【七代勇者は謝れない 2】  串木野たんぼ/かれい GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「どーしよ。くっつくのそれ……?」

勇者の力を奪いあう八代勇者(仮)ジオと(元)七代勇者イリア。崩壊しかけるジオの体をなんだかんだで維持しつつ、折れた聖剣を直す手段を求めて、2人は協力して(故)六代勇者ミルカークの出身地アステリアに向かう。

そんななかジオたちの前に現れる、ジオの妹セーネ。何よりも大事に思っていた彼女の出現に、ジオは激しく動揺してしまう。なぜなら、セーネは2年前に死んでいたはずで……。

セーネを蘇らせたという魔王ヴェル=カの目的とは。そして、兄妹の失われた絆の行方は――? 2人の勇者候補が紡ぐ聖剣争奪ファンタジー、再生の第2巻!
なるほど、こう来るかー。
死んだはずの妹が現れて、という展開で想像できるパターンというのは幾つもありますけれど、これはまったく予想していない展開でした。

普通に戻ってきた!

妹のセーネは本物で性格を改変されたり精神をイジられたりしたわけではない素のまま、ありのままの妹で、肉体こそ魔族のものになってるけれど、特に制約があるわけでもなく、呪いや呪詛で行動が縛られていたり、爆弾めいたものが仕掛けられているというわけでもない。セーネの希望に従って彼女を送り出した魔王ヴェル=カに、何かの企みやはかりごとがあるわけでもない。……これ、別にヴェル=カが実はいい人、というわけでもなく、後で出てくる幹部級の魔族でセーネを殺した張本人でもあるミ=ファーラもそうなんだけれど、魔族という種の持つ精神が人間のそれとは全く異なる異常性を持っていて、単なる邪悪とかでは測れない相手だということに繋がるのだけれど。

ともかく、本当にそのままのセーネが、帰っていた。そういう話だったのに。

肝心のジオがそれを信じられなかった。
これ、疑り深いとかそういう話じゃないんですよね。ジオの目の前でセーネが無残に殺された、その事実が彼に与えていた傷の深さ、そこから生じていた彼の中の闇の深さ。それが、現れたセーネを認める事を許さなかったのである。
信じる信じないの話じゃなく、彼の精神の均衡が持つか持たないか、の領域の話だったんですね。認めることは、そのまま彼の心を狂気に沈めかねない、それほどの傷だったのです、ジオにとってセーネの死というものは。

よくこれだけの闇を抱えながら、一巻であんな風にセーネの死を乗り越えられなくても飲み込んで、彼女の夢を叶えようと傍目には前向きに、頑張ってこれたなあと感心してしまいます。ドロドロと溶岩のように煮えたつものをあんなにも抱えながら、それを余人に悟らせることなく、人々を笑顔にしつづけていたのですから……こいつ、本物の勇者だよ。
でも、セーネの出現にこれまで見事に制御しきっていた闇と狂気が、堪えられなくなった、というべきなのかもしれません。それでも、そのまま暴走せずに耐えきるあたりが本当にこの主人公の凄まじさを感じてしまいます。
一方で、兄から完全に拒絶されてしまったセーネもまた、この娘の見識も凄まじいんですよね。果たして何処まで兄の闇を察したのかわからないのですけれど、彼を刺激するような無理押しはすぐに封じて、しかし一切退くことなく兄が激発するだろう一線のギリギリ瀬戸際を攻めるように、自分のセーネと判断できてしまうだろう要素を限りなく削ぎ落として、自分はそうです偽物です、と主張しながらしかし行動を共にすることを許してもらうのである。大好きな、何年も焦がれた兄に憎悪と憤怒の感情を浴びせられながらも、それでもいつか受け入れてもらえるように、と歯を食いしばって辛さ苦しさ悲しさを堪えて踏ん張ることを選んだのである。もうそれが健気で健気で。そして心が強い。あの兄をしてこの妹あり、だ。

こうなると、イリヤの役割というのは決して交われないこの兄妹の仲介役だったんですよね。もう一巻みたいにジオ相手にポンコツおばかやってる余裕は、むしろジオの側にもセーネにもなく、イリヤもずっとシリアスモードなので、彼女本来の優秀さが際立ってくるのだ。というか、すぐにセーネが本物だと察し、ジオの方も理屈じゃどうにもならない精神状態だと察して、両者をなんとか軟着陸させてかつての兄妹に戻れるように、と賢明に両方の間に入ってフォローしまくる姿はすごく甲斐甲斐しいんですよね。イリヤの本質が優しさにある、というのが伝わってくる振る舞いでした。
相変わらず頼りになる大人で、まだまだ未熟なジオとイリヤを支える聖剣のキリさんがまた心憎いほど、この若き勇者たちの保護者役として頼もしくて、目立った破綻なくジオとセーネが着実に歩み寄れたのはこの一人と一本の献身によるものだと言って過言はないのでしょう。

実の妹セーネの登場に、現状コンビで相棒みたいな状態で傍目から見てジオの事好きなのダダ漏れなイリヤとは、どういう絡みになるのか。やっぱり妹としては小姑としてイリヤを見定めていく展開になるのか、いっそ修羅場化するのか、とか想像してたんですけれど、兄と妹の関係が触れれば切れかねない一方的な敵視という状態に陥ってしまっていたので、逆にイリヤがセーネの最大の味方という形になっていたのは、これもなかなか予想外だったんですよね。
セーネの方も、今兄のそばにいるイリヤについて悪く思っている様子は全然なく、元々勇者オタクな吟遊詩人志望というのもあって、七代目勇者なイリヤのことは好意的に見ていたのかもしれませんけれど、一緒に旅するようになってからはさらにイリヤに懐くような関係になっていて、……うん、イリヤさん、いつの間にか最大の壁に成りかねない相手、籠絡してますよ?

結局、ジオとセーネの間が拗れてしまったのは、誤解とか無理解が原因ではなく、ただただ二人の兄妹愛が深かったがゆえ、という皮肉な原因だったわけですけれど、それをイリヤとセイさん、そして前回ではイリヤ愛が深すぎたために敵に回ってしまったユスティナの助けがあったがゆえに救われた話でした。
図らずも、以前はついに理解し合えず断絶してしまっていたイリヤの勇者パーティーの仲間たちと、今度こそ心通じあえた話でもあったんですよね。ジオとの交流やセーネへのフォローを通じて、今となってはイリヤには以前のような自己完結型のボッチ癖はほとんど払拭されたんじゃないだろうか。今回のイリヤは常に優しくて、気配り上手な面が引き立って見えてましたし。まだなんか、ジオに嫌われないと、とか思ってるみたいだけど、今回そういう余計なことしなくても何も問題もなく一緒に行動できていたこと、覚えていられるだろうか、このポンコツ勇者。ほんと、余計なこと考える余裕なく他の誰かのこと考えてた方が、うまくいくのかねえ、この女勇者の対人関係って。

と、これだけ丹念に人間の情の深さとややこしさと素敵さを描いたからこそ、魔族という存在の異質さがまた際立ってくるんですね。ミ=ファーラの人間の持つ感情への好奇心、というのはむしろわかりやすい部類なのかもしれない。それでも、異常性の塊みたいな行動原理で、色々とたまらん部分はあったのだけれど。
それ以上に、やはり魔王が何を考えているのか理解できなくて不気味である。偽っているとか装っているとかではなくて、言動は多分そのまま心のままなのだろうけれど、魔王のいう友達というのが果たして普通の人間の常識のそれと同じなのか。魔王本人は同じだと、思っていそうな所が怖くもある。
何気に冒頭のジオの首ポロリ事件の原因は何も解決していなかったりする、セーネはそれをなんとかするために来たのだけれど、話を聞いてもらえる状態じゃなかったからなあ。というわけで、まだジオは妹の名前を呼べなかったり、ジオの身体の問題もあり、次巻に続けるネタは十分なのでぜひ頑張って続いてほしいものであります。