【エリスの聖杯 2】 常磐くじら/夕薙 GAノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

希代の悪女スカーレットの亡霊にとり憑かれたコニーは、その復讐に付き合う羽目になった。十年前の処刑の真相を調べるための潜入捜査に、死神閣下ことランドルフ・アルスター伯との偽装婚約、果ては大貴族に睨まれての私的な弾劾裁判と、忙しい日々を送るコニー。だが、王国内に潜む陰謀の影が見え始めたと同時に、彼女自身にも得体のしれない魔手が迫る。謎の襲撃者をかろうじて撃退したのもつかの間、今度は親友のケイトが誘拐され!?リリィ・オーラミュンデが遺した謎の言葉『エリスの聖杯を破壊しろ』の意味とは?そして、スカーレットを処刑台に送り込んだのは誰なのか?悪女の亡霊×地味令嬢のコンビが、王国の闇に潜む巨大な陰謀に立ち向かう、大好評の貴族社会クライムサスペンス第二弾!

悪役令嬢モノの皮を被った超本格サスペンス・ミステリーという内実に度肝を抜かれた前巻。時間を忘れて夢中になって没頭してしまった経験からそれなりに構えてこの第二巻に取り掛かったのですが……。
わぁーーーうわぁあーー! マジかっ、マジなのかこれーー!!
ベールを剥がすように徐々に明らかになってくる暁の鶏という犯罪組織の暗躍の実態に、その目的、そしてこの国にまとわりつく闇の深さにハラハラさせられ、数年前に自殺したスカーレットの好敵手でランドルフの妻だったリリィの生き様に雷で打たれたような衝撃を食らっただけでもたまらんかったのに、トドメにスカーレット処刑の真実ですよ。
ついに、明らかになってしまったスカーレットがなぜ処刑されなければならなかったのか。彼女を殺したのは一体誰なのか。それが明かされた時の衝撃たるや。
呆然、呆然ですよ。なんてこった! なんてこった!! 不死身のデュランと呼ばれる御仁の痛みを堪えるような一言にもっと疑問を覚えるべきだったのかもしれない。そうだよな、あまりに都合良すぎるもんな。でも、普通それは偶然タイミングが良かったと思うよ、そのシチュエーションだと。
だって、そう考えないとおかしいもの。絶対におかしいもの。
でも、徐々に明らかになってくる真実は、スカーレットを害した犯人が佇む位置をグルリと反転させていく。待って、いや待って! と、引き留めようにも話はどんどんと進んでいってしまう。
スカーレットは、狙われていて狙われていなかった。誰もその死を望んでなどいなくて、しかし彼女は死ななければならなかった。なんて、こんな話があっていいのだろうか。
ああ、そうか。だから、スカーレットには処刑の時の記憶だけが残っていないのか。逆説的にではあるが、スカーレットにその時の記憶がないことこそが、既に彼女はその時すべてを知っていた、悟っていた可能性を指し示している。
コニーは、これコニーは果たしてスカーレットの復讐をどう果たすのだろう。元々、ただの貧乏貴族の子女に過ぎないコニーには巨悪を断罪する権力も権限も盛っていない。それでも彼女は自分に取り憑いたスカーレットの亡霊に親愛を感じ、彼女の怒りを自分のことのように受け止め、彼女のために復讐を果たすのだと意気込んでいる。これはもう、優しきコニーの怒りでもあるのだろう。
だから、これはもうコニーの復讐でもあるはずなのだ。しかし、これはほんとうに、どうするべきなのだろう。それはもしかしたら、スカーレットの望まぬ復讐になってしまうかもしれなくても、コニーは断罪の刃を振るうことになるのだろうか。どんな形で振るうことになるのだろうか。これはもう、まさにコニーという少女一人に託されている結末なのかもしれない。

しかし、この物語における令嬢達、みんな覚悟決まりすぎじゃないですか? ケイトなんか、コニーのために死ぬことに泣き言一つ言おうとしなかった。アビゲイル・オブライエンは自らを慕う者たちのために刑場の露となることを粛々と受け入れた。そしてリリィ・オーラミュンデは、このスカーレットの好敵手にして幼馴染にして生涯の友たる女性は、この国を滅ぼそうという巨悪の蠢動を前にたった一人で戦い抜き、その生涯における敗北はスカーレット相手だけという負けず嫌いの誇りに見合う、見事な勝ち逃げを敢行してみせた。勝利して去る。壮絶なまでの美しいと言ってすらいい生き様を刻み込み、あとに託して駆け抜けていったのだ。
カッコいいにも程がありすぎて、途方に暮れてしまいそうだ。男ども、本当になんとかしろよ、おい。
閣下ランドルフは一人気を吐いていると言っていいのかもしれないけれど、彼のバツイチとは思えない女性の扱いのポンコツさは、色んな意味で目を覆わんばかりだし。こいつ、何気にスカーレットパパと同類なんじゃないだろうか。パパはもう笑えない、でもランドルフはコニーにかすかにでも笑みを見せてくれている、その違いは大きいのだろうけれど。

ちょっとショックが大きすぎて、まだ頭がぼんやりしているのだけれど、処刑の真実、そしてエリスの聖杯というリリィが遺した言葉の意味がわかった以上、あとはこの国を取り巻く謀略をどうぶち壊していくか、なんだろうけれど、まだコニーとスカーレットのコンビはこの真実には辿り着いていないんですよね。ってか、ランドルフ閣下が先に辿り着いちゃって、これどうするんだろう。幕間の登場人物紹介でも思いっきり揶揄されちゃってるし。主人公コンビより先に真相にたどり着くとか空氣読めなさすぎー、とか書かれてるんですけど。相変わらず章ごとの登場人物紹介の皮を被ったキャラ煽りが面白すぎるんですけどぉ!!
ともあれ、三巻。次の巻を早く、早くしてくれぇ!(禁断症状