【ラストエンブリオ 8.追想の問題児】 竜ノ湖 太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

第二次太陽主権戦争・第一回戦のアトランティス大陸での激闘を乗り越えた「問題児たち」。三人が揃う平穏な時間は、実に三年ぶり―その間、それぞれが過ごしてきた波乱の日々。“護法十二天”に持ち込まれた依頼から始まる、十六夜たちと華僑との戦い。“ノーネーム”の頭首となった耀が、一か月以上行方不明になった事件。“ノーネーム”から独立した飛鳥が、“階層支配者”に任命されることになり…!?心を許し合う、つかの間の休息の後、箱庭の外界を舞台とした第二回戦が幕を開ける!「問題児」シリーズ完結から語られることのなかった三年間、その追想と始動を告げる第8巻!!


釈天社長の会社はあれ、どう見ても探偵かなんでも屋だよねえ。フリーエージェントと言われてもピンと来ないけど、なんでもやるよという意味なら頷ける。
というか、釈天さんはインドラ神とかやっているより柴又あたりで小さい探偵事務所を営んでいて、地域の人たちの頼みを聞いて回る、時に荒事にも首を突っ込むもののそこは神様の威徳をもってバリバリやっちゃうよー、くらいの地域密着型が似合う人となりなんですよねえ。
神々の中でももっとも人間が身近に親しみを感じる神様、なんて感じに語られる帝釈天ですけど、主神クラスじゃなくてほんと、下町のおっさん神やってるくらいが似合うおっさんなんですよねえ。
決して、スケールが小さいというわけじゃないのだけれど。でも、金欠で少ない生活費を競馬に注ぎ込んでオケラになってるところとか、世界を股にかけていい神様じゃないよなあw
とはいえ、そんなおっさん神が地元のいつもお参りしてくれる信仰厚い少女のために、失踪した親父さんを救うために華僑のマフィアの根城に乗り込むぜー、という話は人情物のきらいもあってなかなかワクワクさせてくれるお話だったのですが、肝心の大暴れー、という所が略されてしまって肩透かし。相手が元箱庭の住人というのもなあ。いやそこは、無頼どもを神様と十六夜くんとで派手にぶっ飛ばし、というのを期待しちゃうじゃないですか。それもそこらのしょぼいヤクザじゃなくて、相手はガチ本格派の中華マフィアだったわけですし。
これに限らず、耀の行方不明事件の顛末も囚われというか身動き取れなくなっていた耀を発見して、彼女が行方不明になっていた事情が明らかになって、さてどうやって解決するかという段階にまで順調に話が進んだら、またぞろ盛り上がるだろう大暴れのところがすっ飛ばされて、結末だけどうなったか書いて幕を下ろす、という展開に。いやー、それちょっと肩透かしっすよ。不完全燃焼ですよー。いや、オチは面白かったんですけどね。釈天のおっさんが悲しい目にあうのも合わせて。

さて、本編のゲームの方も次の開始準備が着々と進んでいて、ゲームの舞台が十六夜くんの時代の地球ということで十六夜くんの旧友となる人物も登場し、さらに陰陽寮なんてワードまで出てきた上に、箱庭と地球という運命共同体の行く末に関しての白夜叉の不穏な動きなんかも見えてきて、祭りの前のあのジリジリとした盛り上がりを感じていたんですよね。
箱庭じゃなくて、地球の方が舞台というのは色々と修羅神仏とかの能力が制限されるようでいて、逆に本来なら地球側では開陳されないような力や破壊がド派手に飛び交う可能性もあり、という事もあり、またこの時代の人間ではない飛鳥や耀の反応など楽しみな部分もたくさんあったわけですよ。
そこで、あとがきでの休載宣言でがっくり落胆することに。後生やでえ。ただ作者さんとしても苦渋の決断だったようですし、色々あったみたいですしこればっかりは残念ですがどうしようもないよなあ。願わくば、どんな形であれ再開、もしくは続きを手掛けることができるようになれば、と祈るばかりです。

シリーズ感想