読んだ本の数:40冊 うち漫画:13冊

お盆休みがあったものの、さすがに暑さにやられて仕事帰りはへたばっていたため、思いの外読破数は伸びなかった模様。いや、結構読んだなー、と思ってたんだけれど漫画分がけっこうあったのね。

【魔奴愛】は毎度ながら、顔面の筋肉がひきつるほどにやけてしまうので、読んだあと顔が痛いし思い出しニヤケ笑いをしてしまうので、もうなんか多幸感がたまんないです。
【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す】はまだ帝都にたどり着いていないのにこんなに面白くていいのだろうか、というくらい読んでてウハウハ。書き下ろし分が結構あるのもありがたいですけど、既読部分も一端読んでいるはずなのになんでこんなに楽しいんですかねえ。
永菜 葉一さんの新作は、一度ならずも小説を書いてみたことがある人にとっては、色々と心に響くものがあり、また読者の立場からしても色々と心に沁み入るものがある、とても純粋なお話でした。

★★★★★(五ツ星) 0冊



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 11】 手島史詞/COMTA HJ文庫(2020/8/1)
TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 2 ~ヘンダーソン氏の福音を~】 Schuld/ランサネ オーバーラップ文庫(2020/8/25)
いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら】 永菜 葉一/なび  MF文庫J(2020/8/25)

【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 11】 手島史詞/COMTA HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


シアカーンとビフロンスの魔王同盟が暗躍し、アザゼルの真実に近づくという緊迫した情勢の中でザガン一党の最高幹部達が顔を突き合わせた会議で、皆が真剣な顔で何を話し合っているかというと、お年頃のフォルに彼氏の影疑惑についてである。平和だ、平和か?
新たなるカップルの誕生も垣間見え、ザガンとネフィをはじめとしたカップルたちの甘酸っぱいイチャイチャも最高潮。たまりませんな、の最新刊です。


【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 2 ~ヘンダーソン氏の福音を~】 Schuld/ランサネ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

魔導師アグリッピナとの偶然の出会いから発覚した妹の半妖精という素性。妹の力の暴走を留めるために、アグリッピナの弟子とならざるを得ない妹のために、丁稚としてアグリッピナに従う決意を固めたエーリヒ。冒険者になる目標を一端棚上げして、故郷をあとにすることとなったエーリヒの別れと旅立ちの第二巻である。


【いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら】 永菜 葉一/なび  MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

小説家になるために青春のすべてを費やした二人の異なる境遇の少年を主人公とした物語。小説を書く、という行為にまつわるあらゆるすべてが詰め込まれた、すべての物書きに向けたエールであり讃歌であり熱い熱い青春譚である。


★★★★(四ツ星) 10冊

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 4 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】 タンバ/夕薙 角川スニーカー文庫(2020/8/1)
処刑少女の生きる道(バージンロード) 4.赤い悪夢】 佐藤真登/ニリツ GA文庫(2020/8/6)
ストライク・ザ・ブラッド 22.暁の凱旋】 三雲 岳斗/マニャ子 電撃文庫(2020/8/7)
隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 1】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫(2020/1/29)
りゅうおうのおしごと! 13】 白鳥士郎/しらび GA文庫(2020/8/6)
クロの戦記 4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです】 サイトウアユム/むつみまさと HJ文庫(2020/8/1)
メイデーア転生物語 3.扉の向こうの魔法使い(上)】 友麻碧/ 雨壱 絵穹 富士見L文庫(2020/8/12)
デート・ア・ライブ アンコール 10】 橘 公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫(2020/8/20)
魔界帰りの劣等能力者 3.二人の英雄】 たすろう/かる HJ文庫(2020/2/29)
死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く V】 彩峰舞人/シエラ オーバーラップ文庫(2020/8/25)


【最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 4 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】 タンバ/夕薙 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【処刑少女の生きる道(バージンロード) 4.赤い悪夢】 佐藤真登/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【ストライク・ザ・ブラッド 22.暁の凱旋】 三雲 岳斗/マニャ子 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 1】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【りゅうおうのおしごと! 13】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【クロの戦記 4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです】 サイトウアユム/むつみまさと HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【メイデーア転生物語 3.扉の向こうの魔法使い(上)】 友麻碧/ 雨壱 絵穹 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【デート・ア・ライブ アンコール 10】 橘 公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【魔界帰りの劣等能力者 3.二人の英雄】 たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く V】 彩峰舞人/シエラ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



以下に、読書メーター読録と一言感想





今月のピックアップ・キャラクター

キメリエス (魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?)
アルシエラ (魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?)
クロノ (クロの戦記)
友近姫乃 (恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。)
星宮六喰 (デート・ア・ライブ)
時崎狂三 (デート・ア・ライブ)
堂杜祐人 (魔界帰りの劣等能力者)
エーリヒ (TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す)
オリビア・ヴァレットストーム (死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く)




8月の読書メーター
読んだ本の数:40
読んだページ数:9690
ナイス数:247

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 11 (HJ文庫)魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 11 (HJ文庫)感想
★★★★☆ 傍目には魔王軍にしか見えない強面なザガン一党大幹部が深刻な顔をして一堂に会して、どんな懸案が起こったのかと思えばフォルに彼氏疑惑、てそんな話かい!! しかも全員真剣だし! 平和だ、いや結構アザゼル絡みの世界の危機的な問題を抱えているはずなのだけれど、ザガン一党にとって家庭内問題はそれらと同等の重さなんですよね。それが微笑ましく頼もしい。絡んで年配者の過去恋愛についても触れられたけれど、ラーファエルも驚きだけどこれアルシエラって普通に考えて、ザガンとリリスの……という可能性もあるのか!?
読了日:08月01日 著者:手島史詞
最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い4 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する (角川スニーカー文庫)最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い4 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する (角川スニーカー文庫)感想
★★★★ タイトルと違って全然支配出来ていないのだけれど、だからこそ自分の弱さを曝け出してでも助けを求められる相手に気づけるし、大事な人を託せる人を見つけられる。足りないからこそ、より人間的に大きく魅力的にアルがなっていくのがこう言っちゃなんだけれど、嬉しいね。そして誇りよりも夢よりも、約束を選んで後悔の欠片も無し、というエルナの心意気が清々しくすらある。危険な使者を引き受けたフィーネと言い、周りの娘たちは覚悟決まってるなあ。レオにもこれだけのヒロインが付いてくれればいいのだけど。
読了日:08月02日 著者:タンバ
マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる3 (角川スニーカー文庫)マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる3 (角川スニーカー文庫)感想
★★★☆ 元がエロゲとは言え、現実に親しい付き合いをしている女性達がエロイベントに巻き込まれるのを見過ごして眼福な光景を見る、というのはそりゃ罪悪感湧きますね。イベント起こる場面が分かってるのなら尚更に。エロゲが元ネタなのにエロい展開ないよなあ、と思ってたんだけれど、そういう誠実なスタンスなら納得である。当人は最強を目指すのに忙しいようですし、ついに具体的に頂点に立つために動き出したわけですし、その影響で全体の動静も激しくなりそうで、物語が動き出した感がある。
読了日:08月02日 著者:入栖
覇逆のドラグーン 2 ~彷徨王国の竜機士たち~ (HJ文庫)覇逆のドラグーン 2 ~彷徨王国の竜機士たち~ (HJ文庫)感想
★★★☆ 前回は同世代が意思疎通出来なくなった全人類から虐殺されるゾンビモノめいた事態の中で何とか生き残りが集まり、集団を形成して逃げ出すまでの話。今回は生き残ったが故にこれからも世界から孤立した自分達だけで生きていかなければならない、という切羽詰まった状況故の生存本能を駆り立てるような空気感がありましたね。自分達だけで子供を産み、次世代を作り、国という枠以上の生存圏を作っていかないといけないのでは、という諦観とも希望ともつかない感覚。恋愛感情にも悠長にしてられない切迫感があるのが独特な雰囲気あるんですよ
読了日:08月03日 著者:榊 一郎
ニンジャと司教の再出発! 1 レトロゲー迷宮に殴り込み (レジェンドノベルス)ニンジャと司教の再出発! 1 レトロゲー迷宮に殴り込み (レジェンドノベルス)感想
★★★ 名前普通のものに変わってくれて良かった。流石に「ああうあ」や「ああういあ」だと読みにくい。アイテム8個制限は鬼畜よなあ。ご安全に!は冒険探索開始というよりもお仕事作業開始、という気持ちになってしまうのだけれど、打ち合わせはこれ大事ね。大司教がヒロインなのに完全に三下口調のお調子者キャラというのもあってか、ノリのよいニンジャとの惚けた勢いのある掛け合いが楽しい。

読了日:08月07日 著者:のか
ダークエルフの森となれ -現代転生戦争- (電撃文庫)ダークエルフの森となれ -現代転生戦争- (電撃文庫)感想
★★★☆ 悪の象徴としてのダークエルフが好き、と言いながら途中からちゃんとシーナ個人への好きへと変わってる気がするが、練介に自覚はあるのか。体面を繕い続けた影響か、本音の方にも無自覚に型枠を当てはめてそれに囚われていそう。種族として虐げられていた事に疵を負っていたシーナが、闇妖精が好きという練介に興味を抱く事から始まり、練介個人の一途さとその心の傷に惹かれていくように、二人の関係の変調は重なっているので何の問題にもならないのだろうけど。
読了日:08月08日 著者:水瀬 葉月
処刑少女の生きる道(バージンロード)4 ―赤い悪夢― (GA文庫)処刑少女の生きる道(バージンロード)4 ―赤い悪夢― (GA文庫)感想
★★★★ モモとアカリの罵り合い煽りあいマウントの取り合いがノーガードの殴り合いで面白すぎる。お互い、急所ばっかり抉り過ぎ! 二人一緒の場面殆どこれで埋め尽くされてるというあたり、本気で仲悪いよね! それでいてメノウ命は共通しているので共感度は留まる所を知らずして。これだけ面白コンビになるとは思わなかった。一方メノウは幾つもの真実を知り、自分の貫くべき生きる道を見つけ出す。立ち上がり、顔を拭うメノウの姿は新しい道に歩き出すために息を整え、仕切り直す姿だ。
読了日:08月09日 著者:佐藤真登
ストライク・ザ・ブラッド22 暁の凱旋 (電撃文庫)ストライク・ザ・ブラッド22 暁の凱旋 (電撃文庫)感想
★★★★ カス子が古城だけじゃなく、皆から変なあだ名で呼ばれだして完全にイジられ役だ。煌坂は結瞳に簡単に操られるわ、あらゆる意味でチョロ坂さんに。アヴローラとの感動の再会、それでいいのか古城君。わりと熱量高いの期待してたんだが。モグワイ、ただのAIとは思えなかったのだけど、正体そうだったのかー。文字通り最初からカインの巫女だったのね、浅葱は。オールキャストの総力戦なものの、割と何時も通りであんまり最終回という気がしないのよね。古城がもっとデレてちゃんと責任取る所までは見たかった。
読了日:08月09日 著者:三雲 岳斗
隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた(1) (モンスター文庫)隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた(1) (モンスター文庫)感想
★★★★ 蝶のように舞い蜂のように刺そうとして、その旅にペチンペチンと鼻面に軽くも的確なジャブをもろに食らって「あうっあうっ」と仰け反る姿が目に浮かぶような見事な返り討ちっぷりである。天然ボケで無自覚にクリーンヒットかましてくる主人公にイイように甚振られる実はポンコツだった自称小悪魔な隣の席キラー。ダメだこの子、ほんとダメだ。でもそれがやたらと可愛い。自爆気味なボケツッコミが中々の切れ味で、掛け合いも素晴らしく軽快でコメディとしてもラブの甘酸っぱさもとびっきりの良作でした。これはホント良かった。
読了日:08月10日 著者:荒三水
りゅうおうのおしごと! 13 (GA文庫)りゅうおうのおしごと! 13 (GA文庫)感想
★★★★ 10巻でも垣間見たけれど、JS研の娘達はこの年令でもう棋士となったのだ。その生き様、あり方を将棋そのものへと作り変えた。最初から完成されていたのは天だけど、その領域へと齧りついて来たのが澪であったんですね。天があい以上に澪を認めているように見えたのは、そのせいもあったかもしれない。綾乃やシャルもまた澪との別れ、彼女の残したモノを通じてその世界で生きていく決意を固める。そして澪の叱咤激励は、約束は、彼女が示して見せた「強烈な努力」は確かにあいに届く。この日は本当の意味で彼女たちが棋士に為った日……
読了日:08月10日 著者:白鳥士郎
不殺の不死王の済世記 (ファミ通文庫)不殺の不死王の済世記 (ファミ通文庫)感想
★★★☆ また極端から極端へと走る不死王様だなあ。この人が前回失敗したのはやり過ぎたからだと思うんだが、今回も結局方向性が真逆なだけで適切さを心がけずに極端に走っている気がする。これが本当に命を大事に思っているからなら兎も角、あんまりそうは見えないんですよね。ミラはそんな不死王を中庸に導いてくれるキャラかと思いきや、どちらかというと信者になってしまいましたし。ただ、不死王のこのイビツさは意図的なモノに見えるし、敢えて破綻する爆弾を転がしているようにも思えるので、物語の展開としては非常に興味を惹かれます。
読了日:08月10日 著者:笹木 さくま
鬼畜先生の博愛教育 (MF文庫J)鬼畜先生の博愛教育 (MF文庫J)感想
★★★☆ 鬼畜ではないんじゃないかな、正確には脳筋? ちゃんと真面目に教師しようとしてるし、博愛かは定かではないが生徒には親身になって接してるし、総じて良い先生なんじゃないだろうか、脳筋だけど。むしろ、誰も他に教師が居ない中で新任の彼に一人で先生やらせようという恩師が鬼畜である。実際はヤンデレなのだが。あれ? ちょっとヤンデレ率が高いですよ? 焔ちゃん以外、ヒロインライバル総じて微妙にヤンデレ拗らせてなかろうか。雅もあの思い込みの激しさからして、デレるとヤバそうだし。
読了日:08月10日 著者:藤川 恵蔵
クロの戦記 4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです (HJ文庫)クロの戦記 4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです (HJ文庫)感想
★★★★ 普段は臆病なほどなのに、怯えながらもエルフ双子を守って身を挺したり亜人部隊を見捨てず共に死地に赴いたり、と「本物の勇気」を考えさせてくれる主人公だ。敵味方の愚人の振る舞いが、優秀な人材の足を引っ張り戦争はどうしようもなくグダグダで進んでしまうというのが異様なほどリアルで、余計に戦場の無残さを浮き彫りにする。ベティル隊長が最初の悪い印象と違って優秀だし人情も多分にあってクロノにも公平以上に親身になってくれるし、と好感高かっただけに徹底的に上司と部下に足引っ張られてて、馬鹿な味方こそが最大の敵だなあ
読了日:08月10日 著者:サイトウアユム
魔界帰りの劣等能力者 1.忘却の魔神殺し (HJ文庫)魔界帰りの劣等能力者 1.忘却の魔神殺し (HJ文庫)感想
★★★☆そうだよね、先立つものは必要だよね。生活のためにとにかく合格したい、という必死さ故にDクラス合格でも本気で喜ぶ祐人が可愛い。実力を隠したりとか全然考えてない世知辛い境遇と余裕の無さが妙に愛嬌に繋がってるんですよね。本人は直向きで背伸びしない等身大の実に良い子だし、好きな主人公だなあ。また日常生活での親友が滅茶苦茶イイ奴で、友達甲斐のある男で感動してしまった。裕人の力の代償へのカウンターは幼馴染が担っているんだけど、一悟もまた大きな支えになってるんだよなあ、これ。
読了日:08月11日 著者:たすろう
悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。 (DENGEKI)悪役令嬢になったウチのお嬢様がヤクザ令嬢だった件。 (DENGEKI)感想
★★★☆ 極道の娘、だったのではなく腕と度胸でのし上がった女組長だったのが肝だなこれ。筋を通して義理を果たす、正義の味方ならぬ女任侠キリハレーネ、ケジメはきっちり付けていただきます。という訳で、義理を欠いた婚約者たちの目を覚まさせるなんて健気な真似なんてせず、大人しい貴族令嬢の皮を脱ぎ捨てて剥き出しの意地と覚悟を見せる三人娘に手を貸して、男どもにケジメつけて回るキリハ様の大暴れっぷり、一廉の女達に慕われて、男どもに懐かれる姿は姐御、女大親分の器量である。
読了日:08月12日 著者:翅田 大介
恋愛感情のまるでない幼馴染漫画 (3) (バンブー・コミックス)恋愛感情のまるでない幼馴染漫画 (3) (バンブー・コミックス)
読了日:08月12日 著者:渡井亘
メイデーア転生物語 3 扉の向こうの魔法使い(上) (富士見L文庫)メイデーア転生物語 3 扉の向こうの魔法使い(上) (富士見L文庫)感想
★★★★ 正妃様のキャラがアバンギャルドすぎるw でもフレイを守る為ならあんな風に突き放さなくても、と思わないでもない。フレイ、ずっと傷ついていたのだから。グレたからこそマキナ達と同じ班になれた事が理由だったのだろうか。ギル王子、ドア越しのプロポーズアイリのみならず女性陣には大不評なのがちょっと不憫。女性側からするとあり得ない告白だったのか。藤姫にカノンが登場し、転生したかつての英雄たちが揃いつつある。はたしてユリウスが画策するように紅と黒もまた覚醒するのだろうか。ネロが予想外のファクターで驚いた
読了日:08月12日 著者:友麻碧
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 1 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 1 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 2 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 2 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 3 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 3 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 4 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 4 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 5 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 5 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 6 (ライドコミックス)賢者の弟子を名乗る賢者 THE COMIC 6 (ライドコミックス)
読了日:08月14日 著者:すえみつぢっか
魔界帰りの劣等能力者 2.神獣の契約者 (HJ文庫)魔界帰りの劣等能力者 2.神獣の契約者 (HJ文庫)感想
★★★☆ 異能者のお仕事パートと日常生活パートを完全に分けて描いてるのか。贅沢な作りで、お陰で前後編の前半みたいな形で終わってしまった。面白いので、あれ?もう終わっちゃった?という感覚でしたが。家の方もただの廃墟ではなく、やたら神性の高い妖の溜り場みたいになってて、なんやかんやで皆に認められて主人になったのはいいけれど、ただでさえ金ないのにエンゲル係数えらい事になってるのですが。ひたすら貧乏にしがみつかれるのか。仕事で海外行くのも完全にヤバい仕事みたいに思われてるし。実際ヤバいのだが。
読了日:08月16日 著者:たすろう
新米錬金術師の店舗経営04 ちょっと困った訪問者 (ファンタジア文庫)新米錬金術師の店舗経営04 ちょっと困った訪問者 (ファンタジア文庫)感想
★★★ 事前にどんな実験するのかちゃんと確認して契約しておけば、この大惨事は避けられたんじゃないだろうか。いくらなんでも事前の説明なしにいきなりあんな事されたんじゃあねえ。少なくとも、直前にでも何をするか言ってさえおけば、相応の対処をする準備も整えられたでしょうに。事前に詳しい行程や日数、内容を契約ですり合わせておけば大半のトラブルは避けられそうなんだけど、アイリスたちが安易というよりもこの業界ではそういう細かい契約を交わす習慣がないと見た方がいいんだろうか。
読了日:08月19日 著者:いつきみずほ
恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。 (ファンタジア文庫)恋愛する気がないので、隣の席の女友達と付き合うことにした。 (ファンタジア文庫)感想
★★★☆ 舞台となる島が都会過ぎず、変に過疎過ぎずの絶妙な田舎感。具体的な島のモデルがあるせいか、結構生々しい生活感を感じさせる。周りが只管男女交際の話題で盛り上がる中で、うんざりした彼女友近が面倒を避ける為に付き合おうと行ってきた事からはじまるラブコメである。でも友近、割と本気で告白避け目的ぽいんですよね。でも二人で遊んでいる時は本当に楽しんでいて。でも文化祭で周りが盛り上がりだすとフラフラと遠ざかってしまう。不思議な距離感の子である。その掴み所の無さに主人公、意外とうまいこと付き合ってるんだよなあ。
読了日:08月21日 著者:岬 かつみ
ヒナまつり 15 (ハルタコミックス)ヒナまつり 15 (ハルタコミックス)感想
★★★★ 瞳さんはどこへ行こうとしているのか。どこまで行こうとしているのか。新田の再婚話で、ヒナが自分が理由で一般女性と付き合わない事を知ってちょっと気にする素振りを見せたの、すぐに新田が笑い飛ばしてみせたの、二人共親子してるなあ、とちと感動すらしてしまった。ヒナも新田の事気遣えるようになったのなあ。
読了日:08月22日 著者:大武 政夫
ヒナまつり 16 (ハルタコミックス)ヒナまつり 16 (ハルタコミックス)感想
★★★★ アツシさん、わりと自身の人間性というか徳でのし上がっていってるよなあ。本人、音楽やりたいだけのはずなんだが。ヒナ、本気で新田のことよくわかってるんだ。お幼い頃のゴリ押しから、いつの間にかいい気分にさせて誘導とか出来るようになってるんだろうな、これ。瞳すげえな、これ時代を本当に先取りしていたのか、リモート授業。
読了日:08月22日 著者:大武 政夫
ヒナまつり 17 (ハルタコミックス)ヒナまつり 17 (ハルタコミックス)感想
★★★★ これは瞳さまの逆鱗に触れてしまった新田が悪い。ってか、ガチで本気になった瞳がやべえ。一人の人間の人生を世界を動かして丁寧に手折っていくやり方と言い、心を折っていく手管のえげつなさといい、パねえっす。マジパねえっす瞳さん。
読了日:08月22日 著者:大武 政夫
デート・ア・ライブ アンコール10 (ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ アンコール10 (ファンタジア文庫)感想
★★★★ 大学生狂三が美しすぎてキュン死してしまった。五河夫婦と真那の再会を見てると、実妹もこれ波乱万丈の人生を送ってるんだなあ、と実感。かつての親友が、兄の母になってるんですからね。キャンプでは今までにない組み合わせでイベントしてましたけど、今や誰が誰と組んでも違和感なくなってますね。そしてアフターでの、十香との再会では改めて精霊たち同士の仲の良さを噛み締められて大満足。そして士道のメンタルが鋼を通り越して超合金になっててワラた。「僕だけの動物園」を公然と囁かれて動じもせず笑っていられるとは、超人か!
読了日:08月23日 著者:橘 公司
魔界帰りの劣等能力者 3.二人の英雄 (HJ文庫)魔界帰りの劣等能力者 3.二人の英雄 (HJ文庫)感想
★★★★ サブタイトルにもなっているミレマー国の二人の志を共にする男たちの人生を賭した戦いにはやはりウルウル来てしまう。夢や理想だけではなく、痛みと哀しみを乗り越えた先にある未来ある愛する家族のために、友のために人生を捧げる男達。こういう人たちに手を差し伸べられてこそのヒーローだよなあ。ヒロイン二人が以心伝心で能力的にも頼りになる上に、やられ役になりがちな一般兵達が頑張って戦線を支えて祐人達の脇を守ってくれるので、凄くみんなで戦っている一体感があったんですよね。しかし、ここでも終わらないとは。
読了日:08月23日 著者:たすろう
TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 2 ~ヘンダーソン氏の福音を (オーバーラップ文庫)TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 2 ~ヘンダーソン氏の福音を (オーバーラップ文庫)感想
★★★★☆ 魔法が使えるようになって、即選ぶのがアレというのが、フワフワと思い描く魔法使い像ではなく徹底したキャラビルドを練っているエーリヒらしいというべきか。初期段階で訳の分からないレベルの汎用性を見せてるんだよなあ、これ。将来設計は計画通りに行かないもの。さりとて予想外の理由にて村を出る羽目に為ったエーリヒ。普通ならもう帰ってこれないだろう旅立ちに、五年と期限を区切った彼の言葉を信じて待つ約束を交わすマルギットの女の覚悟よ。約束のピアス交換がまた歳に見合わぬ妖しさと重さで、これは破れんぜ、エーリヒ君
読了日:08月26日 著者:Schuld
王女殿下はお怒りのようです 5.邂逅、そして (オーバーラップ文庫)王女殿下はお怒りのようです 5.邂逅、そして (オーバーラップ文庫)感想
★★★☆ しばらく前からレティの前世を知ってる風など不穏な動きを見せていた黒幕。その正体まさか違うよね、と結構ハラハラさせられてしまった。場合によっては前世の想いと現世との板挟みになるかと危惧していたのだけれど。最初ドロッセルを自分ではない誰かと認識していたレティが、今や二人が同一人物である事に疑問も違和感も抱かなくなっている事に感慨を覚える。ここまで時間を掛けて前世と現世の自分をすり合わせていくのは珍しい方なんじゃないかと。しかし姉と妹、明暗を分けることにもなったなあ。
読了日:08月26日 著者:八ツ橋皓
死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱くV (オーバーラップ文庫)死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱くV (オーバーラップ文庫)感想
★★★★ 最初はゼットを探すためだけに加わった王国軍に、今やゼットの探索を後回しにしてもいいと思える大切な人達が出来た事に、自分と「人間」を別のモノと分けて考えていたオリビアの変化が伺える。と言っても、基本的に最初からこの娘は一貫して変わらないのがまた魅力なんですよね。むしろ周りが彼女に馴染むようになった、その最たる者がアシュトンとクラウディアなのでしょう。今回は特に良いトリオっぷりが伺えたなあ。帝国内部で別の思惑が動き出す中で王国乾坤一擲の大作戦、オリビアが相対するは帝国最強、まさに頂上決戦のはじまりか
読了日:08月27日 著者:彩峰舞人
信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 5.竜に呑まれし水の街 (オーバーラップ文庫)信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 5.竜に呑まれし水の街 (オーバーラップ文庫)感想
★★★☆ エイル様、ノア様よりも緩い神様だなあ。フリアエも加わる事でもっとギスギスするかと思ったけれど、結構ちゃんと打ち解けてくれるあたり、フリアエ寂しがり屋の側面が伺える。ルーシーとさーさんが分け隔てなく接してくれたのもあるのだろうけど。周りの友達がみんな結婚しだした事で、自分も責任取らなきゃという気分になるマコトなんだけど、責任取る前にソフィア様と婚約するわ、受付のマリーさんとにゃんにゃんしかけるわ。そりゃルーシー達も夜這うわな。そろそろ入る邪魔も尽きそうな気配で、いつ責任取る事になるのやら。
読了日:08月28日 著者:大崎アイル
異世界はジョーカーに微笑んだ。 (MF文庫J)異世界はジョーカーに微笑んだ。 (MF文庫J)感想
★★★☆ 悪人に一切の慈悲無き惨たらしい死を。悪行に見合う残虐な報いを。正義の殺人鬼と呼ばれながら、それを肯定するような厚顔ではなく、あくまで殺人を趣味と言い切る主人公。実際、彼は正義の味方ではなく復讐の代行はやっても人を救えたり、誰かが犠牲になる前に悪行を止めたり、という事はしてないんですよね。身を守る為には別に悪人でなくても殺してるみたいだし。その意味では痛快な作品ではないのでしょう、胸糞悪い悪人の胸糞悪い所業をこれでもかと見せつけられた後では、彼らがどれほど報いを受けても憂さ晴らし程度にしか感じない
読了日:08月29日 著者:赤月 カケヤ
雑な学舎(2) (シリウスKC)雑な学舎(2) (シリウスKC)
読了日:08月30日 著者:塩野 干支郎次
ディメンションW(15) (ヤングガンガンコミックススーパー)ディメンションW(15) (ヤングガンガンコミックススーパー)
読了日:08月30日 著者:岩原 裕二
ディメンションW(16)(完) (ヤングガンガンコミックススーパー)ディメンションW(16)(完) (ヤングガンガンコミックススーパー)
読了日:08月30日 著者:岩原 裕二
いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら (MF文庫J)いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら (MF文庫J)感想
★★★★☆ 珠玉。超青いんだけれど、登場人物が皆永菜さん本人の小説家としての思想、感情、在り方、魂を腑分けしてそれぞれに分け与えた分身のような存在で、だからこそ彼らの叫びは悲鳴は歓喜は生々しいほどに直截に響いていくる。小説を書く喜び、楽しさ、苦しさ、痛みに法悦、呪い、全部が詰まってる。なぜ書くのか、書きたいのか、書かなければならないのか。その根源をぜんぶ曝け出してる。それを体現する主人公を浩太と海人、異なる二人によって対比させ或いは同調させる事でより相乗させ、青春小説として完成させているのだ。

読了日:08月31日 著者:永菜 葉一

読書メーター