告が。
このとき、協会参加枠を手にしたのは例のあの二人となっております。バゼットさんについては結局先生は面識なかったんだっけか。でも、アトラム・ガリアスタはこの時点では既に知己を得ているんだったっけか。双貌塔イゼルマで出会っているわけだし。なんでか、アトラムには気に入られてるんでしたよね、先生。