【新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 V】 支倉 凍砂/文倉 十  電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

神をも畏れぬ女商人エーブの謀略を見事に退け、王国と教会による戦争の危機を回避したコルとミューリ。騒動も落ち着く頃、コルは自らを慕ってくれるミューリとの関係をはっきりさせなければとあれこれ知恵をひねり、ある方法を思いつく。そして調べもののため、かつて訪れたブロンデル修道院を目指す道中、コルとミューリは行き倒れの少年ローズと出くわすことに。彼はミューリの尻尾が飛び出るほど高名な聖クルザ騎士団の見習い騎士で、世界最強の騎士団が、悪名高い“薄明の枢機卿”のせいで壊滅状態だと訴えてきて―!?一時の休暇のはずが、またしても大事件勃発のシリーズ第5弾!

おおっ、黄金羊のハスキンズ翁、久々の登場である。ウィンフィール王国が舞台になれば、また再登場あるかな、と思ってはいましたけれどこのタイミングで、という事になりましたか。
ロレンスとホロ相手には塩対応、とまではいかなくても峻厳でどこか動かぬ岩を相手にしているような相対し方をしていた印象のある羊のお爺さん。ホロですら強く出られず、耳を伏せていたイメージがあるもんなあ。それだけに、コルとミューリの年少組がこの寡黙で厳しい老人とお話するのは辛いんじゃないか、と思っていたら……あれあれ? なんだかミューリには対応が柔らかいぞ? というか、ダダ甘だぞ? 羊爺さん、デレてますか? ミューリのこと、孫感覚ですか!?
ハスキンズさん、生意気と称したホロと比べてそりゃあミューリは可愛げの塊みたいな娘で、最初こそビビってたもののすぐに懐いてわりと遠慮なく無邪気に接してくるものだから、お爺さんちょっと嬉しそうなんですけど。
まあ爺馬鹿というだけではなく、ロレンスとホロの行く末がミューリという物証付きでハッピーエンド継続中という形で収まった事が、本当に嬉しかったからというのも大きいのだろうけれど。あの頃はまだホロは厭世的な部分があって、ロレンスと添い遂げようと決心ついてなかった頃なんじゃなかったっけか。だから、ホロの先行きをハスキンズ翁は決して楽観はしてなかったと思うんですよね。それがこうしてミューリがあの時ロレンスにくっついていた子供コルとともに自分を訪ねてきてくれた。
ハスキンズ翁がこうして本音語ってくれるとは予想外だったのですが、ホロたちが訪ねてきた事も彼にとってはとても嬉しいことだったそうで、あれで百年まだ頑張れる気力を得た、と言ってるくらいですから、ミューリたちの来訪はさらに百年重ねられたんじゃないだろうか。

さて、ミューリとの間に確かな絆を形であらわすために、二人だけで使う紋章を定めようと決めたコルとミューリ。兄妹というには実際には血が繋がらず、しかし聖職者になるために結婚はできない。しかし、今更離れることは能わず、きっと死ぬ時は一緒と信じられるほどに共に有り続けたいと願った二人。その思いを確かなものとするための紋章だったのだけれど、逆にその紋章を二人だけで使うためには、二人の関係をはっきりしたものにしなくてはならない、という事実が発覚してしまう。
そう言えば、ホロとロレンスも随分と長い間お互いの関係についてウダウダやってたなあ、とふと思い出してしまった。エルサにお互い好きなのになにウダウダやってんの! と一喝されて色々と関係が一新されたんですよねえ。
ミューリとコルの場合はまたホロとロレンスのときとは事情が違うので何とも言えませんけど。コル個人の信条の問題ですし。それでも、ミューリの求愛に応えれば即座に全部解決じゃん、と思ってしまうのも否めません。
最後に改めてコルってば、ミューリとの新しい関係について見出していましたけれど、さすがにちょっとそれしっくり来ませんよ? ミューリが騎士、というのもねえ。足元が疎かでふわふわしているコルの代わりに、足元に注意し迂闊を指摘しナニカにぶつからないように手を引いて歩くミューリを騎士と呼ぶのは、さて……微妙に色々と丸投げして頼り切りになると言ってるようなものな気がしてきたぞ。まだ兄妹であった方が兄として威厳があったようなw ミューリはこれはこれでご満悦かもしれませんが。

月を狩る熊の謎についても、ミューリによって新たな見解のアプローチが。新大陸に消えた、という話になっていたけれど、そういえばそうなんですよね。前から漠然と感じてはいたんですよ。人ならざる者、ホロたちのような獣の神たちの間では月を狩る熊はまさに魔王さながら、有名なんてものじゃないのに、人間たちの間であの熊の話って一度も持ち上がった事なかったんですよね。伝承ですらほとんど語られていない。ホロにしてもハスキンズにしても、古きものは何かしら伝承を残しているのに、一番有名になりそうな熊についてはあんまり聞かないなあ、と思った事がそう言えば狼と香辛料を読んでいる時にあった気がします。
まさか、そういう方向にアプローチしてくるとは予想外でした。これ、地味にコルにはショックな仮説だよなあ。
いやでも、コルにとって神とは実体のある存在として受け止めているわけではありませんし、彼の信仰の在り方を見れば、発端なんて究極的には気にしてもしょうがないもの、として割り切れる範疇なのかも。でもそうなってくると、教義とかにそこまで拘る必要もなくなってくるよなあ。

コル、すなわち薄明の枢機卿の活躍によって、ウィンフィール王国内で旧来の教会勢力が劣勢となってしまった、その余波でウィンフィール王国からの寄付で運営されていた教皇直属の聖クルザ騎士団、その中のウィンフィール分隊が存続の危機に立たされてしまう。
まさに、コルの影響によるもので、良かれと思ってやっていることでもどうしてもしわ寄せというのはどこかで出てきてしまうという事なんですね。誰が悪いというわけでもなく、しかしその道理をなかなか受け止められる人間は少ないわけで。でも、ウィンフィール分隊の隊長さんはその道理がわかってる人だったんですね。だからこそ、コルを悪者にして王国内の反抗勢力側について立場を確かなものにする、という安易な方法を取らなかった。それは身を挺して周りのすべてを守ろうという騎士としての誇りであり、しかし選んだ方法は茶番を演じることであり、騎士としての誇りを捨てる行為でもあった。つまり、自分だけが貧乏くじを引くことで全部丸く収めようという方法だったんですね。
でもそれは、コルの信条としては受け入れづらい事だったんですね。誰かに負債を押し付けない、みんなが幸いを得る。それが商人でも武人でもない、コルのやり方でエーブからすらも勝利をもぎ取り分配し直したやり方だった。
一時はこらえて隊長の茶番を受け入れようとしたコルだったけれど、まさに起死回生の発想の転換でした。しかしこれで、聖クルザ騎士団からも信頼を受けるようになったわけですから、薄明の枢機卿の名声は揺るぎないものになってしまったなあ。もうここまで来ると、一介の聖職者なんかに戻れないんじゃないだろうか。
ハイランド王子は、何はなくとも後ろ盾になってくれるだろうけど。この人、王族なのに人が良すぎて心配になる。ちょっとイイ人すぎやしませんかね!?