【声優ラジオのウラオモテ #01 夕陽とやすみは隠しきれない?】 二月 公/さばみぞれ 電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ギャル&地味子の放課後は、超清純派のアイドル声優!?

第26回電撃小説大賞選考会において、選考委員満場一致で2年ぶりの《大賞》を受賞!
電撃文庫が今とどけたい、青春声優エンタテインメント!

「夕陽と~」「やすみの! せーのっ!」 「「コーコーセーラジオ~!」」
偶然にも同じ高校に通う仲良し声優コンビが教室の空気をそのままお届けしちゃう、ほんわかラジオ番組がスタート!
でもパーソナリティふたりの素顔は、アイドル声優とは真逆も真逆、相性最悪なギャル×根暗地味子で!?
「……何その眩しさ。本当びっくりするぐらい普段とキャラ違うな『夕暮夕陽』、いつもの根暗はどうしたよ?」
「……あなたこそ、その頭わるそうな見た目で『歌種やすみ』の可愛い声を出すのはやめてほしいわ」
オモテは仲良し、ウラでは修羅場、収録が終われば罵倒の嵐!こんなやつとコンビなんて絶対無理、でもオンエアは待ってくれない…!
プロ根性で世界をダマせ! バレたら終わりの青春声優エンタテインメント、NOW ON AIR!!

くわーーっ、面白かった、面白かったぞ! 声優に関してはアニメ一通りみるだけにある程度は知っているけれど、個人の活動については全く追っておらず、声優ラジオというのも聞いたことはないのだけれど、そんな事関係なく滅茶苦茶面白かった。
声優業界ネタとかもあまりなく、あくまで本作は声優という仕事に全身全霊をかけて挑む若くもプロフェッショナルな少女たちの物語。
そう、この子たち。佐藤由美子と斎藤千佳は未だ高校生であっても、その意識はしっかりとプロなんですよね。その片鱗は随所に見られる。自分の仕事に誇りを抱き、より良い仕事が出来るために自身を高めることを厭わない。なかなか売れなかったり、自分の思っていることと違うことをやらされたりと決して上手くいっているわけではないし、そのことに対して思うこともあるのだけれど、凄く仕事に対して真摯で一生懸命であることは、ふたりとも変わらない。
だから、個人同士では出会いの最悪さもあって、喧嘩ばっかり。喧嘩するほど仲がいい、てなもんじゃなくて本気で相手の性格が性に合わなくて苛立ちむかつきぶつかり合う相性最悪の二人なんだけど、個人の好悪は決して仕事には持ち込まない。そのプロ意識の高さはお互い何だかんだと認めあっていて、それ以上に声優としての在り方、その仕事っぷり、意識の持ち方に対して一緒に仕事をすればするほどその姿が見えてきて、認め合っていくわけです。
嫌い同士でも認め合える。性が合わなくても、声優としての相手は尊敬できる。とことんいがみ合いながらも、同じ仕事を成功させるためなら協力し合える。
決して馴れ合わず、しかし本心からぶつかり合える同士。悪いこと間違ったことをしたら、誤魔化さずに指摘できるし、それを悪いと思ったらちゃんと謝れるし、手助けしてもらったらお礼も言える。打ち解けるわけじゃないけれど、そうやって仕事にも同僚にも背を向けない、裏切らない姿はまさにプロ。ほんと、カッコいいんだこの二人。
そして、自分たちの戦場で共に戦う者同士、緩く仲良く結ばれていく友達関係とはまた違う、火花飛び散るような信頼によって結ばれる関係。これを「戦友」というのでしょう。「ライバル」と呼ぶのでしょう。
自分が本気だからこそ、相手の本気も感じ取れる。だから、一緒に戦える。そいつの背中を追いかけられる。ああ、めちゃくちゃ熱い物語だった。

実際、全部曝け出しあったあとのラストのラジオって、それまでと段違いに面白いんですよね。
歌種やすみこと由美子のキャラクターって清純派より圧倒的に普段のギャルの方が魅力的でしたしね。ただ、気合い入れて声優モードになった時のオーラは由美子も千佳も、思わずお互い見とれてしまうものがあるだけに、二人共普段と声優の時との良いところを上手くハイブリッドして出せるようになったら、今以上にブレイクできる手応えというものを確かに感じ取れるんですよね。
特に由美子はあれ、色んな意味で頼りがいがありすぎて、あらゆる方面から慕われる大御所にゆくゆくはなってしまうんじゃなかろうか。今ですでに姐さん的な貫禄と気風の良さと気遣いの深さと速さが感じられるし。あれ、小さい頃から母のスナック手伝ってたという経歴故なんだろうか。さり気なく相手の懐入るフットワークの軽さがすごいんですよね。それでいて、自分のためじゃなくて相手のために動くし気遣いもほんと細かいので、大抵の人が心開いてしまう。千佳のお母さんとの時なんて、あまりの無造作っぷりに「え? ちょっ!?」と面食らってるうちに手慣れた様子でお世話しながら、踏み込んだ話をするに至ってましたもんね。あれは凄かった。千佳が嫉妬混じりに憧憬を覚えるのも無理ないですわ。
でも一番心震わされるのって、自分が認め尊敬する相手から、こいつは本当に凄えと思っている人から、同じかそれ以上に認められ尊敬される事なんですよね。そこに、友達ゆえの好きという感情が混ざっていないことは、嫌い同士誰よりもわかっているから、余計に刺さる。余計に伝わる。
それはとんでもなく、嬉しい。とびっきりに、痺れてしまう。
だから、一緒に戦える。だから、本気で競える。だから、全部つぎ込める。二人でなら、どこまでも行ける。
いいなあ、熱いなあ。素敵だなあ。
最高のお仕事ものであり、女の子の友情の…そう仲が悪くても嫌い同士でも結ばれる事のある友情の物語でした。
わりと綺麗にこの一巻でまとまってはいるのですけれど、ここからどんな風に話を広げていくのか次巻も楽しみ。