前回、去年後半の分の記事です。



半年ごとのウェブ小説開拓であります。今回は二次創作小説からも数点ピックアップ。
前までの記事を見ていると、結構取り上げた作品が書籍化してるんですよね。今回のピックアップ作品からもまた本になるものがあればうれしいのですが。


<小説家になろう>から


転生令嬢ヴィルミーナの場合 (白煙モクスケ)


この女、ガチヤベえ。公爵令嬢ヴィルミーナ。
前世からして女の身の上でありながらネオリベラリズム信者であり、日本が金で世界を食い荒らしていた時代に総合商社のキャリアウーマンとして世界中を飛び回り、社内紛争でケチを付けられては紛争地帯に飛ばされたりしても発展途上の国々を食い散らかして再びのし上がってきたそれはカルロ・ゼンの世界を高笑いしながら悠々と闊歩する女、或いはエコノミックアニマルならぬエコノミックモンスターというべきか。
政治の妖怪、経済の怪物。それでいて身内には甘いくらいで身近な人にとってはイイ人なんですね。そして乙女のように恋をして、幼馴染と大恋愛だってしてしまう。
しかし、知人友人親族の範疇からハズれれば、それは徹底した利害の対象、搾取の標的。自国民でないのなら、死骸からでも毟り取れ。
近現代に片足を踏み入れた産業革命と思想革命と戦争革命の渦中へと至る時代。国際政治の闇という汚泥の中を、さても世界各国を牛耳る政経の怪人魔人魔王どもが大宴会を繰り広げる中で、主役として踊り狂うヴィルミーナ。正直、ここまでハイエンドの経済魔人なお嬢様は、【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】の桂華院瑠奈さま以来お目にかかったことはなく、その悪辣さ冷酷さにかけては追随を許さず。架空戦記としても政治小説としても悪役令嬢モノとしても観物の一作でした。


誰だ、こいつら喚んだ馬鹿は (赤木一広(和))



わりと真面目にゲームの三國無双とか戦国無双シリーズみたいな大軍勢VS個人をやると酷いことになるね、の【無双系女騎士、なのでくっころは無い】の作者さんの新シリーズは、異世界に飛ばされた元からかなり頭おかしかった女子高生による無双惨劇と、それについていくことになった普通だったはずの男子高校生の三人組の冒険譚、なのかしら。面白いのが、実際戦闘では戦力にならない男の子の方がリーダーシップを発揮して、現代日本と異世界の価値観ギャップをうまいこと埋めていき、女子高生たちに染められながらも彼女達が最大限力を振るえる環境状況を整えていく彼の手腕は見応えタップリなんですよね。ただ戦闘力で無敵な女子高生たちもまあ精神も何もかも怪物の類なんでしょうけれど、それを見事にコントロールし同時に存分にやりたい放題させる彼もまた怪物なんだよなあ。なので、これは現代から来た三匹の怪物が、異世界を蹂躙していく話でもあり、戦闘力∞で脳味噌まで戦闘民族の女の子たちを覚悟の決まった頭の切れる誠実な男たちが苦労しながら支えていく、というお話でもありました。結構、カッコいい男連中が出てくるんですよね。


限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー (三上康明)



元々からプロの作家さんで、小説家になろうで連載をはじめてからも【察知されない最強職《ルール・ブレイカー》】などのヒット作を飛ばしてきた三上康明さんの新作シリーズ。個人的にはこの人の最高傑作になるんじゃないかと思っているほど、今現在メチャクチャ面白い。
なにより主人公のレイジくんが凄くいい子でねえ。好青年、というにはまだ幼い少年なのだけれど、奴隷という身の上で苦労し辛酸をなめる経験もしてきていながら、つらい思いをしてきたからこそ優しくされた事を大事に思い、懸命に報いようとする善性は見ていて気持ちがいいんですよ。
第二章の貴族の従者として過ごしたあたりが特に好きで、一人の貴族令嬢を独り立ちさせ、歪み壊れるはずだった父娘の愛情を繋ぎ止めることになった彼の働きは、痛快であり胸を暖かくさせてくれるものでした。話の展開も山場がたくさんある盛り上がりが絶えないもので、毎日連載というのもあり面白いという意味では今一番かも。




ハーメルン

皇女戦記 (ヤマモトレイ) 原作:幼女戦記


結局は一兵士に過ぎない主人公デグ氏が国政の行く末に関与するには大いに制限があるなかで、さてそもそもから国の中枢に座を設け国家体制に寄与できる立場の人間にデグ氏と志同じくするものがいればさてどうなるか。
というわけで、手の及ぶ範囲で産業構造やインフラ整備、兵器開発などに影響を及ぼし、軍組織の再編から外交に至るまで手を加える皇女さまによる自国のみならず世界中を引っ掻き回す帝国運営のお話であり、そしてどう改善しようとも根本的にどうしようもない帝国という国のあり方と、どうしようもない国際情勢という絶対に超えられない壁を前に、どうソフトランディングするか、という後始末のお話である。


帝国貴族はイージーな転生先と思ったか? (鉄鋼怪人) 原作:銀河英雄伝説


正史より遥か以前に帝国から派閥争いに敗れた皇族貴族たちによる亡命政府が誕生し、それが同盟側の自治区となり同盟政府にも加わっている歴史。
つまり主人公は門閥貴族の子息であると同時に、同盟軍の士官でもあるという愉快な立場なのである。
貴族世界のある意味歪みながら歴史として長らく成立してきた重みを感じさせる制度や価値観の描写や、同盟側も民主主義をうたいながらも様々な名士層や旧植民星系層などの派閥があり、複雑怪奇な政治闘争が行われてたり、と門閥貴族でありながら同盟士官という主人公の立ち位置を納得させる世界観の形成が重厚なんですよね。
それでいて、この主人公が望んでないのに向こうから必ずトラブルが舞い込んでくる、というか毎回死にかけるような問題にぶち当たるトラブルメーカーで、いやこれがいい加減可哀想になってくる頻度と難易度なんですよね。よくこいつ死なないよなー。おかげで周囲からは自分から死地に飛び込んでいく疫病神の戦闘狂と思われている始末。とはいえ、戦闘描写にしても主人公のどこか愛嬌のあるキャラクターにしてもメリハリがあって、非常に面白い。
帝国亡命政府が同盟内の一つの派閥勢力として成立しているので、原作キャラクターの立ち位置なんかも微妙に影響されて変わってたりもしますし。一番変わってしまったのはやはりシェーンコップですか。本人のキャラはあんまり変わっていないのですが、境遇は相当変わっています。というか、奥さんのキャラがあんなん面白すぎるw
今、ちょうどイゼルローン要塞攻略戦なのですが、どえらい事になってますし。イゼルローン要塞での戦いで、ここまでガチの要塞攻略戦になってるのそう言えば見たことなかったよなあ。
銀英伝原作の二次創作の中でも屈指の作品だと思います、おすすめ。