【86―エイティシックス― Ep.4 アンダー・プレッシャー】 安里 アサト/しらび 電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

第八六独立機動打撃軍、始動。彼らの時計の針が、いま新たに動きだす――!
二人の奇跡を歯牙にもかけず。戦争は続く。ただひたすらに。

ついに運命の再会を果たしたシンとレーナ。どことなくいい雰囲気を醸し出す二人に、フレデリカとクレナは戦慄し、そして気を揉むライデンらの苦労は留まることを知らない。
しかしそんな束の間の休息を破り、レーナを作戦司令とする新部隊に初任務が下った。 共和国85区内北部、旧地下鉄ターミナル。地下深くに築かれたレギオンの拠点が、その口をあけて彼らを待つ。
そこに見えるのは闇。レギオンの、共和国の、そして彼の国が虐げた者たちの、闇。
シンとレーナ、二人の共闘を描く『Ep.4』登場!
“地の底からの呼び声が、彼らに新たな試練を告げる。”

一番懸念だった、シンとレーナの顔合わせ。声を通じてはずっとつながっていたけれど、実際に顔を合わせるのは初めてだっただけに、ギクシャクしたりそうでなくてもお互いの価値観の違いからすれ違いが生じてしまったり、というあたりを心配していたのだけれど。
そんな心配が考えすぎ、と思えてしまうくらい二人の間に流れる雰囲気は穏やかに寄り添い合うような距離感で、シンにとってもレーナにとってもそれぞれの存在が心の支え、或いは拠り所であった事実を、そのまま素直に受け入れているかのようでした。前回まで特にシンのメンタルが不安定極まりなかっただけに、レーナの存在をちゃんと受け止められるか、受け入れられるかほんと繰り返しになりますけど不安だったんですよ。まさか、こんな素直で落ち着いてて穏やかなシンエイが見れるとは思わなかった。
肝心要の二人がこんな風にとても落ち着いていたおかげで、全体としても今までで初めてと感じられるほど明るく憂いなく流れる時間がありました。
自分たちの後、レーナの傍らに居続けたシデン(思ってたのと全然キャラ違ったので驚いた!)にシンが嫉妬したり、逆にシンの隣を主張するフレデリカにレーナがもやもやしてみたり。
普通の年頃の男女みたいなやり取りを、彼らの間で見れるなんて。
まるで、未来が・将来が開けているような。戦うしか生きる術を知らなかった、自分たちを証明する手段を持たなかった86にとっても、進むべき標が得られたような。
そんな錯覚を……。

確かに、86たちにとって自分たち以外の確かなもの、信頼できる者、心も命も預けられる
人たち。優しく聡明で自分たちに心寄せてくれる特別な人達を見つける事は出来たのかもしれません。
でも、それは彼らの見ている世界にとって、ただの例外……掛け替えのない宝石のような、偶々手の中に飛び込んできた珠に過ぎなかったのでした。それ以外は、彼らにとって何も変わらない、今までと何も変わっていない。
過去もなく、未来もなく、ただ今を生きるために切り捨てていいものばかりの、呪わしき世界。諦め、期待せず、希望もなく、憎しみしか無い。そうあるべきだと心に刻んで生きている、悪しき世界。そこから、彼らは抜け出せず、抜け出そうとも思わず、むしろしがみつくようにこの世を呪って生きている。
その有り様は、まさに「少年兵」と呼ばれる現代の紛争地帯にも存在する、物心ついた頃から戦うための道具としてだけ生かされてきた子供たちの持つ傷そのものなんですよね。
たとえ彼らに手を差し伸べる人たちが現れても、その救いに来てくれた人たちを信頼し愛しても、世界そのものを無機質に憎み諦め続ける。
この物語は、決して安易に86という子どもたちを救うつもりはないのだと思い知らされたかのようだ。そんな程度で救われるほど、この子たちが負わされた傷は浅くはないのだ、易くはないのだ、その痛みは簡単なものじゃないのだ、と訴えかけるように。
覚悟を感じる。
痛みを描くことは、絶望を描くことは、心の奥底に根ざした諦観を描くことは、辛いはずなのに。この作者は、妥協せずにその傷の痛みを浮き彫りにし続けている。簡単には消しされない苦しみを、余すことなく描き出そうとしている。
彼らを、本当に救うために。彼らがお為ごかしなんかじゃなく、本当にこの世界を愛せるように。徹底して、徹底して、暴き出そうとしている。描き出そうとしている、そんな風に思うのだ。
たとえ、鮮血に塗れようとも。子どもたちと自分の撒き散らす血を頭から浴びようとも屈することなく。
その苦しみのたうち回りながら、86たちの痛みを本当の意味で消そうと足掻く者たちの尖兵として、【鮮血の女王(ブラッディー・レジーナ】は在るのだろう。
ヴラディレーナ・ミリーゼはこのとき、何と戦うべきか。何を勝ち取るべきか。何のために血に塗れるか、自らが負うべき傷と流すべき血の意味を、知ったのではないだろうか。
女王は倒すべき敵を理解した。だからこそ、彼女にこそ希望を託せる。この戦場の申し子たちを、どうか未来へ連れて行ってほしい。
どうか。どうか。