【今昔百鬼拾遺 鬼】 京極 夏彦 講談社タイガ

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「先祖代代、片倉の女は殺される定めだとか。しかも斬り殺されるんだという話でした」
昭和29年3月、駒沢野球場周辺で発生した連続通り魔・「昭和の辻斬り事件」。七人目の被害者・片倉ハル子は自らの死を予見するような発言をしていた。ハル子の友人・呉美由紀から相談を受けた「稀譚月報」記者・中禅寺敦子は、怪異と見える事件に不審を覚え解明に乗り出す。百鬼夜行シリーズ最新作。
京極堂シリーズ、あるいは百鬼夜行シリーズか。京極堂と呼ばれる古書店店長を探偵役とした傑作ミステリー。そのスピンオフである【今昔百鬼拾遺】が三作、なぜか全部違う出版社から出まして。角川文庫の河童、新潮文庫の天狗、そしてこの講談社タイガからの「鬼」であります。
時系列的にどうやらこの「鬼」が一番最初らしく、河童よみはじめたところで引き返してこの「鬼」を読み始めた次第。本編のメインメンバーである中禅寺秋彦や関口先生といった面々はお休みで、本作は中禅寺秋彦の妹である敦子と、【絡新婦の理】に登場した女学生である呉美由紀が主人公となって描かれる。
戦後すぐに女性雑誌記者として活躍する敦子は、本編では快活で活発聡明な若い女性として描かれているのだけれど、この作品では周りにもっと年若い女学生たちが登場するせいかどこか落ち着いた女性として描かれてるんですよね。
もっとも、本人からすると若い女性特有のキャッキャとした女の子らしさとは無縁どころか苦手としていた、と述べているので落ち着いているというよりもアッちゃんからすると冷めていると自嘲しているのかもしれない。
兄貴たちと同世代以上の男どもからすると、妹キャラなアッちゃんは元気で才気煥発としたイキイキとした女性に見えるかも知れないけれど、彼女自身が主人公となってその内面が描かれると結構この娘もジメッと湿ってるところがあるんですよね。意外とコンプレックスも抱えているのか、自分ではあまり明るい性格ではないと思っているのか。作品の雰囲気自体どこか湿った雰囲気があるのは、敦子自体がどこかネガティブなちょっと気鬱な気分を催しているからなのかもしれない。今回はあの無理やり空気をネアカにしてしまう榎木津探偵はいらっしゃらないわけですしねえ。

そんな敦子に、美由紀から持ち込まれた相談は友人となった少女が辻斬りに斬り殺された事件のこと。ただの無差別辻斬り事件と思われたこの事件が、どうやら殺された少女の血統に刻まれた因縁が絡んでいるものらしい、という事が明らかになっていくことで現在逮捕されている男の容疑が怪しくなっていくのである。そして、その因縁とは「鬼」と呼ばれる存在と人斬りに使われた刀が関わってきて、と。表題の鬼へと繋がっていくわけですが……鬼ってその鬼かーー!!
妖怪「鬼」についてはすでに以前にうんちく語られたんでしたっけか。そもそも今回は京極堂当人は登場しないので、妖怪についてあれこれと薀蓄語ってくれる人はいないのですが、彼が敦子に語った「鬼とはないもの」、存在しないのではなく「無い」というものだという話が、最終的にこの「鬼」の話を締めくくる肝となるのですが、まずその前にここで事件に絡んでくる鬼の因縁、鬼の刀の「鬼」って妖怪の鬼じゃないですよね。
えーー、そっちかよ! と思いましたがな。新選組鬼の副長である土方歳三である。鬼の副長って、この時代……戦後すぐ昭和二十年代終盤で語られてたんだろうか。そもそも、当時の頃からそういうふうに言われてたんですかね。
現在の新選組人気の端緒となるのはやはり司馬遼太郎大先生の【燃えよ剣】あたりから、になるのでしょうけれど、作中で語られているのはみんな新選組というと、ああ鞍馬天狗の敵役?みたいな反応なんですよねえ。自分、鞍馬天狗が勤王志士って設定自体知らんかったですわー。そもそも、今の若い人たちは鞍馬天狗って名前自体知っているのかどうか。四十路の自分だって、直接見たことないですよ!? 
すでに自白している宇野という青年が犯人と固まりそうなところで、どうにも状況に違和があると引っかかっていた刑事の賀川に、敦子が情報提供のために接触したことでお互いの情報が擦り合わされることで新たな真実と新たな謎が生まれて、徐々に事件の、鬼の因縁の全体像が明らかになっていくところは、久々に京極堂シリーズを読んでるなー、という実感が得られて実に楽しかった。
ただ、いつもの明快な敦子さんと違って今回のどこかジメッとした敦子さんは話が回りくどいというか迂遠というか、もっとズバリと切り込んでもいいだろうというところで妙に話が回り道するあたりがあんまりらしくなかった感じはあるんですよね。
その分、若い呉美由紀さんがガンガン押し込んでくれた感はあるんですが。この娘、絡新婦の理に出てた娘というのは前述したのですけれど、正直殆ど覚えてなかったんですがなかなか面白い娘ですよね。一連の事件で鍛造されてしまったのか、事件で自分がやれなかったことへの後悔がいい方向に彼女を強くしたというのか。
ラストの事件の関係者たちへの啖呵は、実に見事なものでありました。言葉の伝え方、というものに関して敦子の兄である中禅寺秋彦のそれにかなり感銘を受けていて、あの人のようなとまでは言わないまでも、事件のときに上手く伝えられなかった後悔を、自分なりに上手く言葉で伝えられるようになりたい、と憧れめいたものを抱いていたっぽい美由紀さんですけれど、ラストの啖呵については敦子曰く、兄よりも探偵さんの影響が濃い気がした、という評価には思わず苦笑。美由紀さん本人も、「私、あんなですかぁ」って仰ってまあ。あんなってw いやまあ、榎木津探偵はどこからどうみても「あんな」ですけどねえ。
他の二作でも敦子と美由紀の二人がメインで出張るようで、引き続き近いうちに読破予定。

京極夏彦作品感想