【この素晴らしい世界に祝福を! よりみち!】 暁 なつめ/三嶋 くろね 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

謎の連続爆発事件の容疑者にされためぐみんが真犯人を捜し出す!!―『アクセルの爆裂探偵』。アクセルの街で世直しを繰り返すも、ことごとくアクア達に邪魔されるクリスのお話。―『世にも幸運な銀髪少女』。視察にやってきた冒険者ギルドの上層部が、カズマ達を名指しで呼び出し!?―『アクセルの問題児達』…アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」Blu‐ray&DVD特典小説に、書き下ろしを追加したシリーズ初の短編集!本編からのよりみち―文庫未収録の全8編!

今までのも短編集みたいなものもあったんじゃね? と、思ったら特典小説などを集めたものなのか。
表紙のめぐみん、胸元緩めでなんかエロい娘さんになっちゃって。

「アクセルのアークプリースト」
まだダクネスがララティーナだと知られてない頃のお話でした。最近、貴族としての権力を振るうことに躊躇なくなってきたダクネスだけど、初期からわりと図らずにして結果的にですが貴族の地位振りかざしてしまっているのがよくわかる。
あとこの国の貴族はまともな奴いないのか!? まともに見えても死後に正体を晒してしまうゆるさw

「アクセルの爆裂探偵」
街の周辺で頻発する無差別爆発事件の犯人として疑われてしまうめぐみん。真犯人を探して捜査していくうちにどんどん明らかになる、めぐみんの街での凶状。狂犬か! こいつの場合だけは、誤認逮捕でも捕まえていいんじゃないかしら? 特例で許されると思うぞ!?


「守りたいクルセイダー」
ダクネス、呪いによって弱体化、筋力低下でひ弱でか弱い女性になってしまうの巻。タイトル通り、弱くなったダクネスはどこか儚い深窓の令嬢のような趣きになってしまって、男女問わず異様に庇護欲を掻き立てられる女性になってしまう。何気に、本作でもっともヒロイン力が高いキャラってこの弱体化ララティーナさまなんじゃないだろうか、というくらい真ヒロインの風格が。実際かわいい。
ただ、自分でもちやほやされる事に若干味をしめてるあたりがダクネスである。


「世にも幸運な銀髪少女」
クリスって運高めという設定だけれど、この娘が運の良い描写って特に見たこと無い気がするぞ!? だいたい、カズマたちと絡んでひどい目にあっている節があるし。この頃はまだクリスの正体がエリス様だというのがバレてなかったんか。本人えらい目にあってもなんだかんだと楽しそうなのでいいのだけど。アクアと付き合ってるくらいだからなあ、物好きだよなあエリスさまも。


「不死の王になるために」
リッチーってやっぱり骸骨ですよね、基本。フレッシュリッチーとか希少だよなあ、ウィズは。さすがにそのへんの真祖でもない野良ヴァンパイアとは不死王と張り合うの格違いとは思うけど、ムキになるあたりに大物感が欠けてしまってる。人間の頃のほうが強者感満載だったよねえ。
今のほうが愛嬌あって可愛らしいけど。

「魔王の幹部は忙しい」
おんぶ紐って、めぐみん的にはアウトなのか。いやまあ確かに実物見ると、赤ちゃん向けですね、年頃の女の子がこれで背負われてたら、恥ずかしいどころじゃないですねw
あとバニル、男の子相手にそれはさすがにアウトw ガチ討伐されかねないw


「偽物注意!」
カズマたちのパチもんパーティ襲来の件について。ダイの大冒険とかでもあったけれど、主人公パーティの安いパチもんみたいなのが現れて、詐欺みたいな真似をして回るというネタは古くからの定番だけど……本作の場合、圧倒的にカズマたちの方がパチもんっぽい!
現れた似たものパーティは、名前も普通だし在り方も真面目だし、完全にカズマたちの方が偽物! しかも、本物を真似て詐欺してそうなパチもんくさい!
と、ここまでならまだあるパターンなのかもしれないけど、本作の場合はカズマたちそのキャラこそパチもんなくせに実力だけはやたらあるもんだから、やたらややこしい事になっている。
「やたら偽物っぽいくせに実力だけは本物の、しかしやってる事はパチもんくさい本物パーティ」という、なんだこれ。


「アクセルの問題児達」
アクセルに高レベル冒険者がたまってしまって、他の地域が手薄になってる問題w
これもう、国からお金出してサキュバス支店を各地に出店したら解決するんじゃないかな?
動こうとしない男冒険者に巻き込まれて動けなくなってる女性冒険者たちがちと不憫である。