【クール美女系先輩が家に泊まっていけとお泊まりを要求してきました……】 識原 佳乃/しぐれ うい アース・スターノベル

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

スミシン精機の総務課には、とんでもない化け物がいる。入社後すぐ大手他社とのアライアンスをまとめ、次に業務管理システムを刷新、そしてAIサポーターを開発。生産性を向上させ、グループ社員10万人から一人しか選ばれないCEO表彰を3年連続で受賞した才女。完璧無比の瀬能先輩だが、ほんとは天然で無邪気で甘えたがりでもあり!?クール美女・瀬能先輩と、がんばる新入社員・弓削くんの関係は…甘さと幸せいっぱいの傑作ラブコメ、スタートです!
……なにこの可愛いいきもの。あらすじにもある通り、バリバリ働くキャリアウーマンで完璧超人の瀬能先輩。傍から見ている限りは確かに「超絶」の冠をつけて過言ではないクール系美女なんだけど。
弓削くんだけに見せる隙だらけの素の顔が、もうやたらめったら可愛いのである。それも女子として可愛いというよりも、生き物として可愛いという感じ。小動物的な可愛らしさというべきか。
あざとい! 先輩があざとい!
これが後輩だったり妹的な子だったりするなら、そのあざとさにも鼻がつくものもあったかもしれませんけど、主人公の指導役であり仕事の出来る才女な先輩がぽろりと垣間見せる一面なだけに、完璧超人の新鮮な側面、或いは愛嬌や可愛げとして作用してるんですよね。指導役であり庇護役である相手にも関わらず、つい撫でたくなるような愛でたくなるような可愛らしさというのはズルいね、ズルいよね。
とはいえ、どうして初対面な弓削くんに他人には見せてなかっただろう可愛らしい顔を、あんな隙だらけの無防備さで見せてしまったのかはよくわかんないんですよね。てっきり、会社に入る以前に面識でもあったのかと思いきや、入社式が完全に初めての顔合わせだったみたいですし直接話すことになるのは弓削くんが総務課に配属されてからになるわけで。
そこから速攻で油断しまくった顔見せちゃってるんですよね。配属から三日目くらいから速攻で。歓迎会ではもうデレッデレ。いやちょっと早すぎじゃないですか? 初対面から好感度MAXじゃないですか。
確かに入社式で琴線に触れるものがあったようではあるのですけれど、それにしてもである。一目惚れではあったんでしょうけれど、それにしても可愛い系の顔を見せるのが早すぎて、クール系美女としての顔の方ほとんど見せてない気がするんだけれど。ギャップで攻めるどころか、いきなり手札全部見えちゃってる状態なんですけど。
まあここからはひたすら二人でイチャイチャしながら仕事してるだけと言えばそれだけだったような気もするのですが、瀬能先輩も新人の弓削くんも両方優秀なのでデレデレしながらお互い仕事のクオリティに関しては妥協しないので、同僚の人たちも二人のイチャイチャっぷりを歓迎して推奨して応援しているのがまたなんともはや、心地の良い職場のご様子で。
これで弓削くんが使えない新人だったりしたら、瀬能先輩も指導役としての顔をキリリと引き締めないといけないところなんだけれど、弓削くんの場合放っておいてもこれまで他人の追随を許さなかったワンマンアーミーな瀬能先輩をフォローするどころか追いつく勢いで仕事するので、その意味でも彼女は油断しまくる心の余裕があるのだろう。羨ましい限りである。
しかしここまで青信号なら、速攻でお泊りしても何の問題もなかったんじゃないだろうか。弓削くんも展開が早すぎる!なんてことは微塵も思ってなかったようだし。それだけ好意を持っていながら相手が折角押してきたのに応えなかったというのはただのヘタレになってしまうぞ。ちなみに、瀬能先輩はすでに28なのでゆっくりのんびりしている暇はあんまりないのである、実際問題w