【現実主義勇者の王国再建記 8】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

大量発生した魔物が押し寄せる「魔浪」により、中小国家の連合体である東方諸国連合は窮地に陥っていた。グラン・ケイオス帝国の女皇マリアとの会談に臨んだソーマは、その折に東方諸国連合への援軍派遣要請を受ける。要請に応じたソーマが援軍を派遣する先はラスタニア王国。そこではかつての敵、アミドニア公国から放逐された皇太子ユリウスが客将として奮戦しており…!?そして今、ユリウスと肩を並べたソーマが臣下の力を用いて、ラスタニア王国救援作戦を展開する―!革新的な異世界内政ファンタジー、第8巻!

本作はウェブ連載の方を当初から読んでいたんですけれど、連載の河岸をpixivの方に変えてからなかなか読みに行く機会がなく、折を見て読み進めてたんですけどクー君が仲間になったあたりまでで止まってたんですよね。
というわけで、ここらへんから超未読のパートなのでした。
ユリウスくん、もっと強面の武人然とした青年なのかと思ったら爽やかイケメンじゃないですかー、誰だよコイツw
という外見の涼やかな風貌はともかくとしてもユリウスくん、また立派になって。
可愛い子には旅をさせよといいますが、放逐され当て所のない旅の苦労はむしろ人間性をすり減らしそうなものなのですが、たどり着いた先の安住の地ラスタニア王国での人との出会いがこの脳筋だった皇子をこれほどまでに変えるとは。
メチャクチャ懐の深いイイ男になってるし、マジで見違えているのですけれど。でも別人というわけじゃなくて、人としての器が拡張されて情熱の向ける方向が変わり、見識も広がり余裕が生まれ、一回り大きくなった姿としてちゃんと連続性を持った積み重ねの結果、という感じで今のユリウスになっているように見えるのが安心感を覚えるんですよね。
今まで見向きもしなかった事柄についてしっかり見て考えるようになったことで、理解が生じ納得が生まれ、今までわかろうともせずわからなかった事が自分の血肉として身についていく。そんな形の成長がユリウスの中で芽生えていった結果がこれですよ。
そうすることで、理解不能であるが故に恐れと嫌悪を抱く相手であったソーマやロロアに対しても、見える姿が変わってくるわけで。王としての思想、振る舞い、方向性、ソーマが目指し体現しようとしているものが今のユリウスには理解でき、理解できるからこそ共感と敬意が生まれる。今のユリウスの目線というのは、立場は客将ですけれど完全に王のそれでもあるんですよね。軍人として、軍国の皇子としての視野と違う目線から物事が見えるようになっている。
大国の皇子であった頃より、今の小国の客人将軍である今のほうが、ソーマと対等に見える不思議さがまた面白く、かつての敵との共闘がこのような信頼、能力ではなくて在り方に対する信頼と敬意によって結ばれる、というのは熱くて大好物ですよ。
政敵であり、お互いに排除しあおうと敵対までしたユリウスとロロアの兄妹の仲も、こうして修復されたのは感慨深い。自分、こういう致命的なまでに破綻して取り返しのつかない事になってしまった人間関係が、お互いの成長を縁にして再び大切に思いあえる関係に戻ることが出来た、というシチュエーション、めっちゃ弱いんですよね。二度と戻らないと思われたものが取り戻せたって、ぐっと来ませんか? なんかこう、目元熱くなっちゃうんですよねえ。

しかしまー、久々に続きを読んだ本作ですけれど、ユリウスくんを含めてあっちを見てもこっちを見ても、どこを見てもカップルだらけじゃないですかー。世代交代が順調に進んで、適齢期の若者たちが揃っているというのもあるんでしょうけれど、にわかに恋人ラッシュである。主人公とお妃候補たちの方がある程度一段落ついたから、というのもあるのでしょうけれど、ハルバートのみならず脇を固める男衆の多くが相手がいる、だけじゃなくて複数恋人候補がいる、というのはなかなか珍しいんじゃないでしょうか。自分、カップルたくさんいるの、大変大好物なのでこういうどっちを見てもカップルカップルというのはかなりウハウハでたまらんのですけどね。
ポンチョさんまでそろそろ年貢の納め時なのかー。個人的には、帝国の皇妹ジャンヌとソーマの所の宰相ハクアとの仲をどう取り纏めるのかが興味あるところ。立場的にどっちも自国離れられないのをどうアクロバットして着地させるのか。マリア女皇もこれ、結婚相手ほんとにどうするんだろう。

肝心の魔浪の方はというと、物量作戦で真正面から押しつぶす、という常道とはまた別に、ある一定以上の知能を持つ動物の特性を応用して、モンスターの生態に手を加えて大群の数を減らすのに利用する、というあたりにこの作品らしいアプローチが垣間見えるのが面白い。軍事的な戦略戦術とはまた違う観点を見せ札にした戦記物なんですよねえ、これって。
さて、次なるは同じ魔浪の脅威に直面しているチマ公国編。また今までとは異なる異才の少年にスポットが当たるようで、この子がソーマとの遭遇によってどんな形で羽ばたいていくことになるのか、楽しみ楽しみ。