【隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 1】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

成戸悠己がクラスの席替えで隣になったのは、“隣になった男子は残らず告白(+玉砕)してしまう"と噂される「隣の席キラー」鷹月唯李。
何かにつけてグイグイ来る唯李に陥落も時間の問題……かと思いきや、悠己の鈍感具合は尋常じゃない!
むしろ唯李の方が、悠己のことを気になりだして!?

「くっそ、すました顔してぇ~。見てろよ見てろよ~……! 」
ネット発返り討ちラブコメディが、大幅加筆で登場!
やべえ、面白いわこれー。
ヒロインの唯李、男の子をからかって遊ぶような百戦錬磨な小悪魔系女史で、それが初めて自分の魅力が通じない相手に遭遇して、みたいな話かと思ったんですけれど、唯李ちゃん小悪魔じゃなくて小悪魔(笑)だったし!
むしろ、自分の魅力にあんまり自覚ないタイプなんですよね。隣の子に積極的に話しかけていくのは、遊びじゃなくてむしろ引っ込み思案な陰キャだった頃の反動、というか自己改造の結果で意図して男の子に粉かけて弄んでいたわけじゃなかったのだ。
その割に、相手を翻弄するような物言いをするのだけど、これって姉の悪影響かなんかなのだろうか。どうも変な教材をお手本にしているようにしか見えないわけだが。
でも、素材が本気で容姿抜群の美少女だったがために、唯李本人は普通に仲良くなろうとしているだけだったのに勘違いする男子が続出。結果として、隣の席キラーみたいに呼ばれるようになってしまった、と。
無自覚な分、けっこうタチは悪くあるな、うん。
しかし、新たに隣の席になった成戸悠己には、これまで培った話術が何一つ通じない。なにしろこの男、鈍感……というよりも天然ボケである。天然素材ほどパターンが通じない相手はいないわけで、唯李の小悪魔ムーヴは熟達したものではなく、結構ハリボテなので応用が効かないんですよね。予想外の返しをされると、途端にあたふたしてしまう。特に悠己のそれは鈍感故にスルーされる、というのとは違って結構斜め上の対応してくるんですよね。思わせぶりな迂遠な物言いをしたら、逆に言葉の表面だけ受け取って直球で投げ込んでくるし、逆にグイグイ踏み込んでみたら一歩横にそれて残った足に引っ掛けられてどんがらがっしゃーんとひっくり返ってしまったり、と。
また受け身だけなのかと思ったら、悠己の方から無自覚天然にグイグイ来られて逆に唯李の方が顔真っ赤にして仰け反らされる始末。
唯李の方が弄ばれてる、天然くんに弄ばれまくってるよ!!
この彼女のひとり空回りがほんと愉快痛快で面白い。
ボクシングで言うなら、蝶のように舞い蜂のように刺そうとするたびに、軽くも的確なジャブでペチペチと踏み込むのに合わせてカウンターを鼻っ柱に食らって「あうっ!あうっ!」と仰け反って半泣きにさせられてる、みたいな。
挙げ句に、悠己には前々の噂も合わさって、隣の席になった男の子を惚れさせるゲームをしている、なんて勘違いをされてしまい、ムキになってそのゲーム実際に受けて立ってやるわー、と突っかかる始末。アホの娘である。
しかし、悠己の方も適当にあしらっているのじゃなくて、話しかけてくる唯李を邪険にするのでもなく、結構真面目に対応してるんですよね。ただ天然なのでちょっと明後日の方向向いてたり、逆に近い近い!と悲鳴あげられそうな距離感で接してくるものだから、唯李の方が一杯一杯になるのもわかるんですよね。いや、どっちが小悪魔なんだと言いたくなる、これだから天然素材は。
でも実際、唯李にとってはクリティカルな部分を擽ってくるやら、「ちょっそれカッコいい」と思ってしまうような言動をさらっと繰り出してくるので、わりと速攻で唯李の方が意地云々じゃなくてホントに好きになってしまうのもこれ仕方ないんじゃないかなあ、と。
好きになってしまっても、振り向いてもらうためにやってる事は相変わらず変わらないあたり、唯李の方のポンコツがまた極まっているのですけれど。いやだから、もっと自分が学校でも随一の美少女というスペックと利点を活用してあげて! その空回りっぷりがまた可愛いんですけど。彼女のお姉ちゃんが妹を猫可愛がりしているのもわかるというものである。とりあえず、まだゲームを仕掛けてきていると勘違いしている悠己の誤解を解くのか先決だって。

まあ元々、他人とコミュニケーションを取るのが苦手だった唯李である。それが人気者になったのは間違いなく彼女自身の努力によるものなんだけれど、かつて隣の席恐怖症になるまで踏み外してしまったトラウマはまだ健在なんですよね。その経験が、同じように内弁慶で外に対しては対人恐怖症に近いものを抱いている悠己の妹である瑞奈の気持ちを理解できて、速攻で仲良くなれた要因でもあるのでしょうけれど。
母を早くに亡くし、父も出張が多く実質妹と二人で助け合って生活している悠己。彼の妹への深い愛情をシスコンと呼んでしまうのはまた違うでしょう。とは言え、苦労しているのは確かだし、思慮深くどこかぼんやりとしているようでしっかりとした大人びた所のある男の子である悠己は、天然である事を加味しても魅力的な男の子なんですよね。
悠己と唯李の掛け合いも、噛み合っていないようであれでお互いの事をよく考えて思い巡らしながらの会話なんで、しょっちゅう踏み外してドタバタしているようで息ピッタリに見えるのだ。いや、ほんとにテンポ良くて、お互いの本音とか素の部分を引っ張り出されるような楽しそうな距離感で、見ていても気持ちが良いんですよね。
あれで何だかんだと、唯李という少女の素の魅力にあてられて、悠己の方もドキドキしてたりするので、なんだかんだと甘酸っぱさがそこかしこに垣間見えますし。
実に素敵なラブコメでした。これは大当たりですよ。