【監獄勇者のやり直し 2 貶められた最強の英雄は500年後の世界を自由に生きる】 瀬尾 つかさ/平井 ゆづき 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

世界を救った不死の英雄・コガネ。時代の皇帝の謀略により無実の罪で監獄城に幽閉されたコガネは、誰からも忘れ去られ、悠久の時を生きながら、500年後に脱獄を果たした―。七人の勇者の一人・聖女ミルを救い出したコガネは、次に極東の地・ホウライへと向かう。しかし、そこで知ったのは、仲間の死。不死となったはずの狩聖バハッダと聖盾ヘリウロスはどうやって死ぬことができたのか。そもそも彼らが本当に死んだのか、コガネは情報収集を行ううち、ホウライの一領主にまで昇りつめることになり!?完全×無敵の未来転生クライムファンタジー、待望の第二巻!

五百年間、孤独に為政者やってたミルさん、自由になって不死の呪いからも解き放たれて好きな人と旅する現状にウハウハなのか、やたらとテンション高いまんまで実に楽しそうでよかったですw
元々ほわほわと笑う姿が似合う柔らかい雰囲気の娘さんでしたけれど、やはり永年の孤独に蝕まれて登場時には疲れ切ったような悲壮感がありましたからね、この巻のミルは本当に伸び伸びしていて、それ以上に若干フリーダムになってて、解放感って偉大だね。
思えば、コガネも幽閉から解放されたあとはかなり自由な気風になってて、勇者真面目にやってたころの使命感とか責任感みたいなものを背負うことなく、伸び伸びとやってる風だもんなあ。
とはいえ、当時の方がコガネもミルも暴走しがちだったようですけど。この二人、七人の勇者パーティーの中じゃあ短気直情のトップ2だったわけね。何かあると状況弁えずに突っ走っちゃうのがこの二人だったのか……いや、今押さえ役がいないんですけどw
これで昔のままなら結構酷いことになってたのかもしれませんが、コガネもミルも五百年なんの成長もなく過ごしていたわけではなく、コガネは忍耐を。ミルも為政者として現実と向き合い続けたお陰で清濁併せ呑む事もいっとき堪える事もしっかり覚えたわけで。
現実と戦えるようになった五百年醸造ものの理想主義者は強いぞー。孤独に心壊れかけてたとしても、理想の難しさに心折れることだけは終ぞないまま為政者として戦い続けた本物だもんなあ。
何気にアイシャも、前世の邪竜の記憶が甦るまでは王女として育成されてきたわけで、そりゃコガネよりは政治の適正あるのでしょうね。元々頭の良いお姫様だったみたいだし。
ただ、邪竜の記憶が戻った段階で竜的な雑さの方が押しているような気が。おまけにコガネもミルもどれだけ若い頃よりも精神的に余裕が出来たと言っても元々脳筋ですからね。いざとなると、考えるよりも動け、てなもんで現在の解放感に任せた自由さでノリと勢いで行っちゃえーってな所があるので……ほんと、抑え役がいねえ。
他の勇者たちって賢者とか魔法使いとか密偵とか、知恵者で思慮深くハラグロで、とかくちゃんと手綱を握って突っ走るコガネたちに方向性をちゃんと与えてくれる人たちだったようで、そういう人たちがおらずにコガネ、ミル、アイシャの三人でパーティー組んでるのって他の仲間たちの話や当時の自分たちのやらかしっぷりを語られれば語られるほど、今ヤバいんじゃないの? という危機感が。
でも、コガネたちこうして振り返って語れているように、今となっては自分たちの欠点や至らない所はちゃんと理解して反省もして、五百年の蓄積で手綱抑える部分というのはちゃんともうわかってるんですよね。
基本イケイケドンドンでありながら、我慢する所立ち止まるところ根回しする所などきっちり見極めて、ちゃんと自分たちで自制しているので、今は二人にアイシャをプラスというパーティーだけど、なんとか彼らだけでやっていけるくらいには練れてるんですよねえ。
ただ、問題がややこしくなると難しいこと考えるの俺らには無理ー! と、明るくほっぽりだして突撃するのはやめれw
かつての仲間の裏切りとか、陰惨な話になってくるのかなー、とも危惧していたのですが。どうやら誰一人としてかつての仲間たち、良き友のままだったようで。それはそれで良かったなー、という話なんですけれどてっきり不死の呪いにかかった仲間たち一人一人訪ね歩いていく展開だと思っていたのですが、なんかいきなり全員の消息に辿り着いてしまったんですが。
これもう、いきなり纏めに入っちゃった!?

なんか勢いで領主の座を乗っ取ってしまい、戦国ホウライの只中に一領主として参戦するという突然戦記モノ! な展開にもちょっと驚きましたけれど、邪竜の件についても一気に畳み掛けてきて、若干急ぎ足だったかなあ、と。フーカちゃんとか、本来がっつり出番あるメイン級のヒロインだったと思うのですけれど、中盤からの突如の登場になってしまってましたし。彼女の出自の重要性からしても、じっくり交流して両親の事とか、コガネたちの事どんな風に話されていたのかとか、彼女のキャラの掘り下げも含めて、打ち解けて心通わせるのにもう少し時間欲しいところでしたし。

ふーかビームはかなり面白かっただけに、もっと勿体ぶってここぞというウケる場面で使ってほしかったぞw

続き、出せられるなら出せれそうだけど、ここで終わるならこれはこれで、というキリが良いようなそうでないような終わり方で、一応続き出るという希望は持っていてもいいのかな。
いや、邪竜の真実やアイシャがこのまま霊気を引き受けていけばどうなるのか、フーカの両親の行方は、とかまだまだ謎を置いたままだけに、終わってもらっては大変困るんですけどね!
ともあれ、ミルさんがひたすら楽しそうなのが印象的な2巻でした。