ここから第2巻「―死―」のパートへ。何気に三話で一巻まるごと進めてるんですよね。あの質量に対して恐ろしいほどのハイペースのはずなんだけれど、小説読了済みの自分としても殆ど違和感なく見られているの凄い気がする。

いや、小説だと一巻の終わりであの衝撃的な64人の同時飛び降り自殺に曲世愛という悍ましい存在の確立という衝撃に、2巻から一体どうなってしまうんだ、という感想だったわけですよ。異能力バトルがはじまる、とまでは行かないまでも一巻の検察の捜査を主体とした物語とは全く様相が異なったモノになるのでは、と予想していたところではじまったのが

自殺法を制定した齋開花を罪に問えるのか、という観点を主題とした社会小説へと引き続き移行されたのは結構な驚きだったんですよね。
自殺は果たして、悪いことなのか。瀬黒事務次官が思わずこぼしたように、まさに自らを殺すことの是非が問われることになってくるのです。
現段階では世論調査でもわずか数%しか肯定派はおらず、拒絶感は大きなものになっている。しかし一方で法的にはこの自殺法、ひいては齋開花を罪に問うことは難しい。なにより、自殺を取り締まることは果たして可能なのか。
法務省、検察庁、警視庁を跨いだ一人ひとりが名うてで叩き上げの捜査員たち。アニメでは詳しく説明はされていないのですけれど、全員があの九字院に引けを取らない曲者たちで組織の枠に囚われないオオカミたち、という来歴なんですよね。首輪をつけられた犬の群れではなく、上からの軛を受けないものとして正崎が集めた組織から独立した狼の群れ、それがこの機密捜査班なのです。
なので、アニメではもうちょっとパリッとした歴戦の部隊感をもうちょっと出してくれても良かったんじゃないかな、とは思ったり。
しかし、この精鋭たちを率いて正崎は、齋開花のレトリックに立ち向かうのであります。

あの自分の父親が自殺しようとしている、助けてください、と訴える子供の動画。あれは現時点では自殺法を悪と見なし、正崎検事が自殺法許すまじと拳を握る原動力となる要素であるのですが、のちのち凄まじい意味を持ってくるのでこの動画とあの子の事は覚えておいてほしい。

そして、ヒロイン登場とばかりの瀬黒事務次官の舞台への登壇。一応、彼女が瀬黒事務次官の娘という履歴の持ち主なのは、彼女が曲世愛のまた違う姿なのでは、という疑いを晴らすためのアリバイでもあるはず。アニメだと声も違っていますしね。しかし、想像以上の美人さんでちょっと動揺中。
ちなみに、正崎検事は妻子持ちなので。全然家に帰れず家庭を蔑ろにしているように見えてしまいますが、アニメでは顔も声も描写されない奥さんですけど、小説では家庭円満で理解者であり仲の良い夫婦であることが描かれていたはず、確か。三巻あたりでは正崎家の家庭の様子描かれてなかったのでどうなってるのかわかんないのですけど。

野丸さん、政治家として堂々と齋開花を叩き潰す所存でありますが、こっからがまた想像を上回る形で度肝を抜かれる正面突破の展開になるんですよね。というわけで、次回がまた楽しみすぎる。
しかしこれ、この調子だとアニメで第三巻のところまで行っちゃうのだろうか。ぶっちゃけ、アニメがどこでどういう形で終わるのかがさっぱり想像つかないんだけど。