【地獄に祈れ。天に堕ちろ。2.東凶聖餐】 九岡 望/ 東西   電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

死神×聖職者。イカれた奴らのイカれた日常、再び!

みなさーん! 今日も元気に死んでますかー!? 亡者の街『東凶』より、DJフルソマがお送りいたします。
さて相変わらず悪人亡者を狩りまくる『死神』ミソギですが、なんと彼の前に 『本物の死神』が現れたというじゃありませんか。しかも超美人。いいなぁ!
更に『人喰い鴉』のアッシュが、なんでも食べちゃう最悪の『亡霊兵器』を追いかけてきたというから、この街はまたかなり物騒なことになりそうです。
……というかこれ、東凶壊滅のフラグビンビンでは?
じゃ、じゃあDJはお先に逃げるので、みなさん代わりに世界の終わりを見届けてくださいね! グッバイ!!
……え? 逃げ場、無いの!?


東凶巣怪吊と書いて「トウキョウスカイツリー」と読むの、結構好きかもしらんw
一巻では終盤になってアッシュが正気を取り戻して一人の人間として立ち直るまで、アッシュが本当の意味でイカレてしまっていたので、バディものとしての醍醐味を味わえたのはクライマックスに差し掛かってからだったんですよね。
しかし、この二巻では最初からアッシュがもうまともになっているだけに、スロースターターだった前回と異なり今回は最初からバディものとして全開フルスロットル。
そう、これだ、これが見たかったんだよ、というミソギとアッシュのお互い罵り合い実際手も足も出る喧嘩を繰り広げながら、一方でやたらと息ピッタリでシンクロしてるかのように戦闘ではお互いを補い合い、また以心伝心でお互いの意図を読みあい、時に強引に引っ張り回し、そのすべてがなんだかんだと相手への揺るぎない信頼に基づいている、というこれぞまさにバディアクションの完成形、という体を最初から最後まで目一杯見せてもらいました、やったね!
息をするように貶し合い殺気をぶつけ合いながら、いざミソギやアッシュそれぞれの信念や根源を揺るがすような事態を前にして思わず相方が立ち止まってしまった時は、荒っぽいやり方や口ぶりながら叱咤し背中を押すような気配りを見せるわけですよ。それが優しい言葉だったり親身な態度じゃなく、拳だったり皮肉全開の言い回しだったりするのが彼らなわけで。
傍目には本気で殴り合ったように見えて、実は叱咤激励してたりで男同士でわかり合ってるような態度に、思わずフィリスが「男の人って……」とため息をついてしまうあたりに、もう分かり味が尽きないわけでw

そのフィリスだけれど、彼女は彼女で以前のイカレてしまっていたアッシュの制御弁でもあった「姉」という役割を、アッシュが正気を取り戻して降りる事になったのだけれど、ある意味拠り所だった狂気を失い、姉の喪失を受け入れてしまったアッシュに、なおも寄り添い続けてるんですね。
以前と違ってちゃんと話が通じるアッシュは、前みたいに何をしでかすかわからない危なっかしさが取り除かれて、ちゃんとフィリスの言葉も聞いてくれるので、暴走するアッシュにひたすら振り回されて悲鳴を上げていたのが懐かしくなるくらい。いや、ほんとにちゃんと話も意見も聞いてくれるようになりましたよね。そのぶん、フィリスの押しも強くなったようで、アッシュの聞き分けが良くなったというよりもフィリスの手綱が効いているという方が正しいのかも知れない。ミソギと合流してからも、アッシュだけでなくミソギもまとめて彼女が引っ張っている節もありましたし。
ビシッと言い聞かせられて、思わず顔を見合わせるアッシュとミソギがまた良いシーンでありました。
フィリスもまた、こうしてみるとほんとうの意味でアッシュの相棒となってるんですよね。今度こそ、与えられた役割ではなく自分の意志で、アッシュのパートナーとして歩んでいく事を選んだ生き様は、まさに強い光のようで正気を取り戻すと共に絶望も思い出してしまったアッシュを照らす光となっているかのようです。

こうしてみると、アッシュにはフィリスという相方が出来ているわけで、そういう意味ではミソギにもパートナーがほしいよなあ、と思ってしまいますよね。それこそが、火楽木蓮というもうひとりの、そして本物の死神だったのではないでしょうか。
太平楽でどこか呑気な、閻魔の友人でもある死神の女。本質的には、ミソギと同じ方向を向いているキャラクターのはずなのだけれど、その一途さと優しさが生死の境界が喪われたこの東凶という場所においては駆け足になってしまったのか。長らく眠っていて、目覚めたら自分の死神としての在り方を根底から覆すような世界になってたら、そりゃ目を回しますわなあ。
そこから、亡霊兵器の襲来という偶然と地獄の閻魔との約束、迷い子たる少女の魂の懇願、と彼女の一途さをひた走らせ、願いを叶えるという特性を加速させる要素が加わったことで、木蓮に亡霊兵器の開花に便乗させることにだったのか。悪意ではなく、ただただ寂しい思いを慰めたいがために、世界そのものをひっくり返そうとしてしまった優しい死神。それは、ミソギみたいなヒーロー気質に人間にとって、好ましくはあっても忌避スべき相手じゃなかっただけに、まあ頑固者同士ぶつかりあってそれぞれの意志を貫き通すしかなかったわけだ。色んな意味で同レベルなもの同士でもありますし。
木蓮、それは嫌いという感情じゃあないんだよ、と教えてくれるような親切な人は幸か不幸かいなかったわけで、いやフィリスともう少し接触が増えてきたら結構ぶっちゃけて教えちゃいそうだなあ、フィリスたん。
相変わらず、ビジュアルの派手さが鮮やかに光景となって目に映るアクション描写。こういう映えるアクションを描ける文章は、この作者さん得意技ですよねえ。今回は最初から最後まで一貫してぶっ千切った痛快エンターテインメントアクションをやってくれて、その上でバディものとしてもこれぞ、という大満足の仕上げで、大変ごちそうさまでした。うん、期待して見たかったものを十全見せてくれた、という感じです。前に物足りないなあ、と思ったところを見事に全部埋めてくれました。ありがたし、ありがたし♪