【魔界帰りの劣等能力者 2.神獣の契約者】 たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

最弱の少年が、ヒロインたちの助っ人に!?

異能者試験を襲った準魔神級の吸血鬼を退けた祐人。どうにかランクD異能者になった彼の初仕事は、アジアの小国ミレマーで護衛任務を行う瑞穂とマリオンへの増援だった!!
ランクAの彼女らを煙に巻く不穏な敵に、ランクDでは力不足に思われたが――
さらに、仕事の準備に帰宅した祐人は、何故か宴会を開いていた人外たちと鉢合わせ!!立ち退きを迫られ、美しく強い神獣たちと戦う羽目にもなってしまい――!!
新たな出会いと再会を経て、“最弱"にして魔神殺しの少年は恐るべき陰謀に立ち向かう!!


封印された能力を解放する代償として、人の記憶からその存在が消えてしまう祐人。幸い、身近な友人たちは幼馴染のお陰で初対面からやり直すなんて真似をせずに済んでいたのだけれど、能力者機関の方は試験責任者の日紗枝さんからして祐人のこと覚えてなかったんですよね。
これ、誰からも忘れられちゃってるのなら、機関からの仕事なんかも来ないんじゃないの? と危惧してたら、ほんとに仕事来なくて日雇いバイトするはめになってた祐人くんが不憫すぎるw
学校終わったあとに、肉体労働ですもんね。色々と切羽詰まりすぎているw
幸い、消えるのは人の記憶からだけで書類やデータなんかはちゃんと残ってたお陰で、たまたまバイト先で出会った能力者機関の秘書さんが問い合わせてくれたお陰で、こんなやつ試験に居たっけ? と首を傾げられながら、仕事を割り振られることに。
それで、どうして瑞穂とマリオンの増援で海外に行くことになるのやら。新人とはいえAランクの二人が派遣された、紛争地帯として名高い治安悪い国というだけでもアレなのに、事前の想定と違って面倒なことになってる所にどうして誰も覚えてないけどデータ上ではわけのわからない評価になってる祐人を送ることになるのか。人手不足が極まったせいだけど、日紗枝さんこの人想像以上にいい加減だぞw

能力者機関とか知らない普通の人から見たら、傍目には完全にヤバい仕事である。バイトで高校生を海外に派遣、しかも外務省通達で渡航が制限されている紛争国に、ですもんね。それも学校休んで一週間。なぜこれを何も知らない茉莉たちに相談しようと思った、祐人くん。いや、報告連絡相談は大事でそれよくわかってるこの子はある意味良識的なんだろうけど、普通こんなん相談されたら反対するわぃ! 絶対止めるわい!
友達がなんかヤバい所に首突っ込んでる、と思っちゃうよ。金に心底困っているのは前回知ってしまったわけですし。まさか、この流れで一悟に異能者云々のことまでまるっとばらしてしまうとは思わなかったけど。自分から話すのかー!! いや、一悟が祐人のこと忘れていた件をかなり真剣に悩んでいるのを知ってしまったら、祐人としても黙ってるわけにはいかなかったのだろうけど。
特に危険が及んだりトラブルが発生した流れで告白するのではなく、一悟の謝罪から告白するのは祐人の誠実さを感じられて、むしろ良かったとは思うんですけどね。祐人としても、一悟が忘れていた事よりも思い出してくれた事の方が、そして先日の件では忘れずに居てくれたことが彼にとってもとても嬉しい事だったのでしょうし。この二人はほんといい親友関係で、素敵だと思います。直後にさっさと祐人が社会的に死ぬのを見捨てて、むしろ積極的に売っちゃってましたけどw

しかしこの作品、徹底して異能者のお仕事編と、学校と家周りの日常編は分けて進行するんですね。殆ど、別の2つの話を進めているようなもので、そりゃこの一巻じゃ収まらなくて前後編みたいになりますわ。かなり贅沢な構成で、これそれなりに長期シリーズになる目算が立ってないとできませんよねえ。
場合によっては下宿先の屋敷の話はさらに分けて別枠になるかもしれませんし。まさか、学校の友達グループとも異能者グループとも違う一団を、一気に同居人として参入させるとは。祐人の同居人になる神獣たちは、仙道関係に近しいので、異能者のお仕事にも学校サイドにもどっちにも首突っ込めそうな立ち位置っぽくはあるのですけど。
でも、ただでさえお金ないのにこんなに居候増やして生活費深刻に大丈夫なんだろうか。この人外ども、とてもじゃないけど自分で稼いできて家にお金入れてくれるようなタイプに見えないんですけど。いや、性格的に云々じゃなくて人間の社会に関与していないという意味でも。性格的に、食うばっかりになりそうな奴も多いですけどw

というわけで背に腹は代えられないので、ヤバい仕事である海外派兵に参加することに。海外派兵ですよね、これ実質。
試験の時の記憶はないものの、感覚的には祐人の事覚えているかして、すんなりとマリオンと瑞穂に受け入れてもらう祐人。ここで彼が見せる顔はのほほんとしつつも、修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富な前線経験者、という貫禄なんですよね。こればっかりは初陣の瑞穂たちでは意識が及ばない領域で、ぶっちゃけこの祐人の見識や防諜に関する実践知識、作戦立案能力だけでも能力関係なしに凄く有能なんですけど。自分で戦わない参謀役でも、祐人くん全然行けるじゃないですか。
あくまで自然体で、普段着のように慣れた様子でテキパキと指示する姿は、瑞穂たちとしても頼もしいなんてものじゃないでしょう。これはどんどん好感度バキバキあがっていくのも当然ですわなあ。

というわけで、ミレマー国編は祐人が加わって逆襲の段取りを整えたいい所で次回に続く、となっているので、早い内に次読もう。