【迷宮の王 2.勇者誕生】 支援BIS/目黒 詔子  レジェンドノベルス

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ミノタウロス討伐の勅命を受けた騎士パンゼル。あと一撃でミノタウロスを葬り去れるはずだったが、思わぬ事態が発生し、勝負はお預けとなった。そしてパンゼルは、自身を育ててくれたメルクリウス家と王国の危機を救うため、サザードン迷宮を後にするのだった。
それから幾年月。ミノタウロスは未だ迷宮の奥深くに健在で、モンスターや時折訪れる人間の冒険者と戦っては、おのれの技量をひたすら磨き続けていた。そんな折、メルクリウス家から一人の少年が修行の旅に出た。豪雪吹雪く雪原や山脈、海の神殿など王国とはかけ離れた世界を見分し、想像を絶する要害を潜り抜け、見たこともないモンスターと戦い、様々な人たちと巡り合いながら、少年は成長していくのだった。
少年の名はザーラといった。誰あろう、英雄パンゼルの息子である。

ハイ・ファンタジーとは斯く在りき。
英雄を謳う物語が、この世界には古くから各地に存在する。英雄叙事詩、エッダ詩やサガといった類のものだ。【イーリアス】や【オデュッセイア】。【ニーベルンゲンの歌】などに代表されるように、英雄と呼ばれる人間たちの壮烈な戦いの人生を、勇壮な冒険を語り継ぐために記した詩である。
この作者が手掛ける英雄譚は、まさにそんな古く伝説的な英雄を語る詩にもっとも近しい、現代に蘇った叙事小説、サーガと呼ぶに相応しい作品だと思うのです。
ザーラという英雄の息子が、その旅立ちから経験していく幾つもの冒険、成し遂げていく幾つもの偉業、神代と人の時代の境界を跨いでいき、そしてかけがえのない人々との出会いの物語が語られていく様子は、描かれていく様子はこの国で描かれてきた代表的なファンタジーの描き方であるRPG風の、或いはTRPG風のそれとはどこか異なっている。
それはこの巻における主人公であるザーラが、読者自身の手によって動かす存在でも、自分を照らし合わせてみるアバターでもないからでしょう。作者からも読者からも、主人公が主人公としてキャラの個を確立させている作品とも少し違っている。
この作品そのものが、英雄の事績を謳うものであり、読者はその輝かしい偉業に、壮烈な運命に聞き入る聴衆であるのではないか。一人の勇者の伝説が生まれていくのを、目の当たりにしている目撃者であり観測者であり証言者なのだと。
だからこそ、本作は小説である以上に語り継ぐ伝説なのである。韻文詩ではないとはいえ、それを想起させてくれる一定の淡々としたリズムによって語られ紡がれる文章はまさに英雄叙事詩であり、本邦においてもっとも新しく本格的なヒロイックサーガなのでしょう。
ザーラの冒険は、そんな原初に近しい英雄の活躍へのワクワク感をもたらしてくれると同時に、彼が見聞きする新しい世界に、まったく未知の現象に、血のたぎるような戦いに、心躍らせてくれるのです。また、運命の少女との出会い、信頼できる仲間たちのただ一度の愉快で楽しい旅路が、遠い神代からの残り香との邂逅が、人と人とのつながりの偉大さを教えてくれる。
そして、仇敵たるリガ公爵家との、幾代もの世代を経た因縁と、それにまつわる様々な家と人との因果が、途方も無い歴史の壮大さを感じさせてくれる。
ザーラの冒険は、そんな神代の名残を示していて、歴史の流れのもっとも突端に位置し、過去の流れの、人々が次世代に託した願いや想いすべてが集まっていく収束点そのものだ。この運命のうねりの壮大さを感じることが出来るだろうか、その大いなる流れが収束し突き抜けていくことの美しさを見ることが出来るだろうか。
伝説とは、このように産まれていくのだと目の当たりにしている感動が伝わるだろうか。
そして、その点を超えた先に、迷宮の王が待ってる。英雄の到達を、自分を倒す偉大なる敵をずっとずっと待っている。

ゴンドナとヒマトラ、ボランテという軽妙で愉快な冒険者たちとの激闘の旅も、あの三人のあっけらかんとしたキャラクターもあってほんと楽しかったけれど、その前のナーリリアと出会う事件も面白かったなあ。彼女のポンコツさは、何とも愛嬌があってホント好き。あれは周囲の人たちからも愛されてたんだろうな、というのがよく分かる。彼女との出会いが、思えば先々にわたる様々な出来事や邂逅へのきっかけだったんですよねえ。
彼女の再登場はあったのか、ウェブ版は昔読んだのだけれど忘れてしまったなあ。でも、忘れているが故にまた心から楽しめるということもあるのですよね。そう思えば、とても幸いなことであります。

1巻感想