【最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 4 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】 タンバ/夕薙 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

次なる暗躍は三つ巴の極秘情報争奪戦!?
帝国南部での災禍を瀬戸際で食い止めることに成功した双子の皇子アルとレオ。 火種は燻ぶり続け、今度は三勢力間での極秘情報争奪戦が始まる――!

正直ここまで局面が変わってきて、レオの陣営も勢力が高まってくるとそろそろアルが無能を演じているの、メリットよりもデメリットの方が大きくなってきている気がするんだよなあ。まだまだ無能を装うことで、味方にする相手の取捨選別などに利用できたり油断を誘ったり出来る、という風に語っているけれど、実のところあんまりアルが無能演じていて良かった、という場面見たことないんですよねえ。
対立陣営も、アルの存在を無視したり下に見たためにヘマをした、思わぬ隙を作ってしまった、などといった展開も今の所案外見受けられないですし。警戒されてないのかどうなのか、よくわからないんですよね。警戒されていないからこそ、わりと自由にコソコソと動けている、という事なのかもしれませんけれど、要所要所ではアルもちゃんと表に見える形で動いちゃってますからね。今回も、無所属の精鋭騎士団を引っ張り込んだり、など。ちゃんとした見識を持って入ってくる情報を注視していれば、アルが無能とは到底判断しないでしょう。してしまうとしたら、噂くらいしか情報がない民衆世論が、アルを出涸らし呼ばわりしてるのと、変わらない情報力、或いは判断力しか持たないぼんくら、という事になってしまわないか。
まあ、ザンドラもゴードンも蓋を開けてみるとなんか想像していた以上にダメな感じなので、あの程度の無能演技でも効果あるのかもしれませんが。
ザンドラはまともに人も使えないし、ゴードンもあれ軍人派閥だそうだけど軍人としてもとても有能とは思えないんだよなあ。軍政家として軍人貴族たちに利益誘導できる、みたいな手腕もなさそうだし。なんでアレが支持されてるんだろう。軍師系の人は遠ざけられてるって、参謀職を敵に回しているようなものじゃないのかしら。まあこの時代、中央参謀本部とか軍令部みたいな軍令を司る組織はないのだろうけど。
今回登場した、ゴードン派閥の軍師として引き込まれたソニア、彼女をあんなにろくに使えずに飼い殺ししてるようじゃあねえ。まだ経験不足とはいえ、ちゃんと益ある発言はしてるのだから、自分にとって耳障りの良い言葉以外は聞かないって、ほんと意味ないだろうに。

とまあ、トップも周りも大した事無いように見える第二王女、第三王子閥だけれど、それでもレオやアルたちの陣営が後手に後手に回ってしまうのは王位継承者として動き出したのが後発だったこともあるし、やはり勢力の大きさ、数が違うからなのでしょう。
それも、ここまで巻を重ねていく中でしっかりとレオ陣営として大きくなってきたわけで、主だった面々はアルについてもわかっているのだから、そろそろアルがレオ陣営の頭脳として動いているのを表に出してもいい頃なんじゃないかなあ、と思うわけですよ。その方が動かしやすかろうに。
どう考えても、レオが王様になったら宰相やれるのアルなわけですし。アルは自分が適役だと全く気づいていないようですけど。アルが思い巡らして条件並べた宰相役に当てはまるのって、どう考えてもあるですし。

とは言え、そのアルも話が進むにつれて想定通りに物事が進まなくなっているのも伝わってくるんですよね。色々とうまく行かない、期待していたように展開が転がらない、失敗に近いミステイクまで発生してしまう。タイトルでは支配する、なんて万全万端みたいな表現されていますけれど、とても支配には程遠い現実にぶつかってなんとかしがみつきながら、方向を整えているという感じである。
でも、苦心惨憺するからこそ、よりアルの必死さが伝わってくるわけですよ。失敗して見込みを間違えて、さらに想定外の横やりが入ってくる。自分ひとりでなんとかなる範疇を遥かにこえてしまい、どうしても誰かに手を貸してもらわなければならない、それもババを引かせる事になりかねない、となった時に、アルの中でエルナの姿が思い浮かぶわけです。
これ、余裕のある時には決して辿り着かない道程なんですよね。利用したり、利益を与えてウィンウィンにしたり、なんて余裕一切なく、相手に傷をつけてしまう、とわかっていてなお、頼ってしまう。自分の弱さを曝け出して、どうにか助けてもらう。それをしてしまえる相手、よりかかれる相手、ほんとうの意味で頼れる相手、それをこの切羽詰まった状況の中で思い浮かべた時に、エルナが出てきた、というのはアルにとってエルナの存在の意味がまた一段ステージ違ってしまったと思うんですよね。普通のときならば、決してエルナに抱かなかっただろう必死な想いなわけですよ。
これがまた、エルナの対応が男前通り越してるから尚更に。
騎士としての誇りも、近衛騎士となる夢も投げ捨てて、アルとの幼い頃の約束を守ることを選び、そしてそれを一切後悔することなく、清々しいとすら呼べる笑みを浮かべて、やってやったという顔をするエルナに、さてアルが何を思うのか。
アルを信じて、危険な使者の役目を引き受けたフィーネといい、彼の周りの女性陣は覚悟決まりすぎてますわー。こんな娘らに囲まれてしまってたら、そりゃアルの目も厳しくなっちゃいますよ。ソニアに対してわりと厳し目の対応とったのって、これ比較対象がエルナとフィーネのお陰でもっと覚悟決めろよおら、ってなってませんかねw

しかし、こうなってくるとそろそろレオにも、エルナやフィーネくらい貫目のある女性が寄り添う機会、ないものでしょうか。リタ? あれもだいぶ覚悟完了している子だけどまだ11歳ですよ? わりと真面目にレオのヒロイン候補なんだろうか、この子。
なんか表向きには、どんどんとレオとフィーネの関係が近くなっているように見える気がするんですよね。色々と行動をともにする機会も多いですし、戦場も一緒にくぐっているわけですから。公式にはアルじゃなくて、レオに助けられた、みたいになってる話もあるはずですし。
このまま行くと、フィーネってアルじゃなくてレオのお妃になってしまいそうな流れなので、祖の意味でもアルはそろそろ無能の皮脱ぎ捨ててちゃんとした立場作っておかないとダメなんじゃないだろうか。フィーネが兄弟二人共婿にする、という展開もそれはそれで微妙に興奮してしまう気もしますがw

これまで足りなかった、レオ陣営固有の戦力にも、アルが体張って引き込んだお陰で目処がつきましたし、ザンドラ陣営はこの度の南部貴族の混乱で大きく後退し、ゴードンの陣営も荒が見えた所で、そろそろ第二王子閥の動きが見えてくるのかなあ。

しかし、アルも亡き皇太子に凄く影響受けてたのか。彼がレオの兄として振る舞い出したのが、皇太子の影響だって言うのだから、ほんと惜しい人を亡くしたんだなあ、帝国は。