【インフィニット・デンドログラム 13.バトル・オブ・ヴォーパルバニー】 海道左近/タイキ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

アルター王国とドライフ皇国の間に講和会議が開かれることに。レイは交渉が決裂した場合を考え、戦争に参加するため一時加入先のクランを探すが、色々な理由から難しいことが発覚。途方にくれたレイだが、周りの超級を巻き込んで新クランを発足させることになり―。そして一方、王国のランカーたちが次々に襲撃されデスペナルティに追い込まれている事件が多発。不穏な空気が漂う中、暗躍するものの正体とは…?大人気VRMMOバトルファンタジー、策謀渦巻く第13巻!!

表紙も飾ってジュリエットメイン回!! かとちょっと期待してしまったんだけれど、そこまでメインじゃなかった。
むしろ、後ろにいる抜刀神のカシミヤ君こそが主役だったんじゃなかろうか、というくらいに兎神との超高速戦闘がシリーズでも屈指の名勝負でした。やっぱり超高速戦闘は燃えるなあ。速さが極まると、むしろ詰将棋みたいに一手一手の描写が凄まじく濃厚になるんですよね。
ここで戦闘内容の描写密度と実際に行われているバトルのスピード感を両立させる事が叶うと、戦闘シーンの映えがビリビリと痺れる熱いものになるのです。兎神VS抜刀神はそれに叶う好カードでありました。特にカシミヤは、ゲームで付与された能力じゃなくほぼほぼ本人の純粋な技倆によるもの、というのがイイんですよ、イイんですよ。
ってかここまで速いと、他の超級でもどうやったら対抗できるんだ? と思ってしまいますが。兎神に関してはまともに一矢報いれたのって、ジュリエットだけでしたし。あれに関してはまたぞろ運営側の「ズル」を噛み締めさせられるものでしたから、実質相打ちでしたもんね。なので、ジュリエットの強かさというか、あれでかなりの戦巧者、戦闘の組み立てが際立っているのがよく伝わってくる。彼女が決闘ランカー4位なのも、その巧さにあるんでしょうね。彼女が主役の【クロウ・レコード】でも結構そういう描写はうかがえますし、彼女のビルド構成も戦闘構築に長けていないと中途半端になってしまいかねないものですし。
そう、スピンオフとはいえ主役張れるだけあってイイ子なんだよなあ。彼女、本来ならレイの作ったクランに加入するのに何の障害もないはずなんですけど、友人のチェルシーの傷心事情に付き合って保留してたりしますしねえ。でも、ジュリエットがあんなにレイに惹かれてるとは思わなかった。そりゃあ、趣味完全にあいますもんね。しかも、特異なジュリエット語を母国語かというくらい完全に読み取ってくれるわけですし。ってか、なんであんなに完璧にジュリエットが何言ってるかわかるんだ!?w
あ、そう言えば件のスピンオフ漫画のクロウレコードで登場してジュリエットとチェルシーの友達になってよくつるむようになってたマックスちゃんが、本編でも登場してましたね。
こっちだと名前、マックスとしか描写されてなかったけど、正式名は「グレート・ジェノサイド・マックス」ですぜ。なんか見る目が生暖かくなりそうである。

さて、本編の方ですが、アルター王国と皇国との間で講和会議が行われる事になる一方で、万が一戦争が再開された時のために、参加条件をクリアするためにクランに加入しなければならなくなったレイ。ところが、一時参加させてくれそうなクランが、急に潰れてしまったりレイを目の敵にしていたり、レイを宗教勧誘してリアルまでえらいことになりそうな団体だったり、と目星が立たないことに。
ここで、自分でクラン作ればいいじゃん、と相談に乗ってくれた上にストライクなアドバイスをくれる迅羽さん。ほんと、作中もっとも頼りになる広い見識を持つ常識人ではなかろうか。小学生女子だけど。小学生女子とわかっていて相談して頼りにしてしまうレイ君ぇ。でも、実際頼りになるからなあw

で、出来上がったクランが見事に大惨事である。おおむね、レイのファッションセンスの末の格好と似たような傾向かもしれないけど。いずれにしてもクラン名が完全に悪の組織である。昨今、悪の組織でもここまで直球の悪そうな名前しないよね、というくらいアレである。
でも、参加メンバー見てると、どいつもこいつも凶状持ちだったり札付きだったり見た目アレだったり、とあれ? むしろ名前ピッタリなんじゃね? と思えてくる不思議!
なんかもう普通に極悪クランだよね! 見た目的にもあと堕天使と海賊が入っても違和感ないよね?

本筋の方の王国と皇国の講和会議の方は、先だってから皇国の国内事情の逼迫とカルディナの方が不穏でむしろ皇国側も被害者サイドなんじゃ、という雰囲気が醸成されていたので、ある程度無難に落ち着くのでは、とも思っていただけに、皇国側の行動はある意味予想外。いや、講和会議でそこまでやってしまったらもう後戻りはできない、というのは作中でも語られている通り。
何らかの形で国として終止符がうたれない限り、中途半端な形ではもう妥協の余地がなくなってしまっている。アルター王国としてはアルティミア王女としては、先の戦いの遺恨を割り切ってここで最大限の妥協を示すつもりだったはずなだけに。
そこまで皇国側がする必要があったのか。少なくとも国単位ではそのへんうかがい知れないだけに、クラウディアとラインハルトの個人的な事情にあるのか、それとも大賢者絡みの対運営で動いている連中の思惑が深く絡んでいるのか。アルター王国側にも、先の戦争前後で意味のわからない意思決定がなされていたのを見ると、かなり根が深い問題が王国と皇国、場合によっては各国の最暗部にはびこっているのかもしれない。
運営は運営で相変わらず「理不尽」を強いる事こそが正しい手段とすら思っているようだしなあ。トムさんがそんな運営の中でひとり奮闘していて、なんか不憫ですらある。

さてもはじまった絶望的なアルティミアを守っての撤退戦。いきなり月夜先輩が真価を見せてくれてましたけど、あれ実際やられるとメチャクチャだな!! まさにグローリアの理不尽をそのまま引き継いで体現してるじゃないですか。これはエグいわー。
……でも、これでもう最大の見せ場が終わってしまったような気がするのは気の所為だろうかw
と、いういい所で次回に続く。

シリーズ感想