【家族なら、いっしょに住んでも問題ないよね?】 高木幸一/YuzuKi GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「そこ、部屋を裸とか下着で歩かないっ!先輩を誘惑しないでっ!」

天涯孤独となった高校生、黒川真は、なぜか4姉妹と住むことに――。
小説家の長女、「きみは生理的にOK」と、クールな高校生の次女、元気いっぱいで、真になついてくる小学生の四女、そして――。

「あ、あのっ!あ、あたし……、黒川先輩のことが……好きです」
「君にはふさわしくないよ。俺は」

中学の卒業式に告白をお断りした後輩が三女だった!?
真面目で堅物な後輩、姫芽は同居に対してツンツン。真の方も一緒に住むことに気まずさを感じる(ですよねー)。

誘惑の多い同居生活と過去の恋。甘く、もどかしい青春ラブコメ開幕!

「家族なら、いっしょに住んでも問題ないよね?」というタイトルは、その語り口からも軽いタイトルのように見える。起こり得るだろう問題をとりあえず見なかったふりをして、なんとなく勢いで上手くいくような。楽しさ優先で、深刻さとは無縁なように。
でも実際は、そんなドタバタホームコメディとは大いに様相を異にしている。
このタイトルは、この言葉はさながら胸の奥から絞り出すようにして吐き出された希求の願いだ。家族を欲する、祈りのような言葉だったのだ。

両親を早くに喪い、引き取られた祖父とも折り合い悪く突き放されるように必要最低限の接触しかなく、その祖父も高校入学と同時に急死してしまい、親戚たちも引き取り手なくたらい回しにされて、生活も住む所も見通しが立たず途方に暮れていた彼を引き取ったのが、遠縁に当たる草原家の宙子さんであり、彼女と共に暮らす四人の姉妹たちでした。
彼女達もまた、両親を喪って宙子が親代わりに身を寄せ合って暮らしてきた人たち。そんな中に突然放り込まれた真。挙げ句、三女の姫芽は中学時代の部活の後輩で、卒業式の時に告白されて振ってしまったばかり。ああ気まずい、居た堪れない。
それでも、彼女達は真を受け入れてくれる。それは同情や優しさで無理を押して受け入れてくれたのとは少し違っていた。彼女達は本当はそんな無分別な優しさとは無縁の、姉妹達だけで生きてきた者たちらしいリアリストだ。彼女達は自分たち家族のことを、凄く真剣に見つめながら考えて生きている。必死というほど切羽詰まっていないけれど、両親という保護者がいない環境で彼女達が寄り添って生きていく、という事は決して安易に過ごしていては成立しないものなのだ。
それでなお、彼女達は真を受け入れた。同情や優しさで受け入れるほど彼女たちには余裕はない。打算や家事担当として仕方なく、というほど姉妹だけで暮らしてきた環境に異物を取り入れるほど切羽詰まっても居ない。

それでも、個人的に真に対して複雑な感情がある姫芽以外が、連れてきた宙子以外の美星と波月が彼を受け入れたのは、熱に浮かされた真の口から溢れた魂からの言葉が、届いてしまったからだろう。
両親を喪い、姉妹が居るとしても家族を亡くした虚を間違いなく抱えているこの姉妹たちの心を揺さぶる傷を、目の当たりにしてしまうだけの痛みが、あの時の真の言葉には刻まれていた。

あれは、自分にとっても衝撃だった。胸を打つ一言だった。彼の抱えていた孤独を思い知らされる願いだった。どれほど、黒川真という少年が深い深い孤独の底で生きてきたのかを痛切に伝えてくれるシーンだった。
あれで、この作品の方向性を刻まれた気がした。

彼はボッチではない。少ないながら心許した友達が居て、部活でもよく活動していて、学校生活は無難に過ごしている。でも、ボッチではない事は孤独ではない、とはまた違うのだろう。
彼には家族が居ない。居たことがない。物心がまともにつく前に両親は亡くなり、駆け落ち同然に結婚した二人は親族からは縁を切られていて、彼を引き取った祖父もまた親族からは浮いた存在だった。その祖父は、真に愛情を注いだ様子はない。本当は大切に思っていた、なんて裏もなさそうだ。幼い孫に祖父が吐き捨てた言葉は、今なお真を蝕む傷跡となって彼の孤独感を奈落に突き落としているかのようだ。彼の人生に、今まで家族という存在は居なかった。でも、彼に家族は必要なかった、なんて事は絶対にないのだ。
だから、彼が家族を欲することを誰が否定できようか。祖父の言葉に呪われて、どれほど自分から背を向けようとも、あの時高熱に朦朧としていたからこそ、魂の底からの願いがこぼれ出たのだと思えば、それは祈りに近い希求であったのだ。

そんな彼だからこそ、彼女達は受け入れた。多分、そんな彼だからこそ相応しかったのだ。欠損を埋め合うのに、足りないものを満たすために。必要であったから。
でもそれは傷を舐め合うようなそれとも違うんですよね。家族を増やすのは、そんな後ろ向きの行為とは違う。もっと前向きで、より豊潤に生活を潤すもののはず。
それを一番に率先してやっていたのは、末っ子の小学生の美星で。あの美星とのデート回。あれは正直凄かった。あれ、真に死んだパパの面影を重ねているようで、全然違うんですよね。きっちりパパと真の事は分けて捉えていて、でも真の存在に新しい家族を迎えた喜びを覚えている。いや、この娘が姉妹の中では一番包容力があるかもしれない。積極的に、どこかまだ途方に暮れていた真を家族として引っ張って迎え入れてくれたように思う。元々波月曰く、美星は天才肌だと言うけれど、そういうの抜きにしてもこの娘大人になったらとんでもないイイ女になるんじゃないだろうか。既に小学生の段階でその傾向が出まくってるんですが。
そして波月とのデート。ここで彼女が語ってくれるのは、現在の姉妹達のこと。プロフィールもなんだけれど、もっと踏み込んだ姉妹ならでわの視点、いや普通の姉妹ではなかなか踏み込まない所まで、姉妹だけで生きてきたからこそより深く見つめてきた姉妹たちの姿、本質を訥々と流れの中で語ってくれる。家族になるからこそ、教えてくれる領域とでも言うべきか。
でもやっぱり、他の姉妹のことは語れても自分自身の事はなかなか語れるものじゃない。自分のことは自分ではわからないし、納得できないものもある。でも、そんな自分では見えない自分の姿を、姉妹の話を聞きながら真は外からの視点で、いや家族からの視点で波月の問いに答える形で応えるんですね。彼を受け入れながらもちょっとボーダーを引いていた波月が、そのボーダーを大股で跨ぎ越えてグイッと真の事を正面から見据えたのはこの時だったんじゃないでしょうか。
そして、部活でも親しい後輩だった姫芽。多分、友人たちを除けば一番身近で心を開いていたのが彼女だったのでしょう。だからこそ、大いに拗れてしまっていたとも言えるのでしょうが。
近いからこそ、すれ違ってしまった時にお互い直視できなくなってしまう。彼女にあったのが、憧れであり好意であり恋情であったのも、余計に新しい家族になるんだと現れた真に冷静で居られなかったのでしょう。
お風呂場の一件で、姫芽の中に根付く恐れを払ってくれたのは果たして家族としての真の存在だったのか、想う異性としての彼だったのか。身内として受け入れることが出来ても、振られた時の誤解が余計に彼女を苛んでいく。その誤解の元が、振られた原因が真の孤独の起因となる祖父の呪いだなんて知らないから尚更に。
結局、彼の呪いを祓うのは彼に本当の家族を与えてあげるのがまず必要で、姫芽としてはこれどうしたって迂回ルートなんだよなあ。いや、迂回しているようで自分のフィールドに引き込んでいるとも言えるし、真相を知った途端にためらわず突貫したあたり、この娘もこの娘でイケイケドンドンな長女や末っ子と同じ姉妹だなあ、と思ってしまった。真面目で堅物で頑固だけれど、少なくとも積極性に掛けては他の姉妹にも負けていないや。

エピローグで繰り広げられた大騒ぎは、お客さんではない本当の家族らしい遠慮なしのじゃれ合いで、欠けたるをピッタリと埋め込んだような満了の賑やかさ。そこで響く楽しそうな笑い声に寂しさを偲ばせる空虚さはもう見えない。
この四姉妹プラス1の在り方の肖像がこれからどう変わっていくかはわからないけれど、少なくとも彼らはもう本物の家族で、これからもそれは変わらないのだろう。
とてもあたたかく胸に沁み入る素敵なホームドラマでした。すごく、よかった。

高木幸一作品感想