【信長の庶子 1.清洲同盟と狐の子】 壬生一郎/土田健太 ヒストリアノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

時は戦国。織田信長の長子帯刀は、母の身分が低すぎて家を継げない運命にあった。彼の望みは、家族兄弟仲良くすること、戦乱が早く終わること。『狐』と呼ばれる母直子から摩訶不思議な謎知識を教えられ、織田家や領民たちを助けていく。それはやがて父信長を、昇り竜のごとく天下へと駆け上らせて…!?戦国IFエンタメの決定版!


織田信正なる人物をご存知だろうか。自分もその存在を知ったのはわりと近年に入ってからの事である。曰く、織田信長の最初の息子とされる人物である。つまり、長男。
歴史にちょいと詳しい人ならば、織田信長の嫡男は織田信忠だろうと名前があがってくるだろう。そう、織田家を継ぐ「嫡男」はその通り織田信忠である。が、この時代、生母の身分家柄が低いがために家が継げない庶長子という存在があったのだ。
その身近な例は実は直ぐ側にある。そもそも、織田信長が嫡男であっても父織田信秀の長男ではないのだ。あまり知られていないようなのだが信長には織田三郎五郎信広という庶兄が存在する。この庶兄は信長の元服前から既に織田家の三河戦線を任され活躍しており、後に信長が上洛したあとは京都での折衝役を任され一門衆の中でも筆頭として非常に重用されている。
このように、長男でも家を継げない庶子という存在はこの下剋上という言葉が生まれた戦国時代でも決して珍しいものではなかったようだ。
もっとも、この織田信正という人物、彼が生きた時代の資料には一切名前が見えないそうなので、その実在は怪しいとも目されている。それに、信長の庶兄である三郎五郎信広と違って帯刀信正の方はというと目立った業績は殆ど見受けられない。

さて、本編の信正こと帯刀くんであるが、冒頭から既に度量衡ならぬ「かな文字」の統一という文化事業、に見せかけた文字の統一による事務処理の効率健全化で名を馳せている。まだ元服前なので武勲云々は度外視だが、幼少の段階で賢人との評価を受けている。
その仕掛け人たるは、彼の母であり信長の側妻である塙直子。稲荷の化身と呼ばれ奇人怪人の悪名を恣にしている女である。
面白いことに、戦国モノの定番である主人公が転生者、或いは時間移動者というパターンからは本作は外れている。織田帯刀は、前世の記憶もなく未来から来た人間でもない。純然たる同時代の生まれの人物だ。しかし、その価値観は面白いくらいに変容している。これこそ母の教育の賜物。
そう、鍵となるのは母・直子。彼女がもたらす知識と価値観が、帯刀という少年を狐の子という特異なメンタリティを持つ存在へと作り上げたのである。

もっとも、本作を「小説家になろう」初の歴史改変SFモノの中でも屈指の傑作へと仕立て上げたのは、単なる現代知識を駆使した歴史改変の内容によるものではない。主人公の帯刀や直子をはじめとした登場人物たちの、その漲るような魅力的なキャラクターがこの作品を凄まじく躍動感あるものにしていると言っていい。彼らは歴史上の人物などではなく、今そこで活力の塊のように生気を迸らせて生きる、イキイキと動き回る人々として描かれている。戦国モノとしては埒外なほどに、個性的な色付いたキャラクターたちによって織りなされている物語なのだ。
その中でも出色は、塙直子その人なのだが信長の妹であるお市、お犬の姉妹など女性陣がまた強烈なのだ。
そして、偉大なる戦国大名としてよりも、父としての顔を色濃く見せる織田信長に、帯刀が猫可愛がりすることでその関係性に変化が生まれる信忠・信雄・信孝という信長の息子たち。
庶子という立場はその明確な身分差もあり、惣領家からは距離を置いてしまいがちになる関係なのだろうけれど、帯刀は積極的に兄弟たちに関わっていく。特に信忠……いや、まだ兄弟たちが幼名で呼ばれる幼少期の頃は兄として、弟たち妹たちを可愛がりまくり、この兄弟たちは不思議な親愛の絆によって結ばれていくことになる。信雄こと茶筅丸が、いやほんとにアホなんだけど、アホなんだけどアホかわいいw
また、帯刀はその出自もあってそのまま織田家に所属する事が叶わず、のちの織田家京都所司代・村井貞勝や信長の庶兄である三郎五郎信広の養子となり、彼らを養父として慕っていく。
実父信長と、義父信広、村井貞勝という三人の父。そしてかわいい兄弟たちに、魔王な叔母たち。自分を掌の上で転がす愉快な実母に、自分を慈しんでくれる信長の妻たち。
これは、帯刀の目を通した織田家という家族の肖像の物語でもあった。

そして、斉天大聖と呼んで親密に交流する木下藤吉郎、思わず引き込まれてしまう語り口で秀吉とはまた違う人誑しの親しみ深さを味わわせて実に魅力的だった明智十兵衛、寡黙ながら軽妙な人柄で帯刀をスッ転がすどこか面白みのある滝川彦右衛門など、今はまだ出世街道の道半ばの低い立場ゆえの、近しい距離感で接してきてくれる後の織田家の屋台骨たち。彼らがまた、本当に魅力的でいきいきとしたキャラしてて、ねえ。
また同世代で帯刀の親友となる森可成の息子である森傳兵衛可隆とは、周りが大人ばかりの中でやっぱり若者同士で意気投合して仲良くなるんですよね。彼には、前田利家と共に帯刀が老練な交渉相手の術中に嵌りそうになった時に助けられて、ああ友達っていいなあ、という感覚を味わえたんですよねえ。
時代はまだ織田信長が京都への上洛を果たす前。ここから織田家は激動の時代を迎えていく中でようやく元服を迎えて、嫁さん候補も決まった帯刀が史実にない活躍をどのように示していくのか。そして、織田家という家族の中に入っていくことで麾下の者たちも含めてどのような新しい関係を築いていくのか。ウェブ版は既読済みなのですが改めて読んでもワクワクさせてくれる引き込まれる文章で、面白かった。

そして、巻末には帯刀の母、稲荷の化身と呼ばれどうも現代の知識を持ってるんじゃないかと思しき塙直子の正体を辿るお話が。そして、直子と信長の馴れ初めとちょっとしたこっ恥ずかしいくらいのラブストーリーが描かれております。
いや、三郎くん直子ちゃん呼びはちょっとキュンキュンしてしまった。直子は元々突飛な気質を持ってたとはいえ、現在のあの破天荒なまでのやりたい放題な在り方ってこれ完全に信長が後押ししちゃってるじゃないですか。故あってかなり厭世的になっていた彼女に、楽しく生きろ、思うがままに生きろ、と吹き込み彼女の生き方の方向性を定めたのって、三郎くんなんですよね。かなり直球な告白もしてますし。若かりし信長、めっちゃ青春してるじゃないですか。
そうか、それで信長は直子のあの振る舞いに対して、振り回されたり困ったりするようすもなく楽しそうに見守ってるのかー。
しかし、それはそれとしてこの第一巻の初っ端で直子の正体さっさと明かしてしまうのは悪手だったと思うなあ。塙直子のあの得体の知れない掴みどころのない所は正体不明なところに多分によってましたからねえ。果たして本当に塙直政、のちの原田直政の実の妹なのか。本当は現代からの漂流者じゃないのか。はたまた前世持ちの転生者? もしくは本物の狐の化生? と、なかなか想像がはかどりましたからねえ。本人の言動も人を食ったようというか、自分の正体不明さを助長させるような意味深な振る舞いでしたし。
いやまあ、正体を知ってもむしろ余計に怪人度はあがってる気もするんですけどね。むしろ、時間移動者や転生者だった方が理解の範疇。彼女の立場であれだけの知識と価値観を蓄え育てられたというのは、もはや怪物怪人の領域ですもんね。彼女がたびたび息子にからかいまじりに告げる予言だって、どうもこの巻末の中編を読むと源泉となる知識の元となるものが完全にパラレルワールドであった事を鑑みるなら、史実をそのままナゾっているわけではなく、彼女自身の独自の予測によるものだというのが伺えますし。
今後もこのお母様には引っ掻き回されるでしょうし、実際その存在感はピカイチ。登場するだけでなんかもう面白い人ですし、色んな意味で活躍に期待である。いや、主人公のほうが活躍しないといけないんですけどね!