【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 11】 手島史詞/COMTA HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

夢の中で理想のデートを!?

温泉の恩返しにリリスは、ザガンとネフィのデートを自らの能力で夢の中で行えばいいと提案をする。
しかし想像力の低さゆえ結局いつも通りになり、ザガンは懊悩してしまう。
そんな時訪ねてきたのは<魔王>ナベリウス。
彼の依頼は消息不明の<魔王>を夢の中に捜しに行くことで――。
大人気ファンタジーラブコメディ第11巻!

先輩後輩なザガンとネフィもいいんだけど、カラー口絵で膝枕されてる二人の後ろでラブコメしてるシャスティルとバルバロスがまたいいんですよね。バルバロスが典型的な不良っぽい男の子で、パン咥えてるシャスティルは委員長っぽくて、どれだけ王道のラブコメしてるんだ、とw
そして、本編冒頭10ページかからず凄まじい糖度のイチャイチャっぷりを見せつけるザガンとネフィにゴメリおばあちゃんも満願成就の出血死である。
最近、愛で甲斐のあるカップルの甘酸っぱいムーヴが各所でひっきりなしに起こるために、さすがのゴメリおばあちゃんも全部カバーしきれなくて、遠方で発生しているラブラブに地団駄を踏むばかりなんですよね。そのうち、おばあちゃん分身分裂の術とか憶えてしまうんじゃないだろうか、と心配にすらなる。
これでこのおばあちゃん、【妖婦】ゴメリとして自分の左腕とザガンが呼ぶほどの魔術師なんですよねえ。右腕として絶大な信頼を置いているのが【黒刃】キメリエス。んで、背中合わせというか背中を任せるという感じなのがバルバロスか。これに元最強の聖騎士団長ラーファエルが執事として控え、義娘のフォルは実力ではもう魔王級。これに今居候として魔王オリアスことネフィ母ちゃんと、吸血鬼の始祖である天使狩りのアルシエラがいるわけで、ザガン一党の戦力の充実っぷりとキたら見た目の厳つさと合わせても、もう魔王軍と呼んでもいいんじゃないだろうか、という偉容なんですよねえ。
そんな連中が顔を突き合わせてなにをやっているかというと……。

シアカーンとビフロンスという魔王同士の同盟がちょっかいをかけてきている状況に、さらに魔族、そしてアザゼルという謎の世界外からの侵略者の影が忍び寄り、世界そのものの危機が迫っているという結構切迫しているような現状で、ザガン一党の最高幹部と言っていい面々が深刻な顔をしてザガンに進言するために集まってきた日には、ついに一党全体で動き出さざるを得ない重大事件が起こったのか! と、読んでるこっちも緊張に手に汗握ったのに。
ラーファエルにオリアスにアルシエラにキメリエス、そしてバルバロスまで揃って何の話かと思えば……フォルに彼氏の影が疑惑である。
知り合いに恋バナを聞いて回るフォルの様子に、まさかの男が、それとも恋愛についに興味を抱くような年頃に、という疑惑が生まれてしまったのだけれど。
全員、ガチで真剣なんですけどw
いや、親バカなザガンはわかるんですけど、シャスティルに突撃されて巻き添えくらったバルバロスはともかくとして、他の四人もザガンに負けず劣らず本気で深刻な様子で顔を突き合わせて話し合ってるわけで。いや、あんたら過保護すぎやしませんか!?
直前に、娘と孫娘が可愛すぎてちょっと精神的に耐えられないから家に帰ります、とか言い出してるネフィ母ちゃん、あんたそんなキャラでしたっけ。そうでしたっけ。そうでしたか、そうか。
……平和だなあ、としみじみ思ってしまった。
いや、彼らにとって世界の危機も家族の危機もまったく同列だと思えば、アザゼルやシアカーンたちの思惑について真剣に話し合うのも、フォルのおかしな行動に焦燥しながら喧々諤々論じ合うのもそりゃ同等で変わらないことなんですよね。だから、同じ調子で同じ意識で同じように話し合える、と。
それだけ、かれらにとって仲間や家族、身内のことが大切で大事、というのがこういう風に伝わってくるのは、それはそれでキュンキュンしてしまうんですよね。
大幹部会議の面々は年長者も多いので、思わぬ所でフォルの恋バナ探求の煽りで彼らのいろんな話も聞けたのだけれど……ラーファエルさん、黒花とはホントに血は繋がってないんですよね? だとすると、黒花は想い人だった女性の忘れ形見という事になるのか。実の娘同然に可愛がっていた、というけれどそれでは済まない思い入れだわなあ。そりゃ、黒花にまとわりついてくる虫には過剰反応してしまうわ。シャックスくん、超頑張れ。いや、超頑張ってるのは黒花の方なんですけどね。
あんまりにも察しが悪いものだから、最初の頃はまだ淡い想いを自覚するかしないかあたりで持て余しているような塩梅だったのに、シャックスの反応があまりにも鈍いわりに、そりゃもう丁寧に大切に大事に扱われるものだから、黒花の方に完全に火がついてしまっている状態で。
黒花の不運体質がこの際、ラッキースケベ的な効果を発していて、思わぬ強烈なアプローチになってしまっているのが面白い。さすがのシャックスですらも、気づかずにはいられない強烈さで、これ何気に一番進展しかけてるんじゃないだろうか。
そのシャックス、何気にザガンからの評価も滅茶苦茶高いんですよねえ。魔術師としての実力は、そりゃバルバロスやゴメリ、キメリエスなんかとは比べ物にならないくらい並なんですけど、それでもザガンが魔王継承候補に名前を上げるくらいなんだから、凄い評価してるのなあ。

とまあ、いつものように甘酸っぱいカップルたちのキャッキャウフフに蕩けていたら、思わぬところから「アザゼル」の正体に急接近することに。何気にアルシエラの恋バナのほうにも紐付けがしてあって、やはりアルシエラの存在そのものが鍵だったのか。
彼女の語る銀眼の王。それがザガンの父親でもあり、なんかリリスにも重要な関わりがありそうなんだけど……これって、話聞いてるとおりに受け止めると、アルシエラがリリスとザガンの……という可能性もあるのか、もしかして?
わりと当たり前の顔して、パパとかママとか出てくるお話だしなあ、これ。オリアスとか、オリアスとか。
ここで一気にアルシエラ退場か、と焦ったけれどリリスよく頑張った、偉い! いや実際、アルシエラの過去はまだまだ不明な点も多いし、ザガンたちとの本当の関係なんかも知れてないし、そこには絶対ゴメリおばあちゃんが悶死しそうな愛で力が眠っているはずなので、まだまだ掘り出せるはずなんですよね、退場は早い!
その頑張ったリリスの方にまで新たな彼氏候補が! また新たなカップル誕生ですか!? いや、まだリリスの方はピンとキてないようですけど、いきなり告白とお付き合いを求めだしたあたり、これだけ積極果敢な男性サイドはいなかっただけに、ニュースタイルのカップルになりそうで、ゴメリおばあちゃんこっちですよ!!

でも、この少年、アルシエラに初恋して彼女を探すうちに拗らせて歪んで魔王にまでなっちゃったわけですから、記憶をなくしたとは言え「彼女」を探すことへの執着は相当だったはず。そのアルシエラの面影を、リリスに見出したということはそれだけ重なる部分も多かったということですし。そう言えば、アルシエラが初登場した時、リリスと共通点が多いみたいな事も言ってたんですよね。名前もリリスって本当はリリシエラですし。
リリス、登場した時はそこまで重要キャラとは思わなかったんだけど、これはこれは……。

あと、もうひとりの初登場の魔王ナベリウス。だけど、これナベリウスだからナベにしたんじゃないでしょうね、もしかしてw