【シュレディンガーの猫探し】 小林 一星/ 左 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

探偵嫌いの僕と迷宮落としの魔女

妹にまつわる不思議な現象、「やよいトリップ」。未来視とも思えるその力が原因で巻き込まれたとある事件をきっかけに、訪れた洋館。
洋館の表札には『探偵事務所 ラビリンス』。
そして、古めいた書架に囲まれるように彼女はいたーー。
魔女のような帽子に黒い服。書架に囲まれた空間そのものが一つの芸術作品のように美しい佇まい。
「解かれない謎は神秘と呼ばれる。謎は謎のままーーシュレディンガーの密室さ」
彼女ーー焔螺は、世界を神秘で埋め尽くしたいのだと言った。
「私は決して『探偵』なんかじゃない。神秘を解き明かすなんて無粋な真似はしないよ」
探偵じゃないなら、いったい何なんだ。
問えばふたたび、用意していたように即答だった。
「魔女さ」
まったく、時代錯誤も甚だしいと嘆かずにはいられない。
神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日ーー僕は出会った。

第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞。
ゲスト審査員・若木民喜氏絶賛の新感覚「迷宮落とし」謎解き(?)開幕!

魔女である。探偵ではない。謎を暴く存在ではない。謎をそのまま神秘として喰らい上げる存在である。すなわち事件を解決するのではなく、迷宮入りさせてしまうのだ。
人呼んで【迷宮落としの魔女】。
そして、本物の魔法を使う魔女である。

そう、本物なのだ。本当に魔法を使うのだ。ならば、彼女の存在そのものが論理的帰結によって謎を解き明かし事件を解決する探偵のお仕事の天敵である。意図を持って、事件解決を邪魔して謎を神秘に昇華させるのだから、尚更に明確なる敵対者だ。
まあ、名探偵諸氏が果たして彼女を本当に本物の魔女として認識しているのかは定かではないが。明智くんは知らないよね? 金田一さんは知っててもおかしくなさそうだけれど、知ってたっけ?
でも魔女なる彼女、焔螺さんがやってるのって詰まるところ「証拠隠滅」であり「偽装工作」ですよね。
興味深いのがそれをやる立ち位置として、通常の「犯人サイド」からではなく、完全な第三者、或いは依頼されて、或いは巻き込まれて事件に遭遇しその対処に取り掛かる、という「探偵サイド」に互換される立ち位置から行っていることでしょう。
だから、不思議と焔螺さんのやってる事は名探偵のそれと同じに見えてしまい、同時に名探偵がやる謎解きの正反対である謎隠しに見えてしまう。ややこしいんだけど、探偵VS犯人じゃなくて、探偵VS探偵という範疇に見えるんですよね。
しかしやってる事は証拠隠滅偽装工作である。犯人がやることであり、犯人を擁護したい介入者がやることである。
……これ、警察沙汰の場合普通に犯罪ですよね、うん。
なので、ここで起こる事件はおおむね警察案件ではない。日常の範疇で、探偵へ依頼された失せ物探しの範疇である。だってこれ、警察に捜査されたらわりと普通に科学的な検査とか監視カメラや聞き込みでのアリバイなんかでバレそうな偽装工作ですし。
あくまで対象は、「名探偵皆を集めてさあと言い」に代表される探偵の謎解き推理を成立させないためのおじゃま虫、と考えればいいのだろう。
それでも、探偵側が主役だったりするとこの手の偽装工作なんぞは、込みで簡単に暴かれてしまうのが常なように思えるので、あれくらいで「証明」が出来なくなってしまう明智くんはちょっとがっかりだぞ、うん。
まあ殺人事件などのように、犯人の指摘こそが最大の目的である案件と違って、これらの事件は決して犯人のあぶり出しが必要ではなく、不安の解消だったり予定の時刻通りの消化が目的だったりしたので、明智くんも金田一さんも手段が目的より優先になるタイプの探偵ではないちゃんとした人だった、という事なのかもしれません。
それでも明智くんとは、謎は謎のままであった方がいい場合もある、という見解に関して決定的に決裂はしているのですが。
でも、とある謎を暴けば主人公の妹である弥生の心が致命的に傷つく、というあの案件に関してはそこまで主人公が強迫観念に駆られるほど致命的な謎であったかというと……ちょっと弱い気もするんですけどね。妹に対する過保護で心配しすぎ、と言ってしまうのは酷だろうか。
ちょっとこの件に関しては主人公、余裕なくし過ぎててフラットに見れないところもあるのですけれど。それでも、それだけ余裕を無くしていたにも関わらず、自分ひとりで背負い込みきれず、それでも背負い続けて潰れる、ではない最後の最後で魔女さん炎螺に頼ることが出来た、というのは主人公が縛られていた自縄自縛が解けた、と見ていいのだろう。
向こうが求めてくるまで無理押しせず、しかし優しく寄り添い続けて主人公が致命的に損なわれるのを防ぎ続けていた炎螺さんは、言動見た目エキセントリックというか派手というか魔女魔女しい人だけれど、基本的に包容力の人なんだよなあという印象を受けるのでした。
そんな魔女さんからお母さんと呼ばれる芥川さんの、あのあんまり出番ないのに出たら出たでやたら安心感を与えてくれる存在力は何なんでしょうね。ガチ母性? これぞ包容力?
ってか、あの人がお母さんならお父さん誰だよ問題。
個人的に金田一探偵が大人でマイルドな聡明さと渋さがあって、ああいう探偵カッコいいです。明智くん、あんなの目指しなさいよ。まあ主人公も青いと言えば青いので、明智くんとならどっこいどっこいなのかもしれませんが。
謎は謎のままで、真相は闇の中、真実は箱の中。それこそが神秘のはじまりで、この物語の趣旨でもあるのだけれど。
……いやうん、実際の所謎が本当に謎のままだったり、犯人にさっぱり言及がいかないのって、ぶっちゃけモヤっとするというか、スッキリしないというか、引っかかるというか、気になっちゃうんですけどね! 
気になるのよ?