【転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?】 紙城 境介/木鈴カケル MF文庫J

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

俺を監禁していた妹が、この世界のどこかに潜んでいる――。

高校卒業から5年間、妹に監禁されていた俺は、やっとの思いで逃げ出した矢先にトラックに轢かれ、異世界に転生。悪魔のごとき妹からようやく解放された……。
新しい、自由な世界での名はジャック。貴族の一人息子として、愛に溢れた両親と優しいメイドのアネリに囲まれ、幸せに満ちた、新たな人生が始まった――はずだった。
そう、一緒に死んだ妹も、この世界に転生しているのだ。名前も容姿も変えたあいつが、どこに潜んでいるかはわからない。だが、今の俺には神様にもらった、世界最強クラスの力がある。
この能力であいつを退け、俺は今度こそ、俺の幸せと、周りの人たちを守ってみせる――!

ウェブ版既読済み。【継母の連れ子が元カノだった】で今青春ラブコメ界隈をぶっ千切る紙城境介さんの新シリーズは、最恐最悪の妹の魔手、或いは神の手に抗うある兄ともうひとりの闘争史であり、ダークホラーファンタジーであり、きっと世界を超える愛の物語。
彼女は今まで自分が見てきた中でダントツのヤンデレ妹である。もちろんヤバい意味で。本気で怖気が走り背筋が凍り肝が冷えて、ヒュンとさせられた本物のサイコキラー。うん、ただの殺人鬼ならまだこんなにも怖くなかった。だってただの殺人鬼なら倒せるもの、捕まえられるもの。しかし彼女はそんなレベルじゃない、そんな領域でもない、果たして本当に人間か? 彼女本人がデウス・エクス・マキナのようなものなのだ。愛に病み狂ったお釈迦様だ。その掌の上から逃げられずに弄ばれる。
まさに、転生ごときでは逃げられない、恐怖の権化。それがこの名前も口にできない妹なのだ。
この一巻の時点で涙目になりそうなほど怖いのだけれど……恐ろしいことにまだ序の口なのだ。心せよ、備えて構えよ、でなければ精神的に死にかねない。
白目剥いて「アッバババババア」とリアルでなってしまったあの経験は、あの体験はちょっと忘れられないというか、若干トラウマである。その意味でも、心慣らすために最初の試練はしっかり受け止めておくべきだろう……。
ってか、一巻の表紙にメイドのアネリを持ってくるとか最初どういうつもりなんだろう、と深刻に悩んだんだけれどこれってあれだ。製作サイドが「邪悪」極まってるということなのだろう。或いはあの女神よろしく後ろから刺されかかっているか。
転生モノでは、生まれたての赤子の頃から意識を持ち、備え持った能力を伸ばしていくという通常の人とはスタート地点の早さから違う、という展開がままありますけれど、さすがに生まれて一歳になろうかという時点で速攻人生クライマックスに放り込まれたケースは滅多とないだろう。
いやもうこれ、本当に怖いよ。現世で死んで、死んで逃げて、他の世界に転生してやっと妹の手から逃げられて、ホッとしたと思ったらこれである。妹からは逃れられない、にも程があるわー!!
乳幼児の時点でありえないレベルの死線を潜らされて、必死過ぎる死闘を繰り広げなくてはならなくなったジャックの人生たるや。負けたときの悪夢具合が、本当に死んだほうがマシ、というレベルなんですよね。というか、死んだ方がマシな結果がこの転生だったわけで、その先ですらとなると精神的に死ぬどころじゃなく、発狂シかねないです。
完全にホラー。

この乳幼児期のエピソードこそが、この作品の原点であり本質。それを杭を打つように叩き込み、忘れないように刻みつける、そのための最初のエピソードなのでしょう。
だってね、このあとの少年期。黄金の少年期と銘打たれる青春時代の展開が本当に素晴らしいんだ。まず運命の出会いとなる幼馴染のフィルと、師匠となるエルフのラケル。この二人にはじまり、ジャックの世界はどんどんと広がっていく。生涯の友ができ、運命を共にする仲間ができ、恋をして、切磋琢磨して能力を伸ばす喜びを知る。まさに輝ける時代のはじまりなのだ。
それを象徴するのが、繰り返しになるけれどフィルとラケルとの出会いなのである。まだ幼いフィルとジャックの、甘酸っぱい恋模様が本当に素敵でねえ。
シーツの奥で幼い二人が交わす愛の言葉と約束の口づけには、キュンキュンしてしまいましたがな。

そう、これは悪魔のような妹の負の極限のような愛に、正の極限たる愛で打ち勝つ物語なのである。
愛を呪う物語じゃなく、愛の讃歌、なのだ。
しかし、妹の愛に負けぬだけのもうひとつの愛は、そこにもう在れどもまだ日の目を見ていない。その姿を見える場所には現していない。それは未だ眠り続け、目を覚ましてはいない。
しかし、その残影と断片はすでに幾つかのシーンで垣間見ることができてるんですよね。これは既にウェブ版読んでいるが故の気付きだなあ。先を知っているが故に、書籍版として最初から読むことで気付かされることがある、驚かされることがある、ああこの場面、このシーンこそがアレだったのか、と感動にも似た思いを噛み締めさせられたのは、母の客だという二人のフードを被った来客とジャックが行き合ったシーンだろう。そうかー、ここだったのか(涙

第一章のタイトルに併記されている愛の言葉。この言葉の意味が明らかになるのは、どれだけ先になるのだろう。
そして、盗賊団「真紅の猫」のあの惨たらしい末路が示していた「異様さ」の正体が明らかになるのは……。

でもまずは、ここからはじまる黄金期を堪能しよう。怖気も恐ろしさも忘れてしまうほどに、ここから繰り広げられるジャックの冒険は明るく輝かしい。学園編と来たらもうめちゃくちゃ面白すぎて、ワクワクとドキドキがとどまるところを知らない楽しさの快進撃がはじまるのである。
本当に、悪夢を忘れてしまうほどに。この物語が、どういう話だったのかを忘れてしまうほどに、それほどまでに面白く、楽しい時代がここからはじまるのである。
恋と友情と冒険の物語のはじまりだ。乞うご期待。

だがしかし、これだけはしかと心に刻むべし。

妹は 忘れた頃に やってくる