【暗黒騎士様といっしょ! 3.嘘つきは恋泥棒の始まり】 笹木 さくま/乾 和音(artumph) ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「アルバよ、ワシの恋人になってくれ」―暗黒騎士一行は迷宮の第三階層まで進んだはいいものの、新種や突然変異のモンスターが出現したため攻略難易度が跳ね上がり、先行きに不安を募らせていた。そんな時のガーネットの告白に盛大に動揺するアルバとルーファ。なんでも彼女に冒険者を辞めさせるため結婚話が持ち上がったという。大事な仲間の危機に、アルバは上手く恋人役を務められるのか―!?暗雲渦巻く伝説の暗黒騎士の新たな伝説、第三幕!

ガーネット、殆ど喋らないアルバとなんであんなにも意思疎通できるのかと思ったら、ガーネットパパが同じく極めて無口なタイプだったのか。ちゃんと根拠というか理由があったのね。てっきり、特に理由もなく以心伝心なんだぜ、なのかと思ってた。ガーネットがしっかり者の気遣い上手というキャラ付だけで多少読心が出来ても変じゃないよね、と思わせてくれる人徳の持ち主でもあっただけに。
だからこそ、アルバみたいな迂闊者というか世間知らずというか色々と鈍い青年にはガーネットみたいなしっかり者がお似合いだと思うんですよね。時代は常に姉さん女房が至上なんですよ。
ただガーネットの場合本気でアルバに対しては恋愛感情はないっぽいんですよね。好意は多分にある、それこそ仲間に対する信頼以上に大きな親愛を抱いているのは確か。多分だけど、何らかの理由でアルバと結婚しなくてはいけなくなったとしても、なんの文句もなくそれを受けるだろうしきっと円満な夫婦生活を送れるだろう、というくらいには好意を抱いていると思うんですよね。いつか自然と愛情へと変わるだけの好意が。でも、それは恋ではないんですよね。
自分はだから、こんなガーネットだからこそ、本気で恋をしてしまう、恋に落ちてしまう姿が見てみたくもあったのです。ただ残念ながら、婚約者候補との顔合わせで色々とトラブル騒動はあったにも関わらず、終わってみたらガーネットもう平常運転で、特にドキドキしている様子もなかったのでそれがなんとももったいなく。いや、軽々と浮つかないのがガーネットらしさなだけにそれでこそ、ではあるんですけれど。その彼女を揺るがすだけの何かが今の段階ではまだ無い、というのがいささかもどかしくもあるのです。

さて、ルーファとガーネットがアルバとともにダンジョンの最下層を目指す原因であった災厄の目覚めの前兆がどんどん顕著となっていき、現状維持のためにルーファの妨害を続けていた皇帝が自ら出馬してアルバたちの前に立ちふさがる事態に。
ルーファが語っていたような現実を無視して既得権益にしがみつき、それを邪魔する輩を排除しようとする害悪、というわけではなくちゃんと皇帝陛下は陛下で状況を正確に把握し、娘であるルーファを気遣っていた、というのはわかってよかったんだけれど……。
いやでも結局、対処を諦めて安楽死上等みたいな諦観に落ち着いたってるのって、やっぱりアウトじゃないんですかね!? この人も為政者として決して無能ではないんだろうけど、割り切り方がシビアすぎる上にそこに情が深く絡んじゃってるあたり、国家元首とか向いてないんじゃないかい!?
完全に権力に対して倦んでる傾向があるし!
ダンジョンを抱える国家を統べる責任者として、個人としても強くないと皇帝継げない、というシステムがなにげに脳筋すぎてダメだったんじゃないのか、これ?
いやまあ一番強い人でも、どうしようもない事態になってもじたばた最後まであがき続ける、というスタイルの人もいるだろうし、一概に国で一番偉いやつになるにはパワー重視! じゃダメってわけじゃないんだろうけどさ。
皇帝位の継承についての宣言、グダグダやっているよりはよっぽどマシではあるんだけれど、自分自身で大鉈奮って国家体制を一纏めにする選択を見事に放り投げて後は任せた、になっているあたりわりとなんともはや、な感じである。まあ、自分では出来ないという自覚あってのことだろうし、最有力候補なルーファをあえて指名してしまえば、彼女が文字通り親族姉妹を粛清しまくる血塗られた道を歩む羽目になってしまうだけに、それを選べなかったというのがあるんだろうけど。
まあそういう難しい問題関係ないアルバからすれば、最下層まで到達して真実を確かめる、というシンプルな目標に邁進すればいいだけなので、ただ頑張ればいいんでしょうけどね。それで取り返しのつかない立場に追いやられても、どうせ彼には何も出来ないんですし。ただルーファにもあんまり期待できないだけに、色々と面倒はフォローはやっぱりガーネット頼りになってしまう気がするぞ。

シリーズ感想