【魔界帰りの劣等能力者 1.忘却の魔神殺し】 たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

最弱の体質を規格外の才能で覆す!!

堂杜祐人は霊力も魔力も使えない落ちこぼれ異能者。だが実は、魔界へ赴き人知れず魔神を殺した――“最強"の少年だった!!
高校進学の傍ら異能者の認定試験を受ける祐人は、劣等能力者として場違いだと見下されるはめに。
そんな中、祐人はマリオンと瑞穂という天才美少女二人と仲良くなり、さらに試験で他を圧倒する力を見せつけ、本人の自覚なく注目を集めることに――!!
美少女二人を襲う凶悪な敵を相手に、“最弱"にして魔神殺しの少年は無双する!!
劣等×最強の異能アクションが堂々開幕!!

異能者の認定試験受けに行った理由が、生活費を稼ぐためという世知辛さ!
いやまじで、祐人くんの困窮具合……同居の爺さんが放蕩で散財してしまって家を出るはめになり、紹介された下宿先はガチの廃屋で暮らすに暮らせず庭にテントを張って野営暮らし、という高校入学早々にえらい境遇になってるのを切々と語られてしまったので、収入が確保できそうな試験に応募する祐人の必死さがよく伝わってくるんですよね。藁にもすがる思いなのが身につまされる。
元々、異能者とはいえ堂杜家は業界には知られてない存在であると同時に、祐人自身はその堂杜家の能力も使えなくて、周囲の人たちの尽力によって第三の道で異能界隈では謎とされてる仙道を学んだ、上で魔界という現世とは時間の流れが違う世界に三年間とある事情から渡って戦った経験の持ち主。
つまり、祐人の能力というのはこの現世で幅を利かせている異能者の知るルールからはかなり外れていて、彼らの見地や規範では測れない部分が多々あるということ。
祐人自身も、生活費目当てで試験に飛び込みしたので、そのへんよくわかってないのでのほほんとしているのだけど、試験管たちも今までの試験基準ではうまく測れないので書類としてはDクラスでの認定になったけれど、彼が規格外というのはちゃんとわかってるんですよね。その意味ではDクラスで、とはいえちゃんと合格にしたというのはむしろ柔軟な対応とすら言えるのかも知れない。試験内容を受けての試験官同士での講評会議でも、判断基準に当てはまらない結果を前に頭を悩ませつつ結構妥当な意見を述べあっていましたし。前例にならって、それに当てはまらないのはどうあってもダメ、なんて頭の固い事をいうような人もいませんでしたし、組織としてもこの能力者機関ってだいぶ健全なんじゃないでしょうか。
そんな混乱をもたらしている祐人なんですけど、本人はとにかく生活費、下宿の修繕費、先立つもの!という目的があるために、合格のために必死、それはもう必死なんで正当な評価とかそういうのは全然頭にはなく、結果に見合わないDクラス合格でもとにかく合格できたという事で大喜び、という一杯一杯な姿がねえ、なんか可愛いんですわ。
魔界での三年間があるために、実際は同世代よりもちょっと大人なはずなんですけど、どの場面でも……それこそ戦闘の場面だろうと学校生活のなんでも無い一幕でも同じように一生懸命で、わたわたと頑張っている様子がなんか愛嬌があっていいんですよねえ。力量と裏腹の増長していない自然体、あんまり余裕なくあたふたしている姿がなんとも可愛げがあっていいんですよ。
幼馴染の茉莉がついつい口うるさく面倒見てしまうのがよく分かる、なんだか頼りない立ち居振る舞いなのだ。でも、いざという時はビシッと引き締まって頼もしい姿を見せてくれるあたりなんぞ、実に魅せてくれる主人公なのである。
その魔界で生き延びた能力にも相応以上のリスク、代償があって、それがために軽々に封印を解く事が出来ないんですね。その代償が、とてつもない心の傷を彼に刻んできたのだけれど……。
この作品って、異能者界隈のパートと日常の学生生活とのパートが結構はっきりと別れていて、学生生活の方のパートにも結構な分量が割かれてるんですよ。そこでのワイワイと賑やかな、等身大の十代の若者たちの青春模様なんかも祐人の貧乏生活含めて実に楽しいのですけれど、彼の代償を鑑みるとこの日常生活がかなり大事、重要になってくることがわかるんですよね。
幼馴染である白澤茉莉、中学からの親友である袴田一悟、茉莉の友人で祐人とも中学での同級生だった水戸静香。この学校での仲の良い彼らとの関係が、本当の意味で祐人の支えになってくるんですね。
特に、一悟がこいつ滅茶苦茶いい奴なんですよね。友達思い、なんてもんじゃないんですよ、彼の祐人への友情は。
どうやら、祐人の代償へのカウンターとなっているのは茉莉みたいなんだけれど、一悟の後悔の言葉を聞いてしまうと、一悟がどれほど本気で祐人を心配しているのか伝わってきて、感動すら抱いてしまったんですよね。あの告白を聞いた静香なんか、ちょっとグラっとキてもおかしくないんですけど。自分はめちゃグラっと来ましたし。惚れるわー。
一方で茉莉の方は幼馴染拗らせちゃってまあ、本来大勝利確定だったにも関わらず、大失敗しちゃってるんですよね、この娘。そのせいで、魔界の三年間を挟んでしまって、大敗北してしまっているのである。自業自得! 自業自得の極み!!
それをギリギリセーフで首の皮一枚つなげたのが、彼女の特性であり、幼馴染拗らせたが故の祐人への執着なんですよねえ。それがお陰で、祐人の精神の救いとなっているわけですけれど。
あのラストでの、何事もなかったかのように祐人のこと覚えていて、いつも通りに声かけてくる茉莉たち三人の姿は、本当に救いそのものでした。祐人にとって、彼らはそれこそ心の支えになるんだろうな、これ。あのキツイなんてものじゃないひどい代償に対して、彼らの存在はもう「よすが」そのものですよ。
茉莉ちゃん、これ滅茶苦茶チャンスなんですけどねえ。この娘の場合、それを活かせるのかどうか。ほんとがんばれー。