【クロの戦記 1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです】 サイトウアユム/むつみまさと  HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

異世界に転移した3年後、クロノは亜人千人の指揮官となって、なぜか一万の敵軍を迎え撃っていた!!絶望的な戦力差の中、どうにか撃退したクロノは、今度は領主に祭り上げられていく!!現代日本の価値観と乏しい知識だけを武器に、領地改革に乗り出したクロノの周りにはどんどん美女・美少女が集まってきて―。戦い、内政、そして夜の性活で大忙しなエロティック王道戦記!!

なぜこのタイトルにしたし! 確かHJ文庫で再出発するまでは【クロの戦記】だけだったような記憶があるのだけれど。
元々「オーバーラップノベルス」から出ていた作品がHJ文庫に移籍してのリスタート版。単行本から文庫本になった事で手を出しやすくなったので購入しました。ウェブ版も既読なんだけど、それなりに古参の作品なだけに最初の方の内容はうろ覚え。
なので、いきなり捨て石にされての絶望的な防衛戦からはじまってちょっとびっくり。あれ? こんな所からだったっけ? と戸惑ったのですがウェブ版の方を見直してみるとたしかにシチュエーションとしてはこの状況からのはじまりでした。
でも! 全然内容の濃さ違うから! ウェブ版ではかなり簡略にサラッと流されてしまっていた戦況が詳しくより臨場感たっぷりに描かれていて、はっきり言って別物。このシリーズを書き始めた当初と最近に至ってからの筆力の向上っぷりが目に見えて伺えます。
タイトルからだと、ベッド上の夜戦のみに特技が特化した主人公が女を誑すスキルを駆使してのし上がっていく、みたいに思えてしまうかもしれませんけど、クロノくん別に夜がお強いとか上手いとかではないんですよね。床上手とか百戦錬磨というわけではなく、こいつ単に節操がないだけだから。単にド助平なだけだから。
むしろ、彼の特筆スべきはその凡庸さにあるのかもしれません。凡庸というにはあまりにも出来物なのですけど、才気走るところがあるわけでもなく根性なしだし愚痴ばっかり零しているし、普段から覇気なく傍目には情けない気合の抜けた凡人風情なんですよね。
しかし、彼こそは偉大なる凡人というべきなのでしょう。

圧倒的な戦力で攻め込んできた敵国の軍勢を前に、とっとと逃げ出してしまった辺境伯とその正式な兵士たち。残されたのは被差別民である亜人によって編成された千人部隊と急遽指揮官にさせられた士官学校を出たばかりの辺境貴族の子息であるクロノだけ。
誰がどう見ても捨て石にされた状況で、しかしクロノは逃げ出さないのである。今逃げても追いつかれて殺されるだけ、という醒めた視点はあるものの、犠牲を亜人たちに押し付けて自分だけとっとと逃げ出す、という真似だけはしないのである。決して華麗な戦術を持って数的不利を見事に覆し、なんて戦争芸術を描けるわけじゃない。彼が出来るのは血と泥に塗れて部下を効率的に殺しながら死戦をくぐり抜ける泥臭い戦い方だけだ。しかし、クロノは自分もまた亜人たちと同様に一緒に肩を並べて地と泥に塗れる。
嘆き罵り愚痴りながら、それでも彼は「為すべき事」から決して逃げ出さない。見た目こそ決して格好良くない無様さすら伺える物腰は、しかし彼に率いられる亜人たちの自分たちを虐げるばかりだった貴族の、人間の、指揮官であるクロノへの信望へと繋がっていく。
クロノは決して博愛の人格の持ち主というわけでもないのだけれど、価値観が現代の素朴で善良なそれなので、亜人たちに対して自分たちと同じ「当たり前」を適応するんですね。ただ普通に人間として接する、人間として遇する、彼らの働きに対して当たり前の報酬を与え、能力に応じた待遇を与える。
その「当たり前」をする人間、出来る人間がこの世界には殆ど居ない稀有であることを知らないまま。
指揮官が先頭で戦うのも、どれほど嫌でウンザリする状況でも最善を尽くすのも、領地を得たらそこに暮らす人々に当たり前の生活を保証するために頭をひねるのも、彼にとっては当たり前の事なのである。その当たり前の事が困難すぎてうまく出来なくて、悩み苦しみ投げやりになったり嫌がったりとジタバタして自分の無能さに七転八倒したりするのだけれど、その当たり前を実行しようとする事自体が並の人間には出来ない、その意志を持てない、持ったとしても維持できない放り出してしまう事だということを、彼は自覚なく実行し続けているのだ。
クロノ自身は自分への評価は決して高くなく、低めですらあるのだけれど、それ故に周りが与える評価とズレが生じてるんですね。また自己評価が低い分、人の意見は良く聞くし、わからない事は専門家に任せて信任できる。
新米士官として、自分が戦場での経験が不足している事を当たり前のように受け止めているクロノは、大事な場面や自分では判断できない所なんかで結構副官であり補佐役である下士官のミノタウロスのミノさんに意見を聞いたり、色々任せたりしてるんですよね。新米士官でありながら、部下の使い方が異様に上手い。
同時に、こうしてみるとミノさんも少尉付き下士官としてメチャクチャ有能なんですけどね。一応貴族であるクロノへの最初の距離感の図り方なんかも慎重だし、経験不足な新米士官への押し付けがましくない教育教授も的確だし、細かい配慮から部隊の実際の運用なんかも卒なくどころかかなり敏腕にこなすし。
お世辞じゃなく、ミノさんて戦場においてはクロノの片腕なんだよなあ。

情けない顔を見せることは多いものの、愚痴の多さとは裏腹にその心底の一番奥底ではどこか飄々とした達観とも楽観ともつかないものを抱えているクロノ。そして本人には自覚ないものの、時折垣間見せる底冷えするような冷たく相手を見定めるような眼差し。どこか掴みどころ無く愛嬌があるような胡散臭いような、このぼんくらスケベな偉大なる凡人のおっかなびっくりの立身出世の戦記物語は、ここからが開幕である。

キャラとしては、やたらとから回る傲岸不遜な皇姫のティリアもいいのだけれど、アリデッドとデネブのポンコツエルフ姉妹がやっぱりアホ可愛くて好きだなあ。