【戦闘員、派遣します! 6】 暁 なつめ/カカオ・ランタン 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
次なる任務は――街づくり!? 新章突入!!

魔王を倒し(?)、リリスからの指示通り「街づくり」をするため、新たなる地へと足を運ぶ六号。その先に待ち受けていたのは――!?

バイパーちゃん、マジ天使。6号のたわ言を真に受けての「私、ハイネのようにエッチな幹部を目指します!」なんて事本気で言ってくれる子が他にいるだろうか。ハイネに若干流れ弾が飛んでるけど、エッチな格好している君が悪い。
事実、バイパーちゃんが居るおかげで元魔王軍もまとまって「キサラギ」の下に収まっているし、キサラギの戦闘員たちもバイパーちゃんには一目も二目も置いているどころか、下にも置かないアイドルかお姫様な扱いですもの。実質、キサラギ異世界派遣軍の最大権力者であるアリスですら、寝る間も惜しんでテキパキ働くバイパーちゃんだけは雑に扱わないもんなあ。
非の打ち所がなさすぎる!
これで素直で健気で直向きで、可愛げたっぷりで愛嬌があって無自覚エッチで、ってヒロインとして極まってしまっているんじゃないだろうか、この元魔王。
しかも強い。元魔王だけあって、魔王軍幹部だったハイネたちでも比べられないくらい強いし、いざという時格好いい。あかん、パーフェクトすぎる。ヒロインなにそれおいしいの? というような雑魚ヒロインか偽ヒロインかヒロイン(笑)しか存在していなかったこの作品の中で、いきなりヒロインとして強力すぎるキャラを投入してしまったんじゃないだろうか。無双を通り越して、虐殺行だぞこれ。
スノウなんか、やることなすことガチで犯罪者になってて、堕ちるところまで堕ちきってるような感すらあるのに。悪の組織は悪の組織だから悪行推奨しているのに、その悪の組織であるキサラギですらコイツ受け入れるのマズいんじゃないすかねえ? という意見が飛び交ってるくらいですからねえ。ただ賄賂や中抜き、横流しに横領とやりたい放題やっているわりに、代官としては有能極まってたみたいで、商人から市民までかなり評判良いんですよね。中抜きで実務がスカスカになると思いきや、なんかどこの方面もウインウインで回ってるみたいですし、戦争指揮官としても名誉やメンツに囚われない人心を掴む采配を見せて、これまた有能だったりするわけで。俗を極めているのだけれど、だからこそ世俗をうまく回せるのか。でも野心と欲の皮が突っ張りすぎていて人間的にはホントにもうダメすぎる。ヒロインとして以前に人間として卑しすぎて、ここまで来るともう癒やしになるんじゃないのか?
そしてこのスノウよりも善悪判定で真っ黒、っていうティリス姫は腹黒極まってますねー。いや、スノウより黒いってなんなの? ホントに人類? ちなみに、バイパーちゃんは当たり前ですが純白でした。白い、真っ白いッ!
でもティリス真っ黒というのはさすがにかわいそうですよ、そこまで黒くは見えない。腹黒だけど、黒いだけで捻じくれてはいないから。
ティリスに関しては不憫な目にしか遭っていないだけに、たしかに為政者として黒い部分は度々見せてはいましたけれど、そこまで真っ黒にはみえなかったもんなあ。不憫さが前に出過ぎてて、うん。
今回なんて、どれだけ酷い目に遭わされました? 例の文言を民衆の前で叫ぶだけでも何回もやらされてましたし。十号初挿絵化には笑ってしまいましたが。すげえイケメンオジサンじゃないですか、一〇号w

今回は、地球のヒーロー紛いの謎の正義女が出てきて、別口で地球からヒーロー勢力が参戦してきたのかと思いましたけど、それだと地球の戦いの延長になっちゃいますからね。似て非なる、で良かったです。その代わり、またぞろ訳ありでこの異世界のバックグラウンドまるっと背負っちゃってるような勢力のようですけど。それにしても、あのヒーロー女、やってる事が完全に社会秩序にケンカ売ってる犯罪者で笑ってしまった。悪の組織であるキサラギの方が普通に犯罪者捕まえて警察に突き出す、みたいな絵面になってるじゃないですか。
件の組織、法制機関ヒイラギとは一旦、手打ちとはなりましたけれど、多分また揉めるんだろうなあ。ってか、バレたら戦争、なあれこれを仕掛けてるわけですから、そりゃ揉めるか。
あの悪い顔してほくそ笑むアリスと6号は実に悪の組織っぽかったです。

しかし、バイパーちゃんがいるとほんとキサラギは一致団結できますねえ。元魔王軍のハイネたちも、バイパーちゃんがいるお陰でキサラギの一員、という感じで一体感が出てきましたし。
いや本当にハイネたちマトモなメンバーっぽくなってるのに、スノウとロゼとグリムはなにやってるんでしょうね、このヒロイン(笑)たちは。彼女らだけ、輪のちょっと外側で自由に勝手にバタバタ騒いでるだけのようにしか見えないんですがw その意味ではスノウ、今回は珍しく頑張って本筋に絡んでいたような気がするぞ。