【スパイ教室02 《愛娘》のグレーテ 】 竹町/トマリ  富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

不可能任務を見事達成した新生スパイチーム『灯』。次のミッションは冷酷無惨の暗殺者《屍》の殺害。より過酷な任務に、クラウスは現時点における『灯』最強メンバーを選抜することになり——。


パパと呼ぶには若すぎるクラウスだけれど、兄と呼ぶには保護者としての振る舞いが勝ちすぎる。チームは家族そのもの。そんな風に捉えるクラウスにとって、彼女たちは娘なのか妹なのか。いずれにしても過保護がすぎるようにも思うのだけれど、過保護に扱われる娘たちにしてもこの扱いは忸怩たるものだろう。落ちこぼれと言えど、彼女たちにもスパイとして生きる自負があり誇りがある。
それでも、クラウスの思いを理解しているからこそ、彼女たちは彼の役に立とうと、彼に負担をかけまいと奮闘するのだ。そんな娘たちの愛情を体現するのが彼女《愛娘》グレーテなのだろう。自らのコードネームを愛娘と名付けた彼女の欲するものを、クラウスは正しく与えてくれていた。だからこそ、彼女は強く在れる。クラウスを信じられる。この愛情を肯定して応援してくれる仲間たちを信頼できる。
自分の手の届かない所での責任と危険を、まだ未熟な娘たちに決して振り分けようとしなかったクラウスが、はじめて「任せた」相手こそがグレーテだと思えば、彼女がクラウスから勝ち取った信頼がどれほどのものだったかも想像できる。
そして、彼女がもっとも欲していたものも。

一巻に引き続いて、本編には読者や敵対者を翻弄する、或いはリリィたちチームメンバーたちをも引っ掻き回す「騙し」が介在していたわけだけれど、うん一巻のよりもよっぽどわかりやすかった。それは事前に察知できるわかりやすさではなく、その騙しが明らかになった時にどういう仕掛けだったのか、がわかりやすかった、という意味で。
最強のメンバーを選出せよ、という今回の作戦の大事な部分、裏側を見てみるとメンバーに選ばれなかった娘たちはどうなるの? その扱いはどういうものになっちゃうの? 残されたちゃった彼女たちの感情面はどうなるの? という部分を見事に浚ってくれたのはいっそお見事と言うべき展開でしたし、変装の天才であるグレーテの素顔に隠された彼女の鬱屈した思いなんぞは、それを敢えて利用した彼女の決意、そこに端を発するグレーテという少女の根幹をクラウスへの愛情に関連付けて、この巻の主題へと掘り下げていくところなんぞは、正統派のストーリーの進撃なんですよね。いっそ堂々とした展開であり、物語そのものの貫目になっていた気がします。
若干、敵さんの方の貫目が軽かった気もしますけれど、これぐらいの相手でないと過保護なクラウスでは任せられなかったのかもしれませんけど。

さて、次回はまだキャラがよくわかっていない残る三人とエルナを中心とした波乱含みの「続く」となって、さあどんな仕掛けが用意されているのか、これまた楽しみ。