やばい、曲世愛の名前が出てきたシーン、原作小説読んで内容知っているにも関わらず鳥肌立ってしまった。
あのグワングワンと自分の見ている世界が歪んで行くような感覚、本当にヤバい。

前回女との取り調べで議論になっていた、異なる価値観との相対。たとえ異なる価値観だろうと認めるべきだ、と当たり前の感覚で述べていた正崎検事だけれど、彼女はまさにこの事を俎上に載せていたんですよね。
すなわち、死ぬ自由を認めるべきか。

正直、この時点では自殺法なんて世間にも受け入れられる余地はないのです。それよりも、こんな法律を施行しようとする齋開花を果たして罪に問えるのか、犯罪として立件できるのか。検事としての正崎、そして検察としてはそこが焦点となっていき、野丸たち政治家の方は国民の代表者としての立場から、世界を革命……人類の価値観を根底からひっくり返そうとしている齋に相対することになるのですが……。
あの二話での取り調べシーンからすると、公開討論会の場面も相当期待できそうなんですよね。

そしてやはり秀逸なのが、女・female・曲世愛という存在の描き方。今回なんぞ、一瞬しか登場していないにも関わらず、その一瞬正崎検事と目があったシーンだけでゾゾゾと背筋が泡立つような悍ましさを感じさせる、あの存在感。

曲世愛という存在をどれだけ描ききれるか、というのが本作の肝にあたる部分だったと思うのですけれど、満願回答なんじゃないですかこれ?
まさに、これぞバビロンの大淫婦。誰だ、殺生院キアラとか言ったやつw