残暑も厳しい9月ももう後半。というわけで、9月の下半期注目作品がこれらです。



Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て】 古宮 九時(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

表紙絵ーーー!! 万感の情景であると同時にすべての始まりでもある急転直下の第三巻。ここがクライマックスでありここが起点でもある、というところについに辿り着いてしまうわけだけれど、結婚しないよ!! とあれだけ言い張ってたティナーシャさん、なにか言いたいことはありますか?
なんかポルナレフの名セリフみたいな言い訳するんだよね、この人w




【プロペラオペラ】 犬村小六(ガガガ文庫)

Amazon Kindle
犬村さんの新作は、飛行士シリーズに立ち戻ったかのごとき空戦モノ……と、思いきやこれ飛行艦船同士の艦隊戦っぽいんですよね。飛行士シリーズでは弩級の艦隊決戦もふんだんに描かれてましたし、これは期待大。
モデルも夜想曲みたいに大日本帝国みたいなのですが、美少女皇族艦長とその幼馴染の参謀主人公というある意味あざとい、あざとい。主人公たちが乗り込む船も、戦艦の類ではなく重雷装飛行駆逐艦、というそれ一発くらったらボカチンな奴やん! という切込み上等な艦なので戦闘シーンもスリリングでド派手になりそう。


【異世界拷問姫 8】 綾里けいし(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W
待って、待って。ジャンヌとイザベラのこの構図、第六巻の表紙絵のカイトとヒナのそれとそっくりなんですけど。
それだけで、なんかもう泣きそうになるんですけど。
カイトとヒナが命をとして守ったこの世界は、今虚しく踏み躙られ世界から価値そのものが失われていく。その果てに、かつて手を取り合った仲間たちと今譲れないもののために拷問姫は再び刃を交えることに。それはそれとして、もうジャンヌとイザベラは夫婦決定なんですね、完全百合夫婦。


【魔弾の王と凍漣の雪姫 4】 川口士(ダッシュエックス文庫)

Amazon
【魔弾の王と聖泉の双紋剣】 瀬尾 つかさ (ダッシュエックス文庫)

Amazon
ミラがメインヒロインの再編新シリーズ【凍漣の雪姫】に合わせて、作者が瀬尾つかささんが手掛ける【聖泉の双紋剣】シリーズも新たに開始という、なにこれシェアワールド化するの!?
しかも、瀬尾さんの作品の方もこれスピンオフじゃなくて、メインヒロインをまた別の娘が担ってのまったく別の世界線のお話、ということになるっぽいんですよね、あらすじ見てると。
そして、こっちのシリーズのヒロインはまさかのリムアリーシャ。それも、サーシャの双剣竜具「煌炎」バルグレンを継いだ戦姫バージョンっぽいんですよね。前作ではバルグレンに選ばれながらもリムから拒否ったアレであります。一巻始まった当初はまだエレンの副官で竜具とはさっぱり関係ないようなのですけど。
これはホントどういうストーリーになるのかさっぱり読めず、シリーズそのものもどう展開していくのか。いずれにしても、これはシェアワールドを拡大していくということなのでしょうか。かなりそれは楽しみですわー。