【魔界帰りの劣等能力者 3.二人の英雄】 たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

少女たちの一撃が、妖魔の大軍をうち滅ぼす!! 瑞穂とマリオン、覚醒の刻!!

アジアの小国ミレマーで将軍の護衛任務につく祐人、瑞穂、マリオンの3人を、膨大な数の妖魔、魔獣が襲う。
すぐに飛び出した祐人は二人を守るためサポートに回るが――ただ守られているだけだった少女たちの姿はもうそこにはなかった。

「……行きます!私と私の仲間を守るために!」

新人試験の屈辱をバネに、祐人に追いつかんとする瑞穂とマリオンの無双が始まる!!
そして、一国を揺るがす大事件に、最弱にして“魔神殺し”の少年もまた徹底抗戦の覚悟を決める――
サブタイトルの二人の英雄、これがメインキャラとなる能力者たち、瑞穂とマリオンの事だけではなくて、ミレマー国の未来のために人生を賭して戦う男達のことだったんですよね。
この人達の生き様がまた格好いいんだ。
祖国の未来のために、国民の希望のために、という夢や理想というものだけではない。痛みと哀しみを乗り越えて、愛した人のために残された家族のために、この国の未来を切り開くのだと決意して。
同じ女を愛した友として、影と日向に別れてなお同じ志のもとに戦うと誓った。
まさに二人の英雄なのである。
そんな生き様を示す人たちに手を差し伸べてこそ、ヒーローでしょう。
この男達の生き様には、思わずウルウル来てしまいました。これ、マットウ将軍とグアラン宰相が出世することになったデモの鎮圧作戦を見てたら、とても二人が組んでたなんて思わないですよ。偽装は本当に完璧だったんじゃないだろうか。まず、気づかれてなかっただろうなあ、これ。
図らずもマットウ将軍の護衛任務についた祐人たちは、彼ら二人の英雄の歩みの前に立ちふさがる生涯を切り開く剣の切っ先のような活躍をみせる。それだけの理不尽が、祐人たちが大活躍しないといけないほどの脅威が彼らに襲いかかっている、とも言えるんですよね。
本来ならこの国で起こるはずだった革命はもっと穏当な形ではじまりと終わりを迎えたはずなのに、独裁者が自分を守るために呼んだフリーランスの能力者が、とんだ厄災だったわけだ。
でも、二人の英雄の確かな覚悟を見せてもらったあとだけに、思い入れも全然違ってくるのですよ。ただの護衛対象とは見れなくなるし、彼らのもとで戦う兵士たちもただ言われるがまま戦う一兵卒ではなく、未来を信じて命がけで戦う戦士に見えてくる。
実際、みんなが一丸となって戦うんですよね。
祐人たちは獅子奮迅の活躍をみせるわけですけど、同時に個人である彼らだけではどうしても立ち回りきれない部分を、マットウ派の兵士たちが思いの外頑張って戦ってくれるんですよ。一般兵なんて、そこらへんの作品じゃ十把一絡げに蹂躙されるだけがお仕事みたいなモブ扱いが常套なのですけど、本作だとほんと頼りになるし、グエンさんはじめとして皆が同志という感じなのですよ。向こうからも異邦人である瑞穂たちに厚い信頼を寄せてくれてるし、逆に祐人たちサイドも兵士たちに頼れる部分は頼って任せて、とこちらも信頼しあってるので、祐人が立案した一連の作戦も綱渡りながら破綻せずにギリギリ耐えきって進んでいくんですね。
一方で、情報が敵側に流れている可能性を常に考慮して、防諜にしっかりと心配りをしているあたり、祐人の戦慣れが感じられますし、また自分ひとりで全部なんとかしようとせず、実際個人でどれだけ強くても支えられるのは一局面だけ、というのを心得た作戦立案は柔軟性があって非常に頼もしいんですよね。逆に強い一個人なら一局面を支えられる、という考え方で瑞穂やマリオンを頼みにしている、という含みもありますし。
これにしっかりと、期待以上に応えて予定外の展開にも臨機に対応して作戦の破綻を防ぎフォローするような、戦場慣れした視野の広さを見せてくれたり、と瑞穂たちの成長も著しくて、相互の信頼の厚さがほんと心地よいものがありました。
ピンチピンチの連続だけれど、むしろそれを打開していく様子が痛快なんだなあ。

能力者機関も、一連のミレマー国での事件の裏に非常に危険なテロリストの暗躍がある、と察知した途端に全力で迅速に動いて戦力の投入を図っているあたり、前にもちらっと思いましたけれどこの組織、変に凝り固まってなくて健全充実した運営がなされてる感じなんですよね。組織自体、結構若いみたいだし、所属する組織としてはこれ頼もしい限りで。

今回は祐人が最初から最後まで海外勤務なので、日常学校生活の方はパートがないのかと思ったら、祐人の無断欠席をフォローすべく親友の一悟が奮闘しようとして、一人苦労を背負い込む話になってて、なまじ事情を聞いてしまったがためにえらい面倒を背負うはめになったな、この親友w
ってか、あの人外の若イケメン、本気で出自がとんでもねーんですけど。土地神風情じゃねーじゃん!! ってか、傲姓なんで気づかなかったんですけど、敖の字の方じゃないのかしら。
これ、他の面々も傲光さんと同格ってことなんですよね。そりゃ、ひっくり返るわ。

しかし、2巻3巻と続いてまだエピソードが終わらないとは思わなかった。長期シリーズが珍しくなかった十年二十年昔でも、シリーズ2巻目という最序盤からいきなり上中下の三巻で1エピソードというのは珍しかったと思いますよ。贅沢な構成ですが、それに見合うだけの盛り上がりは見せてくれていると思うので、次巻は見合うだけのクライマックスを期待してしまいます。