上半期の記事ですよー


去年の記事ですよー



ヤバいなー、あんまり新規開拓出来ていない。というのも、既にブックマークしている作品の連載更新を追うだけでも結構な量になるし、書籍の方も積んでしまっている分をどんどん消化していきたい、というのもあるので気楽に手を出しづらい面があるのです。
というわけで、ちょびちょびとになりますが、こんな感じで。


<小説家になろう>から


斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!】 (巽未頼)

これも連載開始当初から読んでいたのだけれど、今年に入って特に面白くなってきたのでピックアップ。元医師の転生者として戦国時代の医療改革に努めつつ、同時に戦国大名斎藤義龍としての立場を見事に両立させてるこの主人公。時代の先駆者としてリーダーシップを取りながら、同時に義弟の信長をうまいこと守り立ててもいるんですね。ここで畿内に大きな影響力を持つ三好長慶とも対立ではない方向性を導き出した展開は非常に面白く感じたんですよね。配下もちゃんと美濃の国衆ベースなのも好印象。人間関係の描き方もとても好みで、織田信秀と斎藤道三の親父コンビもいい味出してるんですよね。今連載している戦国モノでは政戦の巧妙さにキャラ描写、現代知識の導入の仕方にバランスが取れていて、読み応えのある良作ではないでしょうか。
意外なんですが、最新話あたりで1560年。桶狭間合戦の年なんですよね。初動が早いと天下の動勢ってこんな風な景色になるのか……。



狩猟騎士の右筆 〜魔術を使えない文官は世界で唯一の錬金術士?〜 】(のらふくろう)


【予言の経済学 〜巫女姫と転生商人の異世界災害対策〜】の「のらふくろう」さんの新シリーズは再びのファンタジー世界。だけれど、随分と人間の生存権が限定されていて、都市の社会構造が生存目的のためにいびつになった世界なんですよね。簡単に言うと、食料を確保する騎士の権限が異様に強く、政経を司る文官の地位が低い世界というところ。そしてファンタジーにも関わらず、相変わらずSF志向が非常に強い作者さんで。その科学的要素も世界の構造とそれを実証応用するための科学実験に比重が置かれているのが、らしいというかなんというか。その分、ストーリー展開のダイナミックさには欠けて地味な検証が続くのですが、他国からの陰謀に国内の騎士派閥の横暴と内乱の気配に対して、主人公による平民層の地位上昇の牽引、王家への権力集中などが図られ、じりじりと面白い展開を広げてってるんですよね。主人公は無頓着なのですが、地位の低い文官である主人公の地位をなんとか引っ張り上げて自分と釣り合ってほしい姫様のやきもきしてる所がまた可愛いのがズルいw



百万回転生した俺は、平和な世界でも油断しない】 (稲荷竜)

前回の記事でも紹介した本作ですけれど、完結したのも加味して改めてご紹介。
ってか、自分にとっては人生観を揺さぶられるような衝撃作だったんですよね。
百万回転生した経験のある一人の男の、結局何も起こらない平凡な人生を描いた、生まれてから死ぬまでを描いた日常の物語なんですけど、凄まじく「刺さる」内容だったですよね。
お前は俺か! と思わず思ってしまうような考え方、思想、生きる上での心構えというか俗な思考パターン。共感性がとんでもなかったんですよ。
そして描かれるのは家族とのことであり、友だちとのこと。仕事なんかもちゃんと就職してしているのだけれど、そちらは殆ど描かれなかったんですよね。多分、仕事については職業によって語るべき内容が異なってくるけれど、家族とのことや友人とのことは誰でも共感できることだったからじゃないかな。
特に自分なんかは子供はいないけれど、老親がいるだけにもう胸にくるものが本当に多くて。若く元気だった両親が自分が成長しおとなになり老いて行くにつれて、親もまた老いていくのが……。
自分の結婚。憧れだった幼馴染のお姉さんが結婚したり、自分に子供が生まれたり、その娘が恋人を連れてきたり。それは当たり前の日常シーンであるのだけれど、日常の一幕だからこそむちゃくちゃくるものがあったわけです。それは主人公がおとなになり、自分と同世代になり、さらに老人となっていく過程でどんどん痛切になっていくんですよね。特別なことは何も起こらない。予想外のハプニングは、事故や急な病で親しい人が突然なくなったり、という理不尽な展開はないのですけれど、順当に周りの人たちは自分と一緒に老いていって、その中で順当に亡くなっていく。それは幸せな一生で、常に理不尽な死によって人生を終わらせられてきた主人公にとって望むべき人生で。
振り返って、自分の人生を鑑みてしまうんですよね。四十路を超えた自分だからこそ、余計に刺さるものがあったのかもしれません。若い人たちはまた捉え方も違うのかな。
ともあれ、本年において一番心揺さぶられ、胸を締め付けられた一作でありました。


魔法自衛隊1964…雲の桂冠…】(秋山完)

カクヨム版
面白かったウェブ小説ピックアップ! と銘打ちながら、実のところ自分、この作品読んでません。
というのも、書籍化した時にまっさらな形で読みたいから。書籍化とか全然決まってるなどと話は出てないのですけど、でもだってもし出たらと思うと読みたいけど読めない、読めない!
作者さまのお名前見てくださいよ。秋山完先生ですよ!? 秋山完先生! これ知った時はマジで!? とひっくり返りました。 往年の名SF作家。【ペリペティアの福音】や【吹け、南の風】の秋山先生ですよ?
この人の新作読めるとか、「小説家になろう」や「カクヨム」というフィールドの確かな価値を感じでしまいます。シリーズも三期に突入。
読めない、読むの勿体ない。なのでせめて本が本として出るまでは……とか思ってるのですけれど、タイミングさえ合ってしまえば、多分読み始めちゃうと思うんですよね。